FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
【藤田和日郎】 『月光条例』 第1条【本条例の目的】④ 執行 レビュー
月光条例4-01

「3匹のこぶた」編クライマックス( ゚∀゚)o彡゚

第4話、読了~^^
月光条例4-02

狼と対峙する月光。前回の怒りの鉄拳は狼にとっては「へぼパンチ」だったみたい。結構効いてるように見えたけどなぁw

鉢かづき姫「『おとぎばなし』界の者には『おとぎばなし』の武器でないと効果がないのです!」

月光条例4-03

鉢かづき姫「月光様ーっ!私を使ってくださいませーっ!」

月光「うるせぇ、すっこんでな!」

ちょっwまた月光のひねくれが始まったよw

月光条例4-04

でもさすがに「おとぎばなし」の武器なしではサンシャインビルのガラスが粉々になるほどの狼の一吹きの威力の前に月光は成す術なしっ!?

月光条例4-05

吹き飛ばされ、ビルに叩きつけられ、そして割れたガラスとともに落下したけど立ち上がる月光!

月光条例の執行者として、あきらかに人間の域を超えている不死身具合ですな。
月光条例4-06

かたくなに鉢かづき姫を武器として使おうとしない月光。
月光「やだね!!お前のツラが気にくわねぇ!!」
あの、、鉢かづき姫の顔は見えてませんが、、w(^ω^;)
なんで拒むかは長年の付き合いの演劇部ちゃんにはわかってるみたいですな。

月光条例4-07

狼「ほれ、そのブタよこしな!!オレはそのブタを食えりゃ満足なのよ!!そうすりゃもうお前には何にもしないで『本』に帰ってやらぁ。」

なんか大事なこといってる気がするけど、所詮悪者だしその場しのぎのでまかせかもしれないな。でも登場人物の不在が続くおとぎばなしは消滅するはずなんだけどな。ブタを食べてしまったらもう「3匹のこぶた」は成立しないわけで、、。「月打」にかかった登場人物はそれも忘れてしまうのだろうか?

月光条例4-08

なんだかんだでずっとブタを自分の懐に入れて守る月光。
月光「あいつの思いどーりになると思ってんのか?、でもよ、そんなのおもしろかねぇだろ。見てな、、」

かっこええー!( ゚∀゚)o彡゚
月光条例4-09月光条例4-10
攻撃の為に吸う狼の息に身を任せた月光はたやすく狼の顔に取り付くことに成功!狼、月光条例の執行者の証である「極印」を見て涙目w
しかし、「おとぎばなし」の武器を持たずにどうやってダメージを与えるのか!?
月光条例4-11

        。 。
         \\
エ━━━━━━( Д ; )━━━━━━!!!

「極印」が浮き上がる額での頭突きで「月打」された狼を強制執行!!ww
天からの一撃ともいわんばかりの威力の描写が凄まじい!!
月光条例4-14

戦いがすんで。
演劇部ちゃんによると月光が鉢かづき姫を武器としてつかわなかったのは「女の子を武器として振り回すことがかわいそう」だったからとか?しかしなんで北海道訛り?w

演劇部「彼女の気持ちも考えてあげなさいよ!鉢かづきちゃんはアンタを危険なことに巻き込んで、もう悪くて悪くてたまんないの!せめて武器に使ってもらって、あんたを一緒に戦うしかお詫びの方法はないでしょーがっ!!」

演劇部ちゃんは人の心理を読み取りすぎw演劇部だからこそいろんな役になりきってその感情を感じ取っていたからか。

月光条例4-12

無事に「3匹のこぶた」はもとに戻ったみたい。こぶたも3匹にもどって、狼も正気を取り戻しているようだ。

鉢かづきを介してこぶたがお礼にスープをごちそうします。いつかいらっしゃっていただけますか?という問いに
月光条例4-15

月光「、、、、、ゴメンだな、、。」

藤田先生の描かれる笑顔・表情はどれも痺れるほどいいですな!

月光条例4-13

月光「次からはもっとうまく飛べよな。」

もう助けてはくれないだろうと思っていた月光から意外な言葉が!執行者として自覚をもったのだろうか?
ともあれ、青き月光でねじれた「おとぎばなし」は猛き月光によって正され、この読み手(人間)の世界もなかったことにされたようだ。
破壊された金閣寺、国会議事堂、サンシャインビル、高速道路らは復元、人々の記憶が見事になかったことなって、、!
糸売


ひとつの「おとぎばなし」が正されることによりわかってくる点があると思いきや、それ以上に謎が深まった感じの第4話でしたなっ!

逆に「おとぎばなし」を正すことができなかった場合も是非やってもらわねばこの安易な(?)復活設定は底が浅くなりそうですよね。そこは藤田先生だから期待しちゃいますが。

月光の額に記された「極印」に物凄いパワーが秘められていました。これは武器にもなるのか。三日月と縁がある童話のキャラがおとぎばなしの世界では長老みたいな位置にいたりするのかな?おとぎばなしの者にはおとぎばなしの武器しか通用しないってことは、、三日月が武器になりえるおとぎばなしってあったかなぁ?w

月と言えば「かぐや姫」を思い出すけど、、、ラスボスっぽい気もするし、、。

あと極印が月光の顔に浮かび上がっているときと無いときの違いはなんだろう?単純に力を行使しているときと無いときという単純な理由ではなさそうな気もする。

演劇部ちゃんの心理を読み取る力は異常。怖いくらい。もしかして演劇部ちゃんは「おとぎばなし」の世界の者で、長老クラスの偉い人だったりとか?髪型が三日月してるしw(えー

ともあれまずは一区切りついた感じで次回からはまた新しい「おとぎばなし」が出てくるんでしょうが、何が来るのかワクワクしますな!(゚∀゚)


ランキングに参加してます~。藤田先生の漫画を雑誌で読むと指が黒くなりますよね!wって方はモルスァとクリックをお願いします~^^
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<RD 潜脳調査室 第02話 「少女」 観賞~^^ | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | CLANNAD DVD 第5巻買ってきた\(^O^)/>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |