FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
ついに語られる時が来た!月光の秘密を握るのはまさかの!?( д )  ゚ ゚ 「月光条例」 第106話
月光条例 第106話01

役者は全て揃ったか!?( ゚∀゚)o彡゜

反撃の狼煙を上げる前に、黒幕のことを知ろうとするんだけど、、、!?

月光条例 第22条[千一夜の月]⑫ 語り始め 読了~
月光条例 第106話02

魔法の木馬隊から工藤さんたちを助けだしたのは、<ツクヨミ>に唯一『アラビアンナイト』から属している<おとぎばなし>の『アリババと40人の盗賊』のアリババたち!

追っ手を巻くために潜入した先は、、、、

その頃、エンゲキブは、

月光条例 第106話03

シンドバードから今回の黒幕である『青い鳥』のチルチルのことを色仕掛けで聞き込み中!w
ちょーっ!wエンゲキブ、演技、演技!ww 聞く気マソマソすぎだろ!

しかしシンドバードはエンゲキブがしなっと演技をするだけでコロッと態度が変わるな。なんか天道と同じ匂いがするぜw
こりゃ事件解決後にシンドバードと天道でエンゲキブを取り合う展開もありか!?w

そしてその天道はというと、
月光条例 第106話04

こちらも囚われた<おとぎばなしの長老>たちと今回の黒幕・チルチルについて語ろうとしていた。

アラディンはただの受付の窓口に過ぎない、真のボスはチルチルだということ。

そしてさっきアリババたちが工藤さんたちを連れて逃げ込んだのは、天道やおとぎばなしの長老たちが囚われている塔の下の階の部屋!
遠くに逃げようとするはずという追っ手の心理を逆手にとってあえて敵地の中へ身を潜める、灯台下暗し的な作戦。うむぅ、こやつ、イデヤより切れるな!?w

こちらでも落ち着いたところで今回の事件の黒幕について話が始まる。
アラディンなぞアリババにとっては「三下」扱いかw

事件の真犯人は繰り返すようだけど『青い鳥』のチルチル

工藤さんから語られる「青い鳥」の説明。

「青い鳥」・・・ベルギーの劇作家で思想家のモーリス・メーテルリンクが1908年に発表した戯曲『青い鳥』主人公はチルチルとミチルの兄妹。

月光条例 第106話05

アリババ「そのチルチルはもう長い間、<月打>されたキャラクターとして<ツクヨミ>に指名手配されているのです。」

その期間、実に100年!あちらこちらの<おとぎばなし>の中をさまよい歩いて<ツクヨミ>の捜査の手から逃れているんだとか。
そしていろんな<おとぎばなし>の世界から盗んできた<願いごと叶えグッズ>で、<読み手>界の他のおとぎばなしを消し、「アラビアンナイト」だけにしてしまおうとしていること。

月光条例 第106話06

そして今語られる、チルチルの正体っ!!

月光条例 第106話07
         ____   
       / /  \\      
.     / (;;..゜);lll(;;..゜)\ <って、おいぃぃぃぃっ!!
    /   ⌒(__人__)⌒ \   桃太郎ぉぉー!!きびだんご焼いて食ってる場合
    |  ノ(  |r┬- | u  | ________    じゃねぇぞぉー!!!
     \ ⌒  |r l |    / .| |          |
    ノ  u   `ー'    \ | |          |  
  /´                .| |          | 空気嫁やぁぁ!!
 |    l      プルプル u  | |          |
 ヽ u  -一ー_~、⌒)^),-、   | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-___| |  |____

月光条例 第106話08

鉢っちゃんと二人きりになって幸せ絶頂になり<月打>されかけているぞww
コマ外に文字を書くのは藤田先生では珍しくないですかね?w

鉢っちゃん相手にAとBとか妄想しているとか思考が中学生並だな、おいw

まぁそんなお子様な桃太郎は華麗にスルーは鉢っちゃんw

桃太郎はなぜ、ここまでただの<読み手>である月光を信頼しているのか?その疑問を問いただすと、意外な答えが?

月光条例 第106話09

鉢かづき「実は・・・(月光には秘密が)あるのでございます。昔のことに御座います、、、。

月光の秘密とチルチルの秘密同時に語られようとしているということはどう見ても二人に深い繋がりがあるってことよね!?( ゚∀゚)o彡゜

そして月光はランプの中で<魔法を思い出す修行>の真っ最中、「海じいさん」を倒して蘇りかけた記憶、しかしまだ肝心の<魔法>は思い出せていない。
そして<センセイ>が次に指名した相手は、、

月光条例 第106話10

         ____、′     、 ’、  ′
       /      \     . ’      ’、
      / u ::::\:::/:: \ 、′・” ”;  ”  ’、
    /    <○>::::::<○> \  ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
     |  u    (__人__) u |’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
     \      。` ⌒゚:j´ ,/  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′
    ノ          、 ’、 ’・ 、´⌒,;y;/////;;;;;ノ、"'人      ヽ
   /           〃  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
  (    ヽ、     ,.γ ー( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
   |   ヽ     γ⌒ヽ)ニ`:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ


月光の前に現われたのは若き日(?)の鉢かづき姫!?( д )  ゚ ゚

いよいよ月光の秘密がチルチルとリンクしつつ明かされる時が来たかぁー!?( ゚∀゚)o彡゜

糸売


もう毎週毎週勿体つけすぎるww

チルチルが100年前に月打とありましたが、戯曲「青い鳥」が出来たのが1908年、ってことは最低でも現代は2008年以降ってことですよな。これまでのいろいろな<月打>の時系列をまとめてちょっと整理する必要があるかも。
まだまだそういったまとめる要素は少ないかもしれないけど、そこらへんのタイムテーブル藤田漫画じゃ必須になりますからな!w

チルチルの秘密を話そうとしている流れから月光への場面転換の演出はどうみても二人の関係が浅からぬものであることを示してますよね。

そして月光の前に現われたのが<鉢かづき姫>。

これはチルチルと鉢かづき+センセイは7,80年前に出会って戦っていたということか!?

<ツクヨミ>の条例執行者から追われ、アラビアンナイトの世界へ小さな少女をつれて逃げ込んできたのがチルチル、、、っていうのが<ツクヨミ>がうやむやに語らなかった昔の事件の真相がやはり月光の秘密を語る鍵となりそうだなぁ。

しかしどうしてもチルチルと月光が同一人物と考えるには腑に落ちないんだよなぁ、チルチルが掲げている現在の目的もなんだか表面的で何か裏ではもっとドデカイこと考えていそうだし、、。

前回のコメ欄で指摘があったように、じゃぁ今の「青い鳥」の代役はどうなっているのか?とかも同じく気になるところ。

鉢かづき姫が月光を条例執行者に選んだのが偶然ではなく必然だったのか?

<ツクヨミ>の組織に属する<おとぎばなし>の住人たちの選ばれる基準ってのはどうなってるのかも以前から気になってる。一度<月打>を正してもらったらもう<月打>されることはないのかしら?(いや、でも今回もやられてしもうたみたいな描写を最初の方でみたっけ)
ひょっとしてチルチルに関わっているキャラが全員<ツクヨミ>のメンバーになってるとか?w
イデヤは何にも知らなさそうだけどw

     / ̄ ̄\  
   /   ノ   \ <妄想乙。
   |    ( ●)(●)               ____
.   |   ⌒(__人__)            /    . .\
    |     ` ⌒´ノ           /ノ  \  u. \ <はっきりいってもう
.    |        }  \      /(●) (●)    .\  自分が何言ってるのか
.    ヽ        }     \     |  (__人__)   u.  |  わからなくなってきたよ!
     ヽ     ノ       \   \ u.`⌒´     /    
     /    く. \      \  ノ           \    
     |     \  \    (⌒二              |

最近コメ欄が熱くて嬉しい限りです\(^O^)/
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<今こそ「月光条例」を単行本で読み返すとき!伏線がいろいろと見えてくるかも、という話。 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 三角関係はまだまだ続く?ならば2期はどうなる!? 『にゃんこい!』 BD第6巻\(^O^)/>>
この記事のコメント
[]
何か伏線あるかなと思って月光条例読み直してみたら、一巻一話目から「青い鳥」の言葉が(恐らく喫茶店か何かの名前?)。びびりました…このころから月光と「青い鳥」の関係性は固まってたのかなぁ。
「青い鳥」を読んでみたら、コンセプトとして「幸せは身近なところにある」というのもあるのですが…「自分のためだけでなく、他人のために幸せを求めた時、それは何倍にも大きくなる」という言葉が気になりました。何だか、他人のために体を張る月光のことを言ってる感じ…。


チルチルは帽子の力で読み手の世界、他の物語の世界へ自由に行き来できるから、どんな物語の住人でもチルチルに会ったことがあるかもしれませんね。もしかしたらイデヤも会ったことあるかもしれないし。
チルチルはツクヨミに指名手配されている、と。浅からぬ因縁があっても不思議ではありませんね。

と、いうか。チルチルが最初「サクシャに会いに行く」って言ったとき、普通に「おいおい作者生きてねーだろ…」って思ったんですけど…
仮に月光たちの物語が2010年だとして、「青い鳥」成立が1908年。丁度100年前。「青い鳥」成立後すぐにチルチルが月打されたんだとしたら、余裕で作者生きてるじゃないですか(モーリス・メーテルリンク 1862~1949)。
もしかしたらチルチルの目的の変化(心変わり?)の原因は、実際にサクシャに会ったことが関係しているのかも?

若き日(?)のはっちゃん…凛々しい! でも、このはっちゃんは強いんでしょうか…もちろん武器としては強いんでしょうけど。
はっちゃんがカポエイラを取得したのは50年前だから、7,80年前の時のはっちゃんは単騎では戦力外…なのか?
もしかして、<センセイ>がはっちゃんを振るうのか…!? 来週も楽しみです。

またも長々と失礼しました…m(_ _)m
2010-06-17 Thu 00:07 | URL | 芋 #-[ 内容変更]
[]
>芋さん
 芋さんのコメがきっかけで1記事かけました!多謝!!

ひょっとしたらチルチルはサクシャにあったことによって月光と二人に分かれちゃったのかしら?とも思ったけど正直<作者>を絡めた予想が全く出来なくて困ってますw

チルチルが全部の<月打>に関わっているってのはありかもしれませんね。

この若い鉢っちゃんは鍬しか飲み込んでないかも?でも桃太郎は「兵器」と称するくらいに強かったし、、、月光とのバトル、、、怖いような楽しみなようなw
2010-06-19 Sat 07:51 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |