まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
あずまんが大王にはアノキャラがついに降臨!ゲッサン創刊第2号の見所は?
ゲッサン第2号01

ゲッサン創刊第2号(09年7月号)買ったよー\(^O^)/
昨日の夕方前に買ったので残念ながら先着順特典あずまんが大王ポスターはゲットならず、、、ムムム(((゚д゚)))

ゲッサン第2号17 ゲッサン第2号18
特別付録「メッセージフキダシ付ポストカード12枚セット」
何もしらない人にちよ父のメッセージカード送ったらどういう反応が返ってくるんだろうw?

ゲッサン第2号06 ゲッサン第2号07

お楽しみの『あずまんが大王』補習編2年生に!
ポスターはこの絵柄だったんですな、、ヨミがはっちゃけてるなーw
そして日焼け神楽(;´Д`)ハァハァ ていうか神楽が一番おっぱい大きくなってるよーな

新装版のカバーデザインも3巻まで一気に公開。大阪だけ一人っていうのにあずま先生の意図が隠されている気がしてならない、、まぁ孤高の存在ではあるけどw
にしても大阪とちよちゃん以外実にふとましいですな( ゚∀゚)=3

『あずまんが大王OST』とか眠らずに通して聴けたらすげーと思うwあの珍妙なメロディーと作品の空気感のマッチ具合は異常だったぜ、、。

ゲッサン第2号08

暦の発言がいきなり頭悪い
しかしここからお話の膨らませ方が「あずまんが」。大阪の着目点のどこか的を得ていそうで外れてて、さらに別の方向にベクトルが向いていく展開がたまらんw

ゲッサン第2号09

何気ない時間が止まったかのようなコマでのシュールさもならでは。
このコマだけで前後の展開わかる人は「あずまんが王子」の称号を名乗っていいと思いますw

ゲッサン第2号13

2年生編ということで神楽が登場!なんかすげー常識人っぽくなってた気がするのは気のせい?w頭の悪さをあまり感じさせなかったよーな。

でもこのコマを見てやっぱり神楽なんだなと納得。
言いたいことはわかるんだけど、それを擬音で表現するあたりのボキャブラリーのなさとか勢いはそのままでしたw

スペクタクル的なアクション映画のことなんだろうな、「ワー!っての」はw

ゲッサン第2号12

大阪は4次元について考察してたり(えー
この子の存在自体が4次元なんじゃね?(理解不能という意味でw)

ゲッサン第2号10

ちよ父キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
自分の漫画史上これ以上に魅力的なキャラはいない!と思えるほどのKing Of シュールレアリスム「ちよ父」

夢の中の世界のキャラらしく全てが浮ついている不安定な存在、、しかしこの絶対的な存在感、、、。
体の色目力だけで全てを表現してしまうあずま先生には脱帽すぎる、、

読んでいる間、ずっと脳内では若本御大の声で再生されてて悶絶してましたw(まぁちよ父に限らず他のキャラも声はなってるけどね)

ゲッサン第2号11 ゲッサン第2号15

自分のちよ父ぬいぐるみキーホルダーも復帰を祝っているようです(えー

この一言もいろんな意味で重いなww

他にも榊さんのポニーテールやらとものお父さん話など見所は全部!といいたくなるほどの充実ぶりでした!
でもやっぱりちよちゃんの存在感が小さいのが気になるかな、、

さて、今回より新連載となったのが
ゲッサン第2号02

『ハレルヤ!オーバードライブ』(高田康太郎)なわけですが、、前号の次回予告において漫画のタイトルは『メタりか!』だったのがまずかったようで(笑)急遽タイトル変更がなされたみたいw

やっぱヘヴィメタルを世に知らしめた「メタリカ」をタイトルに持ってくるのは知名度から言って言い逃れできないですよなーw
『けいおん!」に対抗する気持ちでいくなら『へびめた!』でもよかったんじゃね?(←安易すぎ

で、大まかなあらすじですが、中学の卒業式にギターを使って愛の歌を歌い告白した主人公・小雨は盛大に振られて、その女の子の彼氏がバンドマンだったということから高校に進学してから軽音部に入部してかっこよくなって見返そうとしていたけど、、、

軽音部はない

というまぁありがちなオチで終わるはずがなく、そんな中であった一人の少女・ハルに連れられていったのが「金属理化学研究部」通称「メタりか」だった。
ゲッサン第2号03

新歓ライブで衝撃を受ける小雨。
やってる音楽はヘヴィメタル!!もうこれだけ自分の中ではポイント+10よ!w
演奏シーンの勢いや熱さの見せ方も上手い!背景に龍やら蛇、トドを描くあたりキャラの演奏の個性がわかっていいですなーw
メタボヴォーカリストバカテクメイドギタリストパンクっぽい少女ベーシスト、そしてなんといっても、、
ゲッサン第2号04

メタル特有の巨大なドラムセットで楽しそうに、空を飛ぶみたいに演奏をするハル、、

グレイト、、、ソォグレイト!!!
ちっこい女の子がツーバスを踏むというだけでテンションあがってくる!(えー
ゲッサン第2号19

演奏シーンの描写といい、コマ割りと印象的なセリフ、、、まさにこれはメタルだぜ、、、

ハルに恋した小雨のメタルライフが開幕!これから目が離せません!!\(^O^)/

他の連載陣では『アオイホノオ』の焔燃の相変わらずの上から目線にニヤニヤだったり、
『アサギロ』の子どもに切腹の介錯をさせる展開(しかも幼き沖田は本当の刀に魅せられて斬りたがっている!)がえげつなかったり、
『ここが噂のエル・パラシオ』の王道ハーレムラブコメ展開にニヤニヤ、
『まねこい』招木さんの嫁が可愛すぎて噴いたり、ホンチーの秘密に少し近づいたり、
『ビーチスターズ』はもう真のラスボス(?)登場でそのインパクトに度肝抜かれたりwと今回も非常に楽しめました^^

あ、原秀則先生の『駅恋』のすれ違いっぷりにも悶絶しました。なんか久しぶりに原先生の作品読んだなー、、『冬物語』以来か(古っ

ただいろんな漫画で一挙2話掲載は嬉しいけど無理してないか心配です、、、あずまんがが抜けて、その2話掲載が1話掲載に戻ったときのことを考えたら、、、、:(;゙゚'ω゚'):

関連記事
別窓 | [漫画]新刊とか | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<黒幕の存在が明らかになり、物語は一気に加速する!『東のエデン』 第10話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | バンド解散の危機!?心に突き刺さるような言葉と空気に満ちていた 『けいおん!』 第11話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。