まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
アニメ『ゆるゆり』の盛り上がりから見る“受ける”百合と“受けない”百合
千鶴×京子

ボクは断然、京子×千鶴派\(^O^)/(挨拶)

いやー、アニメ「ゆるゆり」が各方面で盛り上がっているようで、原作ファンとしては嬉しい限り!

◇【一迅社が神対応】『ゆるゆり』のコミケグッズをコミック百合姫で誌上販売!(記事元:やらおん!様)
コミケも大盛況で完売!しかも誌上通販もありでここぞとばかりにファンを逃さない対応は素晴らしいですね!
ボクも\アッカリ~ン/ストラップ欲しいです(^ω^)

しかし放送前の反応を振り返ってみると、、

◇夏アニメ『ゆるゆり』のPV公開! そしてニコ生で拷問っぽい事をやるよー (記事元:やらおん!様)

               / ̄ ̄\  
             / ノ  \ \ 
             |  (●)(●) |<嘘付け!お前も心の中じゃあんまり
                | u.(__人__) .|   期待してなかっただろ!
        r、      |   ` ⌒´  .|  ってかなんだよ、プロ百合リストって。
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ  スパァン
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r' \、从人,/
          、 、 `ヽ、   /ゝ ゙ ; '; て    
            \丶、 `'ー'´ /'⌒Y ̄`\  <ったくおまえらときたら全然見る目      
               丶、ー  / ─    ─ \_______ ないな!女の子がキャッキャッ
               /   (●)  (●)  \.      | | ウフフする、それがどんなに幸せ
               |    (__人__)     |       | | なことなのかもっと百合アンテナ
               ヽ、     `⌒´    ,/         | | を磨くように!
                ,,r-―- 、.,.-─―‐--、        | |
               (      `‐、     )____|_|
                `ー-- ―─ " `ー-‐´l|_|_(二゙)   「ゆるゆり」は今期1、2を
                |     _     |. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 争う完成度を誇るのは
                 l    /  ヽ   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  プロ百合リストのボクは
                _、 /   、  \ _ノ_           わかってましたがね。
               (:::::丶  /⌒\   \:::)

いろんな人に「ゆるゆり」オススメしておきながら、実際は1話のつかみの感じからして「ありゃー、こりゃ空気アニメになっちゃうかな?」と思ったもんですが、2話からどんどん良くなって、今となっては「クロワーゼ」「ゆるゆり」「うさぎドロップ」夏の3大癒しアニメとして仕事の疲れを癒してくれる大安定のアニメとなってます。

しかし基本的にギャグアニメでありながらあまり一般のアニメファンの心を掴むのが難しい「百合」というジャンルでこれほどの反響を得るとは正直思いませんでした。

これまで様々な百合作品がアニメ化されて来ましたが、どれもクオリティが高いものでありながら実際のヒットには結びつきませんでした。しかしまごうことなき百合作品の「ゆるゆり」のヒット、、、一体それはどこから来たのかをちょっと考えて見ました。



■ベースは「苺ましまろ」と「マリア様がみてる」

「ゆるゆり」という作品を語る上で大まかに二つに分けることができると思います。

日常のコメディパート(ギャグ)キャラクターのカップリング(百合)です。

その二つの要素にはそれぞれエポックメイキングというべき作品の影響が見え隠れします。

まず日常パートにおけるギャグは「苺ましまろ」を想起させます。
ましゆり01ましゆり02

とてつもなくくだらないことでツボる。

これ、何気に重要というか「ブッ」と噴出す突発的な笑いは流れに勢いをつける感じがして好きなんですよねー。
特にこの役を「苺ましまろ」では常識人の千佳が、「ゆるゆり」でも同じく常識人の結衣が担っているのが興味深い。

ましゆり04ましゆり03

シュールギャグ

「苺ましまろ」の代名詞(?)ともいえる美羽のシュールすぎるギャグ
特に「ゆるゆり」でその印象を決定づけたのは油ねんどで遊ぶ回の京子のフィギュア遊び。これが「苺ましまろ」のリカちゃんハウス回のシュールさを思い出させて笑いましたねー。

何気に京子が同人作家で、美羽も漫画書き(落書きレベルだけど超シュールw)なのも共通点としてあるのも面白い。

ましゆり06ましゆり05
ましゆり10ましゆり09

お話の軸となる傍若無人キャラの存在

お話の起点、オチとなる「苺ましまろ」の美羽、「ゆるゆり」の京子という傍若無人なキャラがゆるい日常という簡単なようで難しい作品づくりにおいてテンポよく見れる大きな存在となってますね。

ましゆり08ましゆり07

愛のないツッコミ

キャラクター同士が親密であればあるほどそのツッコミに遠慮がない、マジ切れするという部分がゆるい雰囲気において一つのアクセントになっている点も見逃せない。


「ゆるゆり」は読めば読むほどに「苺ましまろ」の中学生編やったらこうなるかな?というようなことは以前から思っていたんですが、改めて振り返るとかなり共通点ありますねw
こういったギャグを基盤に少女のゆるい日常を描くという点で「苺ましまろ」をはじめとする少女を主役においた日常作品のアニメファンを取り込んでいったのではないでしょうか?

しかしこれだけではここまで大きな反響を得ることは難しいはず。

そこで重要になってくるのがもう一つの要素、「カップリング」という百合的要素なのです。

そしてそのベースとなっている作品がかの百合作品の金字塔ともいえる作品「マリア様がみてる」です。

・好きだけど素直になれない系カップリング
「ゆるゆり」綾乃×京子=「マリみて」瞳子×祐巳(新紅薔薇姉妹)
素直になれない素直になれない系


・憧れの先輩に想いを寄せる後輩系カップリング
「ゆるゆり」ちなつ×結衣=「マリみて」の祐巳×祥子様(紅薔薇姉妹)
憧れの先輩系紅薔薇


・いつもとなりにいる系カップリング
「ゆるゆり」櫻子×向日葵、京子×結衣=「マリみて」由乃×令(黄薔薇姉妹)
黄薔薇?いつもいっしょ
黄薔薇


・精神で繋がってる系カップリング
「ゆるゆり」奈々×りせ(アニメ未登場)=「マリみて」聖様×志摩子さん、志摩子さん×乃梨子(白薔薇姉妹)
白薔薇?

白薔薇白薔薇2


「マリア様がみてる」において作られたカップリングの王道ともいえる4つをもう抑えて、百合のなんたるかを一般的視聴者&読者(普段あまり百合アンテナが反応しない人)に伝えているんですよ。
この4つのうちどれか一つでもアンテナが反応すればあなたも立派な百合リストの仲間入り。

そしてこれを基本として、キャラクターの様々なカップリングという可能性が拡がり、お話の新鮮さを保っていくのです!


ならなぜそのカップリングという百合作品における特有の概念が“受けた”のか?

その分岐点は思春期にあると考えます。

いわゆる一般的に“受けなかった”百合作品を例に挙げると「青い花」「ささめきこと」
これらとどう違ったのか?決定的な違いは「好き」という気持ちにありました。

がち百合01

「青い花」

がち百合02

「ささめきこと」

まぁいわゆるガチ百合好きという気持ちの重さとでもいうか。エッチしたいかどうかってことです(えー

百合は一種のファンタジーみたいなもので、そこに現実的な要素が入ってくると途端に受け入れられないような気がするんですよね。女の子同士、将来はどうするの?とか世間体とか

そういった厳しい現実から逃れるためにはそういった重さがない「好き」という気持ちを持つ思春期の中学生というチョイスが絶妙だったと思いますね。
まぁ千歳の百合妄想は明らかに18禁な内容までイってますがwしかしそれはあくまで妄想であり、ギャグの一つとしていい方に作用してますので問題なしw

「ゆるゆり」における「好き」「仲良くなりたい」「もっと知りたい」という部分に重きを置いてて、それが視聴者・読者の妄想力を幅広く受け入れる要素となっているんだと思います。

ちなみに「苺ましまろ」が百合作品になりえないのはここらへんなのかなと。

重さなしw

全く重さなしw ギャグにしかなってないww



■まとめ
普段から百合作品に接していると「なんでこんな面白い作品が受けないの!?」と疑問ばかり持ってましたが、こうやって立ち返ってみると割と当たり前のことばかりだったような気がしますw

あっかりーん

もちろんアニメ「ゆるゆり」のヒットの要因はこれだけではありません。
なもり先生のアニメ向きな可愛いキャラクターデザイン、練り直された脚本に、「ゆるゆり」を愛してるのが伝わってくるスタッフ愛、そして\アッカリ~ン/

さらになもり先生の異常な速筆っぷりによって盛り上げられる原作漫画の3ヶ月連続刊行、Twipicにあげられる視聴者・読者のツボをついた落書きの数々。

百合の面白さ・良さを伝えるためこれからは「ゆるゆり」の存在は欠かせません!

あと8月18日発売の『百合男子』は要チェックですなw

■蛇足
これを気に百合作品に興味を持たれた方はぜひ次は元祖ともいえる「マリア様がみてる」をオススメします。

生徒会、お嬢様女子高、ちょっと世間ズレしたコメディ要素、カップリングの可能性の大きさ、楽しさ、、、百合妄想力を鍛えるならマストな作品だと思います!

        / ̄ ̄\ <物凄い勢いで買いあさってたな、、あの頃は、、。
      /       \      .____
      |::::::      |    ./      \<ちなみにボクは「マリみて」→
     . |:::::::::::    |   / ⌒   ⌒  \ 「最後の制服」→「青い花」という
       |::::::::::::::   | / (●)  (●)   \ ルートで百合作品にハマって
     .  |::::::::::::::    }  |    (__人__)      | いきました。
     .  ヽ::::::::::::::   }  \   ` ⌒´      _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    |  |        |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―(___ノ―――――(___ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

「マリみて」はライトな百合からガチ百合まで幅広く属性を開拓してくれるからいいですな。
聖さまと栞の「白き花びら」は至高の百合エピソード。

>>関連リンク
◇ゆるゆり声優のキャスティングに重なる意図と思惑?とは(記事元:りきおの雑記・ブログ様)
考えてみたら「マリみて」も主役の祐巳役は初主演の植田佳奈さんだったような。上級生陣のベテラン起用なども興味深かった。

◇百合物の漫画でおすすめおしえて(記事元:デジタルニューススレッド様)
8割くらいは読んでた。

>>関連記事
◇『青い花』 第6巻 ふたりの好きが溢れすぎて今までにないほど幸せな気持ちで満たされました。
◇「ささめきこと」 純夏と汐、二人の想いが通じるまでの伏線的演出が素晴らしかった件について

ガチ百合にハマっちゃうと素で「ゆるゆり」千鶴ちゃんばりのヨダレ垂れ流しで妄想しちゃうから困るわ、、(えー

>>参考資料 DVD売上
マリア様がみてる
60,063/7=8,580

マリア様がみてる~春~
33,955/6=5,660
DVD-BOX 2004
1,505
累計 35,460  累平 7,164

マリア様がみてる OVA
31,904/5=6,380

マリア様がみてる 4thシーズン
19,499/6=3,250

マリア様がみてるシリーズ
60,063+35,460+31,904+19,499=146,926

「マリみて」やっぱパネェなw 4期までやったってのが凄い。

◇『青い花』DVD第1巻の売り上げが出たみたいだな(`・ω・´)
891枚以下・・・・

「ささめきこと」は正確な数字無し・・・(´;ω;`)
スポンサーサイト
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:4 | トラックバック:1 |
はてなブックマークに追加
ロボ×百合、それぞれのジャンルへのこだわりが作る新しい感覚 『タンデムLOVER』(カサハラテツロー)
[カサハラテツロー] タンデムLOVER

ロボ×百合

百合アンソロジー「つぼみ」にて連載されていた「タンデムLOVER」
2月に発売されていたのを買い忘れていて先日ようやく購入、読んだのですが、新感覚の百合作品でした。

ジャケットからにじみ出る機械油の匂いが漂ってきそうなロボの描き込みとそれを操る可憐な少女二人、、、もうこの組み合わせだけでもうボクの百合アンテナエマージェンシーですよ!( ゚∀゚)=3

■ロボへのこだわり
タンデムLOVER03

多目的汎用重機「タンデマイン」

農耕、スポーツ、戦闘など様々な分野で使われる乗り物で、二人で操作します。
ん?上のほうに女の子が二人いますね。どうやって乗るのかというと、、

タンデムLOVER13 タンデムLOVER01

M字開脚で乗る。

        / ̄ ̄\  <・・・。 
      /       \      ____
      |:::::     u  |   /      \ ハァハァ
     . |:::::::::::u    |  / ::/::::\:::   \ <なんですかこのけしからん  
       |:::::::::::::: u  |/   <●>::::::<●>  \   乗車姿勢は!?
     .  |::::::::::::::    } | /// (__人__)///   | カサハラ先生天才すぎる  
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/  だろ、、、。
        ヽ::::::::::  ノ   |           \    
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

鬼頭莫宏先生も絶賛のコックピット内部での女の子の乗車姿勢w
この女の子らしさを感じさせない乗車姿勢がロボットものとしての実に自然に描写されていますね。

ほかにも

タンデムLOVER04
TPS視点

こういったコックピット視点のカットや、、

タンデムLOVER02
すごく、、、断面図です、、///

コックピット内部断面図で描写とかロボものとしての臨場感を持たせててこだわりを感じさせますね。

またタンデマインの内部の計器類、スイッチ類、ケーブル類などの描き込みの細かさも特筆すべきところ。

タンデムLOVER17

戦闘シーンの躍動感、迫力のある描き込みもロボものとして非常にクオリティ高いです。

■百合へのこだわり
とこれだけではただの女の子が操縦者のロボット漫画にしかならないのですが、「つぼみ」に載ってるってことは百合作品なわけですよ。
この作品の舞台となるのは戦闘用タンデマインのパイロット養成学校女子校!
で最初に目に入ってくる目次の時点でもうニヤリングなのです。

タンデムLOVER24

サブタイトルがカップリングになっている。

実にわかりやすい!w

肝心の中身なんですが、たとえば第1話の「コダ×シマ」

タンデムLOVER05

学校一トロいコダ(左)と学校一せっかちなシマ(右)

大事な進級(?)試験なのに学校にパートナーを指名されて、お互いにもう/(^O^)\オワタって思ってたのですが、、

タンデムLOVER06

コダ「シマさんみてるとヒヤヒヤしちゃう。おかげで学校生活の思い出はシマさんに埋め尽くされちゃってるよ、、。」

表面上じゃ相手のことを嫌っていながら実はよく見ていたりする、、

タンデムLOVER07

シマ「今じゃあたし、遠くからでも後ろからでも、たとえタンデマインに乗ってたとしても一目でコダってわかるんだよ!

心の奥底で互いには強烈に意識しあっていたわけです。

最後の試験は難度も高く、お互いに協力しなければ戦場を切り抜けられない。
敵をなんでもかんでも正面突破していこうとするせっかちなシマをコダがいさめて制御権を取り上げて険悪な雰囲気に。

せっかちすぎる!
トロすぎる!


そんな言い合いの中で出た言葉が

タンデムLOVER08

シマ「おかげであたしの学校生活の思い出はコダで、、」
コダ「私もシマさんで、、」
シマ&コダ「埋めつくされちゃってるよ!


お互いの中で大きくなっていたパートナーとの。それを知ってからの二人のコンビネーションは誰もクリアしてなかった試験を軽く合格してしまったのですw
タンデムLOVER27

もうここのお互いの想いが通じたときの赤面具合がニヤリングすぎてクワドラプルアクセルでしたね!

タンデムLOVER26

最後のカットとかも百合作品ならではほっこり感を感じさせて癒されますね。

他にも
タンデムLOVER09 タンデムLOVER10

図書館で毎日顔をあわせる二人の秀才、クガワ(左)とサナ(右)。

クガワは一方的にその美しい佇まいを見せるサナを見つめるだけだったけど、突然サナは図書室にこなくなってしまった。
クラスメイトの噂では街に遊びに出かけていると聞き、クガワは呆然、、、とするも毎日図書室にいた人が勉強を嫌いなわけがない!そう思いサナの読んでいた本から居場所を突き止めると本当にそこにいたりw

タンデムLOVER11

憧れのサナと一緒にタンデマインのカスタマイズ。

女の子が二人で狭い場所で機械をいじる、、、これだけでボクの百合袋は満たされましたね、、(えー

タンデムLOVER12

システムの不調なところを見つけて修正したクガワに想いを打ち明けるサナ。

意識していたのは相手も一緒で、そういったお互いの好きという感情が伝わる瞬間の表情がグレイト
百合作品における「知られてはいけない想い」が自然と通じ合う構成は王道でありながらロボものというもう一つの側面が加わり新鮮な感覚を持たせてくれます。

タンデムLOVER15 タンデムLOVER16

この二人は後に喧嘩しちゃったりもしますがそちらも非常にニヤリングなオチで良かったですね。
二人の絆が強くなっているという描写が1冊の中で時間の流れを感じさせてサクッっと読めました。

他のエピソードも
タンデムLOVER20

水中訓練で水の苦手な主人公とパートナーのアクシデントで芽生える絆だったりとか

タンデムLOVER23

久々に再会した幼馴染との切ないエピソードや、

タンデムLOVER18

クガワとサナのパートナー(クガワとサナはタンデマインでパートナーなわけではないのがミソ)のエピソード

タンデムLOVER19

さらには戦地に赴く教員と生徒の別れのタンデマイン操縦などどれも珠玉の出来でした。

■まとめ

百合アンソロジーとして「つぼみ」はこういった変化球的なもの、シリアス、ギャグ、コメディと非常に幅が広く、またほとんどハズレがないのでオススメです。

気づいたら単行本化されているもので「つぼみ」に掲載されているとは知らないものもほとんど買ってました(えー

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|  
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ  スパァン
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r' \、从人,/
          、 、 `ヽ、   /ゝ ゙ ; '; て
            \丶、 `'ー'´ /'⌒Y ̄`\    
               丶、ー  / ─    ─ \   <とりあえずガチ百合でオススメしたいのは
               ̄/   (●)  (●)  \ 玄鉄絢先生の「星川銀座四丁目」です。
.___________ |     (__人__)    |
|             | | \     ` ⌒´    ,/ 思わず「少女セクト」を取り出して
|             | | /           \___ ふぅ・・ってなっちゃいましたよ。
|             | |            、  ヽ  | |
|             | |            ヽ  ヽ l |
|___________|_|         nnnー ⌒ | | |
    _|__|_|_  二二l二二l ̄ ̄ ̄(二¨),__/  ̄
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:2 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
『PEACE MAKER』(皆川亮二)の世界にまつわるプログレッシブロックの元ネタを知るともっと面白くなるよ!という話
[皆川亮二]PEACE MAKER 6


いやぁ、皆川亮二先生の『PEACE MAKER』が面白すぎますねっ!( ゚∀゚)o彡゜

男の子ならば一度は興味を持ったことがあるはず(まごプログレ調べ)『銃』という武器がメインの世界観、1対1の決闘(デュエル)、個性豊かなキャラクターとそれぞれに秘められるドラマ、、、それを皆川先生の劇画寄りの緻密な描き込みと巧みな演出で表現されるのだからたぎらないはずがありません!

しかしボクのようなオッサソ世代に響く理由は別にあるのです。それは、、、

作品中のキャラクターや世界、用語のネーミングがプログレッシブロックを元ネタとするものが多い!

ということなのです。
もうこれはオッサソでプログレ好きの自分としてはニヤニヤするしかないのですw

てなわけで、そんな『PEACE MAKER』にまつわるプログレッシブロックの元ネタなどをまとめてみました~。
『PEACE MAKER』(皆川亮二)の世界にまつわるプログレッシブロックの元ネタを知るともっと面白くなるよ!という話…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:10 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
冬目景的タイムトリップファンタジー? 『マホロミ~時空建築幻視譚~』 がグレイトでした。
◇冬目景の新作「マホロミ」本日発売のスピにてスタート(記事元:コミックナタリー様)

冬目先生はいろんな作品を同時進行しすぎて()なかなかその単行本が出ないのに、また新作をスタートさせたようですな!w
普段は単行本派な自分ですが、どうやら前後編に分かれた短編のようでこりゃ単行本化されるのはいつになるかわからないので思わず雑誌を買ってきました(^ω^;)

マホロミ00

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  <コラッ!
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \<よしっ!今回もキャラは
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |  テンプレどおりだ!
               \    ` ⌒´    /

ちょっとやる気のなさそうな見た目も普通な主人公、ショートのかわいい系ヒロイン、ロングの美人系ヒロインというもはや冬目作品の様式美とも言えるキャラデザイン。この3人を軸に展開していくようですな。三角関係「イエうた」でやってるからなぁ。

てなわけで読んでみましたー。
冬目景的タイムトリップファンタジー? 『マホロミ~時空建築幻視譚~』 がグレイトでした。…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:1 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
漫画における音の表現を25年前に確立していた『TO-Y』(上條淳士)の凄さについて語ってみる
いやー、『けいおん!』、盛り上がってますね!\(^O^)/(ん?いきなりタイトルと関係ないぞw)

なんかこう「音楽」を題材とした作品をもっと読んでみたい!という気持ちが放送前よりも150%ほど多くなっている気がします。
そしてそんな中、個人的に自分がこれまで読んできた音楽漫画の原点ともいえる上條淳士先生『TO-Y』を押入れのコンテナBOXから引っ張りだして6,7年ぶりくらいに読んでみました。

TO-Y.jpg(全10巻・ワイド版は全5巻)

改めてみると、『TO-Y』以降に世に出た音楽漫画における音の見せ方の原点はこの『TO-Y』にあるのでは!?と思えるほど、その表現方法の多彩さ、印象深さ、聴き手の感動の伝え方は洗練されていてとても25年前の漫画とは思えませんでした。

また作品としての出来も素晴らしく、主人公・藤井冬威の熱く・激しく・濃密な16歳の半年間を駆け抜けるように描き、またその中で80年代のTV番組、芸能界、音楽、アイドル・インディーズといったサブカル的な要素を多く絡め皮肉る(パロ?)時代性もあり、それらを多く含んだ個性を持った魅力的なキャラクターたちがばかりの隙の無い傑作でした。

そんな『TO-Y』の一番の魅力である音の表現についてちょっと語ってみたいと思います\(^O^)/
漫画における音の表現を25年前に確立していた『TO-Y』(上條淳士)の凄さについて語ってみる…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:16 | トラックバック:1 |
はてなブックマークに追加
8000m級の神々の座における奇跡の山岳救助 『K』(谷口ジロー×遠崎史朗)他、山岳漫画のススメ
[谷口ジロー] K

今、山岳漫画が熱い!(自分の中でもフェア実施中!)

2008年漫画大賞を受賞した『岳』(石塚真一)により、本屋さんでもコーナーを設けるなどして注目を集めるようになった山岳漫画。
その山岳漫画におけるストーリー・画力ともに最高峰といえる谷口ジロー先生の作品『神々の山嶺(いただき)』(03年)も平積みされたりしてファンとして嬉しい限り。そんな中見つけたのが、谷口先生の93年の作品『K』

神々の住まう処とも呼ばれる8000m峰における数々の山岳救助を圧倒的な画力で描かれたアルペンコミックの最高峰!

『岳』とはまた違う、人間の限界を超えた神の世界での山岳救助に震えた!
そんな内容とオススメ山岳漫画をチラッとレビュー^^
8000m級の神々の座における奇跡の山岳救助 『K』(谷口ジロー×遠崎史朗)他、山岳漫画のススメ…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:3 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
昭和的なズッコケギャグと美少女キャラのギャップを楽しむ 『AT Lady』(のむら剛)
AT Lady 全2巻

先日発売となった『現代都市妖鬼考 霊媒師いずな』や、『地獄先生ぬ~べ~』を描かれている岡野剛先生のデビュー作『AT Lady(オートマティックレディ)』(全2巻、のむら剛・名義)が本棚を整理していたら出てきたので、久しぶりに読んでみたら非常に昭和的な懐かしいギャグセンスにあふれ、なおかつキャラ設定などは当時(昭和63年・1989年)としてはかなり時代を先取っていた名作(迷作?)といっても良いものでした。

注目が再び集まる岡野先生のそんな原点(?)ともいえる作品をさくっと紹介してみます^^
昭和的なズッコケギャグと美少女キャラのギャップを楽しむ 『AT Lady』(のむら剛)…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:5 | トラックバック:2 |
はてなブックマークに追加
銀子好きにはたまらない!アニメから入った人にオススメ 紅 kure-nai 1巻
[山本ヤマト] 紅 Kure-nai.

アニメが今日、無事最終回を迎えた「紅 kure-nai」

この漫画版「紅」は原作の挿絵を描かれている山本ヤマト先生がそのまま描かれているのでイメージを損なうことなく読めると思います。

内容は時系列的にみてアニメの後のお話になるわけで、初めて読んだときはキャラに対して全くつかみ所が無くスルーしてたわけですが、アニメを見てキャラの性格などを知った上で読むと面白さが段違いになります。アニメのその後の真九郎と紫の活躍を知りたい方にはオススメです^^(アニメの終わり方からいくとつながりは薄いかもしれませんが)

そんな中この1巻の一番の見所は「銀子」回。アニメでは残念ながらあまり出番が無かった彼女ですが、その銀子にまつわるエピソードはファン必見といった内容でした\(^O^)/

アニメ放映終了記念レビュー~
銀子好きにはたまらない!アニメから入った人にオススメ 紅 kure-nai 1巻…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:0 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
CYNTHIA THE_MISSION 面白いっ!(゚∀゚)
先日買ってきた高遠るい先生「CYNTHIA THE_MISSION」が面白かった!「刃牙」の影響を多大に受けていると聞いてはいたんですが、
シンシア01シンシア02

まんまで吹いたww
男キャラはだいたいこんな感じだし、バトル中の独特の間とかそれっぽいし。
かと思えば、女の子キャラたちは、、
シンシア03 → シンシア04

虫も殺さないようなおとなしい顔をした子が日本刀を持って暴れて、ガチで殺し合いするようなキャラだったり
シンシア05シンシア06シンシア07

四肢断裂、関節脱臼、骨折、裂傷はあたり前のようにあります:(;゙゚'ω゚'):

基本的なストーリーは
主人公のシンシア=ロウは15年間香港マフィアの伍龍会の殺し屋として育てられてきたけど、日本に殺しの依頼でいって、任務失敗。その後いろんな人物とふれあい生活を送るうちに自分の生き方に疑問を感じて伍龍会から距離を置くようになって、その伍龍会から追われるようになる。
みたいなのが大筋かな。

殺し屋という裏稼業をメインのテーマにすえているからか、命のやり取りがまるで日常のように描かれて、登場人物たちの頭が生死に関して麻痺しているような感じがしますが、世間的に一般人のホタル先生や阿頼耶、カルロスといった表舞台の達人らの人間味が物語の殺伐とした部分に対して救いのようなものになっていると思います。

まぁ何より女の子たちがこれ以上にない暴力性を持って、自分の身一つで戦う姿はなかなか他にない魅力を持っていてぐいぐい惹きつけられます。

>>関連
■「CYNTHIA THE MISSION」に見る、少女性残虐の快楽と美学(記事元:たまごまごごはん様)

まだ4巻までしか買っていないので速攻既刊分買ってこなきゃ。ヤンデレキャラも出るとのことなので楽しみ~^^


ランキングに参加してます~。阿頼耶の喪服にキュンと来たな、、とオモタ方はモルスァとクリックをお願いします~^^
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ

別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:2 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
『鬼切様の箱入娘』(有楽彰展) 1巻 プチレビュー
[有楽彰展] 鬼切様の箱入娘

「箱の中から現れた少女はなんと!?」

先月末に発売されていた新刊でかなり面白かったので感想書きたいなと思っていたのでちょっと遅いけどご紹介^^
『鬼切様の箱入娘』(有楽彰展) 1巻 プチレビュー…の続きを読む
別窓 | [漫画]オススメとか | コメント:0 | トラックバック:0 |
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。