FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
今回はエンゲキブのターン!ヽ(゚∀゚)ノ 月光条例 第56話
月光条例 第56話01

エンゲキブの月光ラブっぷりは異常w

前回の工藤さんに続き今回はエンゲキブのとある1日を。

月光条例 第14条[通り雨] 読了~^^

月光条例 第56話02
前回同様、メインキャラでない第3者的な視線から描かれる月光へのイメージ。
月光って良くも悪くも目だってますよなw

この新聞部くんはエンゲキブに淡い恋心を抱き、そのエンゲキブのまわりでちらつく月光の影がイヤみたいなんだけど、、、。

新聞部のネタ出しに行き詰っているところでこの新聞部くんの「夏直前!人気クラスメートにインタビュー」企画でエンゲキブに取材を申し込むことに。

それにしても相変わらずのエンゲキブのビッチっぷりw
自分で「もう、とっかえひっかえ!」とかいうのはどうなの?w

月光条例 第56話03

でも演劇に関しては、勉強の不出来やそういった彼氏の件をチャラにするほどの力の入れっぷり。体づくり、発声練習、呼吸法、脚本・原作の読み込みなど尋常じゃないほどの努力をしているみたい。

父が劇団の団長で、母が演劇誌の編集者って今回初めてわかった設定かな?

月光条例 第56話05
1日にどれだけのクラブを掛け持ちしているんだ?というくらい多くのクラブから助っ人(はたまた一クラスメートのお願い)を引き受けているエンゲキブ。

いつものことじゃなく、行きたい所にいくまでの時間つぶしかつ月光の目撃情報収集のためみたい。
そして行きたいところってのは「ラーメン屋」月光に会うための口実としてわざとお腹すかせているとか?w
月光条例 第56話04

パンツを撮られてもこの笑顔。
うーむ、、自分の中じゃ恥ずかしがっている方がいいんですがっ(゚д゚)(←聞いてない

月光条例 第56話06

とそこへエンゲキブの写真(パンツ?)が写ったカメラを取り上げようとするDQN登場。ベタだなぁw
カメラマンくんは朝もこのDQNの仲間にたかられていたみたい。
新聞部くんも取り上げられるカメラを返してもらおうと必死になりますが、、、

月光条例 第56話07

月光キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

なんというタイミングのいい

月光条例 第56話08

助けた月光はいつもの調子で本心とは逆の言葉を言ってるけど、その月光を見たエンゲキブの表情は、、

月光条例 第56話09

どうみても恋する乙女です、本当にありがとうございm(ry

糸売


月光をめぐるヒロインの争いはエンゲキブと工藤さんに絞られたのかな?w

前回同様、第3者を(前回・放送部ちゃん、今回・新聞部くん)を上手くつかって、エンゲキブ、工藤さんの月光への想いの大きさを表現してますなー。

サブタイトルも工藤さんの次第に大きくなっていく月光への想いを「入道雲」に例えたのに対して、エンゲキブは夏の「通り雨」のようにいろんなところに現れてはやさしさを恵んでくれる月光と似たもの同士であることを示しているように感じました。

にしてもエンゲキブの彼氏とっかえひっかえと役者設定は結構最初の方からありますが、いまだに謎です。シンデレラ編でやっとその「エンゲキブ」たる由縁の活躍が見られるかと思ったら、「シンデレラ」よく知らないしw(やる演劇だけしか読み込んでないのか?)

小休止はまだ続く、、かな?
(天道エピソードはいらないよっ!w)
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『咲-saki-』における池田華菜というキャラの位置づけが切ないほどよくわかる画像 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 歌詞は乙女、音は骨太ロック!『ふわふわ時間(タイム)』発売( ゚∀゚)o彡゜>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |