FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
息をもつかせぬなんでもアリの激闘! 月光条例 第47話
月光条例 第47話 00

月光 VS 赤ずきん 、、、ラウンド1、、、ファイッ!ヽ(゚д゚)ノ

まるでヴァンパイアセイヴァーの如き格闘アクションの連続!w

月光条例 第12条[赤ずきん]③ 月光VS赤ずきん 読了~^^
イデヤを赤ずきんに飲み込まれて(?)しまった工藤さんは、老人を殺そうとする赤ずきんを止めようと説得するけど、

赤ずきん「ジャマしないでよ。アタシずーっと<月打>されるの待ってたんだから・・・こいつらにふくしゅうしてやるためにさ。」

月光条例 第47話 01

ぬわっ!気持ち悪いぃーw
赤ずきんの目が月打されているのに「月型」になってないのは以前から気になってましたが、このぐるぐるとなっている目は亜空間のようになっているのか?

赤ずきん「おまえなんか食わないよ。おまえは炎の中で死ね。あのコのように。」

工藤さんの忠告を無視して、カンバヤシにトドメを刺そうと近づくところへ月光が到着!
月光条例 第47話 02

ひょぉぉぉーっ!光り輝く極印と鋭い眼光がかっこよすぎるぜ!( ゚∀゚)o彡゚

月光って普段は落ち着きないけど、工藤さんが言うとおり月打されたおとぎばなしを前にしたときはかなり冷静、というか相手のことをよく知ろうとしますね。

工藤さんはイデヤとともに赤ずきんの話を聞かずにいきなり切りかかったりと、結局イデヤの言うがままにされているだけなんだな。ここらへん工藤さんの行動力が今後成長への一つのポイントになるか。

もちろん赤ずきんは月光の言うことも聞くはずもなく、カンバヤシゴウゾウに襲い掛かる!
それに対して月光&鉢かづきは!?
月光条例 第47話 03

月光「ハチ公。<ピノキオ>ん時の形になれ!」
鉢かづき「はいっ<クロス・ボウ>に!」


なるほどっ!あの1話完結が続いたあたりは条例執行者としての月光と武器としての鉢かづきのパワーアップの意味もあったんですな!この前には「聞き耳ずきん」が出てきたりと、細かいところまできっちり利用してくるあたりさすがですな。(お話的にはちょっとアレだったけどw)

月光条例 第47話 04 月光条例 第47話 05

りょうしさん、おばあさんをフル活用したかと思えば、自らも巨大化したり、耳を刃物と化したりと、もはやヴァンパイアセイヴァーの如きなんでもあり状態な赤ずきんw

月光条例 第47話 08

お互い相譲らず!
何気に工藤さん、熱くなってね?wイデヤ、自分の立場忘れてね?もう月光に条例執行横取りされたら終了なんだぜ?w

とりあえずこの場は退くことを選んだ赤ずきん。老人ばかりを付け狙う意図は狙われている本人もわからず聞いてみると、

月光条例 第47話 06

赤ずきん「だむ ですとろい。バカどもがやったことを、アタシは本の中で見てたのよ。」

月光条例 第47話 07

赤ずきん「そして、その火事であのコは、、、<執行者>、次もこいつを守ってみなよ。できるならね!ですとろぉい!

糸売



アクションの見せ方がやっぱり上手い!
特にこのシーン。
月光条例 第47話 09
「りょうし」と「おばあさん」を一変に相手にしているシーンですが、見開きで対になるように描かれていてこのアクションシーンの空間が視覚的も感覚的にもつかみやすく描かれていて月光たちの動きがさらに引き立ってますなっ!

さて、赤ずきんの目的がおぼろげながら見えてきましたが

本の中からこの標的としている老人たち(の悪事?)を見ていたふうなことを口にした赤ずきん。

老人たちが起こした火事は一体何?おとぎばなしとは関係なく、ただ老人達が何か悪意をもって「あのコ」や「家族」を殺したってことになると、おとぎばなしの住人たちからも常に<読み手>の世界を見ていて、それに対して感情を抱いているということになるのかな?
そして<おとぎばなし>の住人が悪い<読み手>に対して動いているとなるとまた話がごちゃごちゃしてくるなぁwもう正直毎週いろいろ考えながら読んでると頭混乱してきますよw

恨みを晴らすために動く赤ずきんの行動は、月光にとってどう受け止められるのかが今後の展開のキモになってきそうだ。

おとぎばなしの住人たちもいろんな派閥というかグループがありそうだしなぁ、、、まだまだ登場人物増えそうだなw



ランキングに参加してます~。鉢かづきの最終形態がとんでもないことになりそうな気がする、、、ってオモタ方はモルスァとクリックをお願いします~^^
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<「けいおん!」アニメ化にあたって作品の楽しみ方について考えてみた。 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 檜山修之さんは仏の生まれ変わりだった!?>>
この記事のコメント
[]
いろいろと新しいことが増えてきてますよね。
からくりでいったら、鳴海とギイが出会った頃ぐらいかな?

赤頭巾ちゃん編は「泣き」の話らしいので、こっからどうなっていくのか期待してます。
2009-03-15 Sun 16:07 | URL | #e6mArcUg[ 内容変更]
[]
「月光条例」楽しいっす!

コレの大きい「耳」と「目」で思ったンですけども、
これって”赤ずきんの狼”じゃないですか!?

ばあさんが体内にいるのも納得やし

どないでしょうか?
2009-03-16 Mon 08:45 | URL | VIPPERな名無しさん #-[ 内容変更]
>名無し1さん
 「泣き」ですか!?
藤田漫画の泣きは強烈ですからね、、、こみ上げてくるものがあります。
「からくり」的にはちょうどそんな感じでしょうね。物語が転がり始めたといった感じ。

楽しみです^^
2009-03-17 Tue 09:00 | URL | SIZ #-[ 内容変更]
>VIPPERな名無しさん
 そうなんですよ、狼が出てきてないことに違和感を感じてました。なるほど!赤頭巾の皮をかぶった狼が、アノ子=「本当の赤ずきん」の復讐をしている、というのもアリかも。

自分の頭じゃ繋がりがまとまらないけどw
2009-03-17 Tue 09:02 | URL | SIZ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |