FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
06年10月期主要Newボールレビュー
いやはや、モレ様の本業であるボウリングに関する記事がひとつも無いことに気づいたのがブログを立ち上げて1ヶ月後w

そろそろここらへんにも力入れていきたいんで、とりあえず無難なところでボールの解説、レビューでもしておこうかな。

※ボウリングに興味ない人にはとことんツマランと思うんでスルーしてもらって結構です^^ニコニコ
パラダイムドミネイション
「ストーム パラダイムドミネイション」
今年度から好調が続くパラダイムシリーズの最新作。エージェントの表面素材にパラダイムのコアという組み合わせ。
先日、うちで行われた日置プロチャレンジでプロが投げているのをみましたが、手前をリアクティブ特有のクリーンな走りをしながらも、コアの特性でよく転がり、バックエンドのドライゾーンに入ってからの動きの大きさは前作のパラダイムプレミアム以上。(ただし、切れるような動きでなくストロングアーク状)
プロによると、ドライなバックエンドの時に使うとボールの動きが暴れすぎるのでちょっとゲームが進んだくらいのちょっと荒れ気味のレーンコンディションで使ったほうが安心して曲がってくれていいです、とのこと。
曲がりが欲しいひとにはばっちりイメージは合うと思います。表面加工が1500番でのポリッシュなのでスピードのない女性にもOKだと思います^^
採点9点/10点満点

ラディカルインフェルノ
「ブランズウィック ラディカルインフェルノ」
ブランズウィックのインフェルノシリーズの最新作。なにやら表面素材に新素材をつかってきたようで、いわゆる超吸収耐油性素材みたいでエボナイト社のOneシリーズみたいなものかな。
コアも超低慣性コアを採用してヘヴィオイリーなレーンコンディション(ボールが曲がりにくいコンディション)向けかなと思いきや、表面素材がハイポリッシュ(かなり光らせてあります)のため、割と先まで行って奥で切れるような動きをします。
ですから、適応レーンはミディアムオイリーからミディアムで、カタログでうたわれているほどの動きは無いのでご注意をw
逆に考えれば、そういった早めのレーン(ボールが曲がりにくい)や遅めのレーン(ボールの曲がりが出やすい)の中間の手ごろなレーンでラインを見つけるとストライク量産を期待できる扱いやすさはあると思います。
動きがシャープに切れるのでジャストポケットで10番ピンタップが出やすいのが気になる要素かな、、。
採点 8点/10点満点

ルンバβ
「アシックス ルンバβ」
アシックスのルンバシリーズの最新作。
アシックスは上記のブランズウィックからインフェルノコアを借りて、表面は独自の開発の物を使うといった形でボールをつくることが多いです。
これも例外でなく、「アブソリュートインフェルノ」のコアを採用して、表面もそれを若干いじったものらしいです。
ボールの動き自体は結構マイルドなアーク状の曲がりですが、表面仕上げの若干くもらせ気味が影響してから、オイルのキャリーダウンには結構強いように感じました。
まぁ元になったボールが名品の「アブソリュートインフェルノ」ですから信頼性は抜群です。オイリーからミディアムまで幅広くカバーできます。
採点8点/10点満点


アンギュラーOne
「エボナイト アンギュラーワン」
今年大旋風を巻き起こしたOneシリーズの最新作。
今回は表面素材にヘヴィオイリー用ボールの「インフィニットワン」よりもさらにオイルを吸収する超超耐油性カバーストックGB12.7Vを使用、さらにそれにパール素材を混入して仕上げも#4000で磨き上げたというまさに鏡のように光っている状態です。
コアは従来のOneシリーズのもので、上の表面素材との組み合わせから想像できるように、非常に走って、先で物凄く切れます。切れるというよりも大曲がり系な動きかな。
また表面の仕上げをアブラロンパッドで変えることでかなり幅広いレーンやボウラースタイルに適応できるようになってます(GB12.7VのVはVersality、融通がきくという意味だそう)。
スピード不足の女性で曲がりが欲しい人にはぴったりだと思います^^もちろん走りと曲がりを両方求める人にもOKだと思いますよ。
箱出しの状態での適応レーンはミディアムオイリーレーン、キャリーダウンにもそこそこ対応できます。もうちょっと曲がりを早めに出したいような人、スピードがある人は表面仕上げを#1000くらいまで落としてポリッシュするとオイリーにも使用できるポリッシュボールとなりますよ^^
採点8.5点/10点満点


ちなみにドリル方法は自分はPAPからの角度をキッチリとってドリルします。女性は特に重要ですな(55度から70度をよく使います)。ローダウンを駆使するようなクランカーの方もピン位置はなるべく中指上か12時に持ってきたほうがよいと思います。45度などにセットすると先の曲がりが逆にぼけてしまいますからね。

マスバイアスのピンも35度から70度にセットするのが一般的です。

実際あけたボールの画像もうpしていこうかな^^



ランキングに参加してます~。たぎった人はクリックしてモルスァ
FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | [本業]ボウリング | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お知らせその2 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 新・主張その30>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |