FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
海外オタのストウィの軍事考察が素晴らしい件
海外オタの軍事考察01 海外オタの軍事考察02 海外オタの軍事考察03 海外オタの軍事考察04
       ____  
     /      \
    /  ─    ─\ 
  /    (●)  (●) \  海外の変態紳士たちも、このアニメのミリオタ心
  |       (__人__)    |   くすぐる細かい設定を楽しんでいるようですな。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |  
    \ /___ /  

むしろ海外のほうがこの分野は強そう!?
シャーリーのストライカーユニットのエンジンがP-51マスタングのものと同型とかめっさ細かいところまで検証してますな!
エーリカやトゥルーデ、ミーナのネウロイ撃墜数がモデルとなった人物と同じ時期(1944年2月24~26日)の撃墜数とほぼ同一とか調べたほうもすごいですが、製作者側も相当マニアックすぎるでしょw
軍のお偉いさんのキャラまで元ネタがあったとは、、、。いろんな意味で恐ろしすぎるっ!この見た目と元キャラ設定のギャップの激しさも改めて魅力の一つと認識。
ていうかDVDの特典か何かでこういった元ネタ資料集みたいなのをつけてもらうとさらに面白そうなんですがね~。

海外のアニオタ掲示板でも相当話題になってるようで、フィンランド人がいること自体珍しいのもあってフィンランドではエイラ人気が高まってるんだとかw

うん、世界はパンツ(みたいなもの)に満ち溢れているよヽ(´ー`)ノ

変態!変態!

( ゚д゚ )うん、最近感覚が麻痺してきてるんだ、、、、

まとめWikiにリンクしてくださってありがとうございますm(_ _)m
今後も画像中心に気になったものを拾い上げていく予定です ノシ
スポンサーサイト



別窓 | [放映終了アニメ]ストライクウィッチーズ(08年7月期) | コメント:5 | トラックバック:0 |
はてなブックマークに追加
『スカイクロラ』を見てきましたよ(+お買い物メモ&雑記etc)
スカイクロラ

前回の早番勤務の最終日(5日)に友人と押井守監督作品「スカイクロラ」を観に行きました^^
ホントは翌日にでも感想書き殴っておくか~と思ってたんですが、休みの半日を寝て過ごすという体たらくでその日は何もやる気起こらず書きそびれてしまいました。

せっかく見たんだしとりあえずさらっと感想。(ネタバレは一応無しのつもりで)
とりあえず全編を通して暗いなとw
予備知識全くなくて観にいったので(「RD潜脳調査室」のEDで知った程度)、最初に世界観を知るまで相当必死になってたんですが、序盤のあまりの展開の起伏のなさに寝そうになった^^;
永遠に歳を取らない子ども達「キルドレ」たちの生き様というか、自分の周りで何か変化があったとしても世はことも無しに流れ続ける=現代社会の閉塞感に似た感じがしてなんかちょっと自分の生活もある意味「キルドレ」化してるなと思った。

戦闘シーンの映像はもはやアニメの領域を軽く越えてた。中盤の大規模作戦での大群VS大群のところも相当すごかったけど、やはり見所はドッグファイトですな。コックピット内から伝わる死と隣り合わせの緊張感が凄まじかった。ティーチャー機との攻防は一応最大の山場、、よね?

中盤に出てくる三ツ矢碧(CV:栗山千明!)が出てきてからは大体オチはわかりましたが、水素とユーイチの関係というか謎には惹かれるものはありましたね。

まぁぶっちゃけ初めて見た「押井」作品なんでパッと振り返ってみてもなんかようわからんかったのが素直な感想ですw(見たのがもう1週間近く前なので忘れかけてる^^;)
中の人がほとんど棒演技だったのは逆に世界観にあっててよかったかも。栗山千明さんはスタッフロール見るまで気づかなかったけど、上手かった気がする。

65点(100点満点中)くらいかな。

ボウリング場のシーン、うちの店か!?と見間違わんばかりの同じデザインで吹いたwそして投球フォームがめっさプロの動きでびっくりしたw(多分水素の投球フォームはPリーガーの金城愛乃、ユーイチはPBAメンバーのライアン・シェーファーだったと思う)



■先週買ったものメモ
080811雑記01
「霊媒師いずな」(岡野剛×真倉翔)1巻
「さくらんぼシンドローム~クピドの悪戯Ⅱ~」(北崎拓)8巻


先週は給料前でお金下ろしに行くのも面倒だったので、新刊チェックに本屋さんにほとんど行かなかった。なんで少なめ。

「霊媒師いずな」は懐かしの「地獄先生ぬ~べ~」からのスピンオフ的作品、といってもれっきとした連載ですが。もともとジャンプ的にはこのお色気的な路線は「ぬ~べ~」時代からあったのですが、掲載誌をスーパージャンプという青年誌になったのでそこらへんはやたらパワーうpした模様w
080811雑記03

女子高生にぶっかけとか普通にw
ていうかいずなってこんなエロキャラでしたっけ?w「ぬ~べ~」自体途中までしか記憶にないので(ジャンプを読まなくなったから)ちょっと新鮮に気持ちで読めました。
080811雑記02
それにしても岡野先生の絵柄が変わってなくて安心したw昭和的なセンスがいいですわー。
1巻の最後のエピソードはただのエロ漫画ではないなと思えるいいお話だったりとストーリー面でも読ませてくれますな。

080811雑記05
時代にのってココは岡野先生のデビュー作品「AT Lady」のレビューでもするか!?w(本棚の奥で発見した)
久々に読んだら、ギャグセンスやらノリやら昭和的なんですが、キャラ設定とかかなり時代を先取りしてる感じがしてて良作だったw


もう1冊は「さくらんぼシンドローム~クピドの悪戯Ⅱ~」ですが。
080811雑記04
北崎先生の描かれる写実的な少女像(れな)には毎回心臓打ち抜かれますわ~。「ふたり」の時とかかなり絵柄変わってた時期で最終巻あたりかなり乱れてたような気がしたけど、この「クピドシリーズ」になってからはまたどんどん進化してる気がする。(自分の中で「なぎさMe公認」と「なんて探偵アイドル」はなかったことに、、、w今みたらまた違った楽しみ方できそうだけど。)
もちろんお話の展開もますます目が離せなくなっててほんとにあと数巻で終わるの!?といった感じ。

あ、8月分の買い物リストもチェックしておかなきゃ。



■雑記
オリンピックが始まりましたね。
もう毎日のようにTV見てます。そんな中「内柴正人」選手の金メダルには感動しました。家族に対してみせる父として男としてこうありたいと思える強さ。なんか今大会の柔道って全然組み合わなくて差しあいばっかりで面白くなさ過ぎる。これがJUDOってやつか、つまらん。しっかり組んで投げを掛け合うという本来の姿にはほど遠い姿になってしまった海外のJUDOには負けないで欲しいな。

もちろん「北島康介」選手の100m平泳ぎの金メダルも素晴らしかった。きっちり五輪にあわせてくるあたり今までの選手とは風格からして違いますよな。次世代機って感じw

何気に昨日たぎったのは女子バドミントン・末綱・前田組(世界ランク8位)が世界ランク1位の中国ペアに競り勝ったこと。これはマジたぎった!( ゚∀゚)o彡゚  こういうシーンも見れるから五輪は面白い!

残念というか失望したのが男子サッカー。反町監督のあの記者会見には腹が立ったわ。「勝ち点はあげられなくてもメダルに値する試合だった」???こんなこと言ってるようじゃ暗黒時代がくるかもな~。今度のW杯でさらに世界との壁を痛感させられ、それらの選手に続くのがこの五輪代表世代で、、、日本/(^O^)\

男子体操団体は、、、ヤバイですな。5点差は厳しい!でもがんばれ!!

■最近気になったニュースとか
◇タモリの手には白紙…あふれる感謝そのままに
やはり違うな、この人は。

◇押井が「ヒットしなかったら引退する」と豪語した映画『スカイクロラ』が初登場7位の大コケ
押井作品の中ではヒットした内だそうですが、、w

◇【訃報】 河井英里さん(記事元:小さな刺客の大きな野望様)
ARIAのアテナさんの歌を歌われていた方が、、( ´Д⊂
岡崎律子さんもでしたが、これからというときにこうなってしまう無常さはいつになっても残念でなりません。

◇甲斐谷忍「ワンナウツ」TVアニメ化決定!(記事元:MOON PHASE雑記様)
友人ともども吹いたwしかも次のクールですか!
まぁアニメ化は中盤までで結構ですよ^^後半はぐだぐだ&なげっぱなしジャーマン展開で好きくないので。

◇365日の誕生日占い(TOPはこちらから)
微妙に当たってるかも、、、w

長くなりすぎた、反省はしてない。
別窓 | [日記]日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |