FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
のどっち覚醒間近!決勝進出校出揃う!『咲-saki-』 第7話
おっぱいさん、、じゃなかった、ピンクいの、、じゃなかった、ネット麻雀界の伝説とも言われたのどっちがいよいよベールを脱ぐ!?

県予選1回戦 副将戦からスタート!『咲-saki-』 第7話! 

咲7-001

和が卓に持ち込んだエトペンのぬいぐるみを審判がチェックして問題なしということで目立っている和にムキーっ!!てなってる透華wあなたが一番目立ってます。

大勢のマスコミ、ギャラリーの注目の中、全中選手権覇者・原村和の対局がスタート!

和はネット麻雀でやるように最初の1打目に4,5秒の長考を入れる。そしてここからはほぼノータイム(考える時間なし)で誰が何を切って、自分が何をツモったらどれを切るという超デジタルな打ち筋を見せる。

東一局、和の配牌は両面待ち一つ、あともペンチャン(1・2萬)、カンチャン(7・9萬)待ちのあとは野字牌絡みと決して良くはないものだったけど、順調に手を伸ばしツモってきた5筒。
ここで和ののどっちたる由縁の闘牌を見せる。
パッと見、両面待ちの方が手が伸びやすそうに見えるけど、川(捨て牌)には残っている有効牌は少なく、尚且つ萬子の一気通貫(1~9まで並んだ役)の気配を川(捨て牌)から感じ取って(3萬がツモってこれる)和は6筒切り。
2回に1回上がれる1,000点より、3回に1回上がれる2,000点の確率をその一瞬で判断した和の切り口を藤田プロがさらっと解説。透華もその意図はわかっていたみたいだけど、、。

結局、和のリーチ平和一気通貫は出上がりもツモなく流局(一通狙わなかったら一発だった)。一般のギャラリーは和がたいしたことないんじゃ?とざわ、、ざわざわ、、、。

咲7-002

しかしここからが和がのどっちへ羽化する片鱗を見せ始める!

今宮女子が大三元の役満手に伸びる配牌で、それに和が白を捨牌してアシストしてしまう。
そして大三元テンパイ!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!と喜び勇んで(対局中にこんな挙動したらバレバレだろうにw)5筒を切ると、

和「ロン。タンヤオドラ1.2,900は3,200です。」
今宮女子「キサマァ━━(゚Д゚#)━━━ッ!!!!!喰いタンなぞにうちの大三元を流しよってからに~!」

あるあるwww

その後も和の攻勢は続き、千曲東からの三色(満貫)を皮切りに点差が開く他校が大物手を作ろうと躍起になって手が遅くなるのを尻目に追いつけないスピードで手役を作っては上がり、まさに一方的な展開に!

のどっち降臨キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!麻雀アニメ、、、だよ、、な?w

ギャラリーたちも和の実力を改めて見直したり、それ以前にこの点差だったことから清澄高校が
強いんじゃ!?という声もちらほら。

藤田プロも和のブレない打ち筋に以前凹ませたときの弱さがなくなっていると感心してるみたい。
原因はエトペン?まさかぁ?(そのまさかですがww)

透華は興奮気味で龍門渕のほかのメンバーに和=のどっちだったことを力説。
でも案外他のメンバーは和はどうでもいい雰囲気なんですよなw

智紀「清澄が決勝までくれば、、」
智紀またしゃべったー!ヽ(゚∀゚)ノ(←そこかよ
なんか智紀のキャラクターが微妙に変わっている件w冷静なツッコミ役みたいな立ち位置みたいなセリフが多い気がする。

透華は麻雀よりもどっちが真のアイドルにふさわしいかが大事なようです^^出るアニメ間違えてないですかね?w

しかしそんな透華の和へのこだわりとは裏腹に、会場では清澄の大将の話題で騒然!
純や一たちが気になっていた清澄の5人目、、そう宮永咲のこと!!!

咲7-003

1回戦を終えてお食事タイム。
どうやら1回戦の大将戦で咲は対戦校の一つをぶっ飛ばし(点棒0点以下)にしたみたい。って5万点近く点棒取ったってことだけどどんだけ強いんだよ、咲!w
そんな快勝で盛り上がる中、藤田プロが来訪。周囲もざわめく。
和の表情が実に子どもっぽくていいねw
藤田プロは咲と和の変貌ぶりに驚きを隠せないみたいで、部長もしたり顔
ていうか部長、藤田プロとタメ年なんじゃ、、w

もっと強い人たちとの対局を楽しみにしている咲に大きな可能性を見出す藤田プロ。でもそれを壊しかねない、、龍門渕の大将・去年のMVP選手・天江衣との対戦を憂慮する。

2回戦になるとシード校も出てきて初出場の清澄なんかはギャラリーも少なくなってさっぱりw

龍門渕はメンバーに変なメイド(杉乃 歩)さんいるけど、これって原作にいなかったですよね?
智紀「代役、、。」
智紀さん!ズバッと説明補足ありがとうございますっ!ヽ(゚∀゚)ノ
どうやら対象の天江衣がどこかにいってしまっていないため数合わせみたい。
で、なんで一と歩は透華を取り合ってるの?w話が読めないんだぜ、、。

シード校である龍門渕、風越らは圧勝で(相手が麻雀やめる!というほどw)で決勝へ。清澄も無事に勝ち抜け。もう一つは初出場の鶴賀学園
龍門渕にいたっては先鋒の井上純だけで10万点ぶっ飛ばしとかパワーバランスおかしいだろ!っていうくらいの強さw 「今日、龍門渕で打つのはオレだけだ。」のセリフは伊達じゃなかった。

風越も大将の池田香奈の活躍で快勝でキャプテンの福路美穂子もニコニコ^^

だったけどOGであるコーチがめっさご立腹www
福路キャプテンがビンタ張られ、池田も対局の「7筒切り」について責められとても勝ったチームとは思えない雰囲気(^ω^;)

福路さんはそんなコーチの暴走を冷静に止めて、池田の判断をピシャリと説明。
去年の決勝で天江衣に倍満を振り込んだ池田の1年間をしっかり見てきた福路さんの目には決勝にコマを進めた龍門渕への勝利、そして風越最強しか見えていない!

福路さんの右目が開いたとき、相手は死ぬっ!:(;゙゚'ω゚'):(えー

糸売



闘牌シーンの間だけこのアニメが女の子同士でキャッキャッウフフな作品だってことを忘れてしまったよ!( ゚∀゚)=3(←

いやぁやっぱこういういろんな可能性を想定できる闘牌を見ながら、自分ならどう切るかとか考えながら見ると面白さ倍増ですなっ!

キャラによって手役の進め方、考え方が違っていろんな角度から見れて面白いし麻雀の奥深さが改めて感じますわ。

あと主人公である咲の闘牌をあえて見せないという焦らしにも似た展開も原作同様いいですな!
咲の実力を最後まで見せないで視聴者の興味をずっと持たせるっていう意味で成功しているんじゃないでしょうか。
大将戦はめっさたぎるしねっ!( ゚∀゚)o彡゜

咲新ED

今回は意表をついて新エンディングが!
あの風越の福路さんの右目の光りからこのエンディングへの流れはなかなか秀逸でした。
しかし咲はこういうフリフリがあまり似合っている気がしないのは自分だけでしょうか?w
咲は上はセーラー服、下はスク水の宮藤芳佳スタイルが一番似合うと思います(えー

次回はついにステルス桃登場!!( ゚∀゚)o彡゜
今回もひっそりいましたよねw(左端、鶴賀学園の加治木さんのすぐ後ろにひっそりw)
桃がいる

まさかの福路さんのお風呂シーンもあったりとオリジナル要素多そうですね^^
スポンサーサイト



別窓 | [放映終了アニメ]咲 -saki-(09年4月期) | コメント:8 | トラックバック:44 |
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |