FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
絶対におまえを幸せにする!大ピンチのチルチルが使った魔法は、、!? 「月光条例」 第125話
月光条例 第125話 01

ツクヨミの総力を挙げたチルチル討伐作戦!

逃げられない状況で少女を守りながらの一人ぼっちの孤独な戦いが始まる!

月光条例 第22条[千一夜の月] 32 チルチル討伐作戦セカンド 読了~
月光条例 第125話 02

前回状況がよくわからなかったけど、最初のツクヨミの戦闘機による爆撃でチルチルの屋敷を攻撃してその爆炎自体が互いに結びつきある種のネットみたいなものを作って、さらに一寸法師の姫の「うちでの小槌」で外に逃げられないように願うことによりチルチルの他の世界への跳躍を阻止しているみたい。

月光条例 第125話 03

次々と急襲部隊を送りこむツクヨミ。
ツクヨミの兵士も全員おとぎばなしのキャラなのか。まだこの頃は<読み手>との結びつきはないっぽい?

繰り返すようでなんだけど、何よりも不可解なのは100年前のことなのに最新鋭戦闘機、戦闘ヘリが存在することなんだけど、、(^ω^;)
鉢かづきもツクヨミと接触してるし。

チルチルを一度見逃したはだかの王様はこうなることを予見はしていたようだけど、、、チルチルは王様の言っていた真理にたどり着いたことは出来なかったのか。

月光条例 第125話 04

マッチ売りの少女もろとも攻撃してくるツクヨミのやり方に憤るチルチル。

これはまさにイデヤが「おむすびころりん」の時にやった条例執行したらリセットされるから殺しても問題なしといった方針に憤った月光と完全に一致!?

迫る条例執行者から逃れようとマッチ売りの少女の手をとろうとしたその時っ!?

月光条例 第125話 05

「カチカチ山」のたぬきの一撃が二人の間を切り裂く!

さらに「猿かに合戦」の猿が少女を引き離し、チルチルへ追撃を加えて状況は絶体絶命に!?

この頃のツクヨミの執行者はどうしてこうガラが悪いのばっかりなのかねw

猿の放った<しぶ柿>に力を吸い取られるチルチル。
余裕を見せる執行者たちは救ったマッチ売りの少女に「お礼」を強要してきた!?

マッチ売り「チルチルはおっかなくはないもん!それよりお猿さんのほうがこわいよ!」

月光条例 第125話 06

猿「せっかく助けてやったのに、なんだよガキ!」

月光条例 第125話 07

         ____   
       / /  \\       <くそがぁぁぁっ!!
.     / (;;..゜);lll(;;..゜)\ このエテ公がぁぁぁぁっ!!
    /   ⌒(__人__)⌒ \   チルチル!!こいつらミンチにしてやれやぁぁ!!
    |  ノ(  |r┬- | u  | ________    
     \ ⌒  |r l |    / .| |          |
    ノ  u   `ー'    \ | |          |  
  /´                .| |          |  
 |    l      プルプル u  | |          |
 ヽ u  -一ー_~、⌒)^),-、   | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-___| |  |____

さらに青い鳥も猿に押し込められ、それを笑って見下すたぬきと猿。

動かなくなったチルチルにたぬきが条例執行をしようと頭めがけて杵を振るった、、、そのとき!?

月光条例 第125話 08

チルチル「アブラカタブラ!知らなかったのか?オレはな、この、、魔法の<おとぎばなし>の『アラビアンナイト』の大魔法使いなんだぜ?」

  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \ <チルチル分裂キターーーっ!!
 |   / ///(__人__)/// \  
 !   !    `Y⌒y'´    |  
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ
月光条例 第125話 09

一気に形勢逆転!!魔法で猿とたぬきを黒こげ&溺死させてマッチ売りの少女を助け出すことに成功!

月光条例 第125話 10

しかしまだツクヨミとの戦いは始まったばかり!迫り来る執行部隊の群れに<魔法>を持って立ち向かうチルチル!

チルチル「オレは誰にも負けねぇ。そして絶対、おまえを幸せにしてやる!

糸売


チルチル分裂した片割れはどこ行った?w

しかしまあこれでチルチル分裂説が一部なりとも証明されたわけですな。

現代の状況を顧みるに結局この作戦も失敗に終わってチルチルは取り逃がすことになるのでしょうが、なら月光は?というとこの分裂した側のチルチルをツクヨミが捕まえて、<読み手>世界にて監視下において本物のチルチル捕獲のための切り札として生活させていたとか?
鉢かづきが月光のもとに来たのも全て必然。鉢かづき自身も月光に対して嘘をついていたようにしか考えられないな、、、(ツクヨミを知らない、とか。)

で、月光は魔法を思い出すことによってどうなるのかって話ですが、それを条例執行に使うのか、戻った記憶で「マッチ売りの少女」を再び救いに行くのか。

チルチルは失った(?)体の半分でもある月光を自分のもとに戻したがっているとかはないかな?
ラスボスがチルチル=月光とかなったら切ないんですが(´;ω;`)

<月打>が何のために、誰によって起こされるのか。はだかの王様が言う「真理」とか尽きない疑問は多いけど一つの区切りが迫っては来てますな!ヽ(゚∀゚)ノ
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<期待のオリジナルアニメ『魔法少女まどか★マギカ』 情報が徐々に公開されていくみたいだね。 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『ヨスガノソラ』 第5話 瑛ルート開始!と思ったらもうヤっちゃったでござる。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |