FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
どうしてこうなった?ヒロインと全面対決となった主人公 『ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド』 第6話
ミナ姫かわいいよミナ姫(;´Д`)ハァハァ

とかいってる場合じゃなくなってきた後引きの悪い次回へのフリが続いてきましたが、今回いよいよ前半の大きな分岐点!『ダンスインザヴァンパイアバンド』 第6話!

ヴァンパイアバンド6-001

ミナ姫に対するアキラの疑惑の念を、伏線として張ってきたこれまでのもどかしい展開がもっとも緊張した回でしたなー(´・ω・`)

それにしてもオリキャラ・美刃ヴァンパイアの真祖の血筋を守るのが仕事らしいけど、姫直属のアルフォンスの隠密部隊とは別?
2話のヘリとかに襲撃されるのもひそかに彼女たちが守っていたとか。

ミナ姫の手段を選ばない容赦なさに闇の眷属たる恐怖を感じさせるのう。悠木碧ちゃん最高!(←何回目だ
溝口総理の孫をヴァンパイアにしてしまい、そのままバンド設立を諦めて孫もつれて日本を引き上げるとかすぐるw

美刃に「姫様の何を知っている?」と問われ、その信を問いに向かうもあってもくれず。そしてそのかわりに目にしたのは溝口総理の孫がヴァンパイアになった姿
生徒会長の東雲ナナミ、襲撃された由紀、とミナ姫の邪魔になるものに関わる人物はことごとくヴァンパイアに襲われている、、記憶をなくしているとはいえ、さすがに姫様への不信感MAXなアキラ。

その不安定なところへ決定的となるのが友人・ヒコのヴァンパイア化

ミナ姫のやり口に直接抗議するも、国家百年の計も知らぬ子どもと一蹴され二人の心は決裂!
ひたすら汚れ役を演じるミナ姫。ここの演技は鬼気迫るものがあったなぁ~。

ヴァンパイアバンド6-002

シャフトの作画制作状況がよくわかるモノクロ演出だな!(えー

溝口内閣退陣によって、バンド租界化がまた一歩近づいたようだけど、アキラはミナ姫を信じることが出来ずに自分が信じる方法でヴァンパイアと対立することを決意。

まずは学校のヴァンパイアを一層するために、生徒会の協力を得ることに。
原作じゃ親友だった久世との仲はかなり先まで修復されないんだけどあっさり手を組んでるなw

直射日光の下に全校集会を行いヴァンパイアをあぶりだすという案。
遮光ジェルは15分を超えると気化してしまうのでそれを超える時間は外にいられない、もしくは参加することができないはず。

この案が外部に漏れることを防ぐため、今日一日教会に立てこもるみたい。
シスター・ローラってエロいよねっ!(←唐突に

記憶喪失というオリジナル設定を上手くつかったアキラの意識の誘導に感心したな!
由紀は嘘をつかずいつもアキラをまっすぐな目で見てくれるのと、ミナ姫はアキラには見せない部分をつくっている対比の上手さ。
そりゃアキラは由紀を信じるわな。

でも由紀ってば「ずっと友達」なんて自分でフラグ折ってどうするのよw

生徒会の副会長(?)らしき男がヴァンパイアには武器が必要といってアキラにこの教会から離れさせようとした時点で気づくべきだったけど、ヴァンパイアの狡猾さはそんなものではすまなかった。

夜、孤立した教会に訪れたのは行方不明だったはずの東雲ナナミ!?
由紀だけはアキラの言葉を信じて「ヴァンパイアの狙う心の隙」を見せなかったけど、他の生徒たちはあっさりと教会の扉をあけてしまい、それがだと知ったときは時すでに遅し!

ヴァンパイアとなった東雲ナナミたちが教会を襲う!!

糸売


原作から細かい変更点があるけどアニメはアキラが記憶喪失だったという一番大きな変更点を利用して、視てる人とアキラの意識の誘導を上手くやってるなー。

学校内に潜むヴァンパイアとか原作じゃあっさり姿を見せたり(教会立てこもり前に)、ヴァンパイア一層の立案者が由紀じゃなくてアキラになってたり、より一層、姫様との対立の度合いを強めているように見えます。

まだ明らかになってないヴァンパイアになる条件がこの対立の鍵の一つなんだけど、それ以上にアキラとミナ姫の覚悟の意思の衝突が今後の見所になりそうですな。

にしても何気に毎回面白いのがダンスインザ3バカメイド
オタネタ満載(段ボールガンダムww)なのは、このメイドたちに腐女子設定があるからなんですよな。
原作も最後のおまけページまで面白い。そして何気に本編に関わってくる重要なこと言ってたりもするしね。
関連記事
別窓 | [放映終了アニメ]ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド(10年1月期) | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<最高のテンポ&テンション、凪先輩登場!湯気もくっきり、お風呂もあるよ!『にゃんこい!』BD第2巻\(^O^)/ | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 「とある科学の超電磁砲」 どうみても初春無双だったオールスター回>>
この記事のコメント
[]
原作5巻まで手に入れました。翻案の見本みたいな作りですね。
こちらのほうが自然な流れになってる部分も見受けられました。
5巻の最後で最終回なのかな、とか想像しながら楽しみたいと思います。

前回の絶望先生演出といい、今回の線画演出といい、いかにもシャフトですが、どうも絵が崩れてきてるような気がしました(笑)
2010-02-18 Thu 19:25 | URL | ヴィー #-[ 内容変更]
[]
>ヴィーさん
 原作はなんかこう、最初から最後までかっちり話しがつくりこんであるように見えますね。展開に迷いがないというか。

5巻の最後は熱いですね!最終回にするにも「戦いは始まったばかりだ!」っぽいしw

線画演出は、、、シャフトェ・・・ホントに現場の状況切羽詰ってるってばよぉ、、w>1回お休み入るみたいだしw
2010-02-20 Sat 07:29 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
信じたいのに、信じられない。 人を信じるのって、難しいことですね・・・(´ノω;`) 2人を引き裂こうとするみんなが怪しく見えるw 「... …
2010-02-17 Wed 12:19 空色きゃんでぃ
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |