fc2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
分裂、巨大化、大暴れなチルチル!<ツクヨミ>の対抗策は!? 「月光条例」 第126話
月光条例 第126話 01

大魔法使いチルチル無双はっじまるよー♪\(^O^)/

もはや何でもありな<魔法>の存在に<ツクヨミ>は、、!?

月光条例 第22条[千一夜の月] 32 チルチル討伐作戦 サード 読了~
月光条例 第126話 02

「かちかち山」のたぬきと「猿かに合戦」の猿との連絡が途絶えたツクヨミは、さらに戦闘ヘリ・アパッチを現場に投入してチルチルたちを補足。屋敷の中庭にその姿を捉え、まさに月光条例ロケット弾を発射しようとした瞬間、、っ!?

月光条例 第126話 03

            ____   <どえぇぇぇぇー!?
          /      \
         /  _ w _\ __________ 。
       /    _____| |  ヘ__  ヘ__|
   /⌒|     ((_____| | Σ __(○)_(○)
  /   |. ι   (__人__)   | |  '' ,         | 
 |    l \      |   |    | |    △         |   。
 ヽ     -一ー_~、⌒)^),-、|    | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ~    | |  |


いつの間にか分身して空に移動してたり、ローターでチルチルの胴体ごと真っ二つにしたかと思ったら、自分の下半身を弓に変えてアパッチ本体を弓矢代わりにして他のアパッチを撃墜したりともはや何でもアリなチルチルの前にツクヨミ為す術なし!?w

月光条例 第126話 04

魔法で分裂したチルチルが本体に戻ってきてる
ていうか会話してるってことは分裂したチルチルにも意志、思考能力があるのかな?

条例執行者ブチ殺しまくりなチルチルに若干引き気味なマッチ売りの少女。

月光条例 第126話 05

でも限りなくマッチ売りの少女に対してだけはその表情は兄のように優しく見えるんだから憎めない
どっちが正義なのかわからなくなってきますよなぁ。
逆に<ツクヨミ>のよってたかって的な、まるで狩りのようなノリでくる条例執行者たちのほうがはるかに悪役っぽいしw

月光条例 第126話 06

そんなうるさい小バエを払い落とすかのように、自らを<魔法>で戦闘機よりも巨大化させ、あらよっとと言わんばかりに手で戦闘機はたき落としまくりなチルチル。

こりゃ愉快痛快チルチル無双w

マッチ売りの少女「きゃあーっ!!」

なんだ!?Σ(゚Д゚;)

月光条例 第126話 07

「おとぎばなし」『青ひげ』の青ひげ、マッチ売りを人質に!!

          ____
        /      \ 
       /  ─    ─\ <『青ひげ』の青ひげって語呂わりーなー。  
     /    (●)  (●) \  雑魚フラグたちまくりじゃねーか。
     |       (__人__)    | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_

チルチル「<条例執行者>のくせに人質かよ。アンタ、行儀がいいな。」

さらに『ジャックと豆の木』の大男も現れて巨大化してチルチルにすごむと、

チルチル「くくっ、コエェなぁ。」

この思っていることとは反対のことを口にする言い回し、これはまさに月光と完全に一致!

月光条例 第126話 08

しかし<魔法>を持つチルチルにとってこの世界は負ける要素のない世界、、、のはずだけど、おとぎばなしの長老のひとり『白雪姫』の継母は、、

月光条例 第126話 09

白雪姫の継母「心配ない。私達には切り札があるのですよ。」

糸売


チルチルの扱う<魔法>が無敵すぎるんだけど、でも今のチルチルが「願い事かなえキャノン」を作っていたり、願い事を叶えるアイテムを集めていたりしているのを考えると、根本的な問題の解決に魔法は使えないんでしょうな。

それを思い知ることになるであろう事柄が<ツクヨミ>の用意した切り札なんでしょうが、、、
これは平賀自身が切り札を意味するカットなのか?それとも平賀が用意してきた切り札なのか?

なんとなくだけど100年前でも姿の変わらないこの平賀自身が何か得たいの知れないものを以前から感じていたので本人自身が何かしらの対抗策として動きそうだなぁ。

チルチルがどんどん月光っぽくなっていってるけど、考えてみたら月光って岩崎のじーさんに見つけられたときは赤ん坊だったんだよなぁ。だから魔法で分裂してそのまま逃げ切ったわけじゃないんでしょうなぁ。

月光はチルチルと誰か(赤ずきん)との間に生まれたとか、ツクヨミに作られたとかまたいらぬ妄想が膨らむばかり、、w

そういえば全然関係ないけど平賀って最初見たとき「からくりサーカス」の才賀勘違いしたなw
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「ストライクウィッチーズ2」 版権絵・扶桑コスシリーズまとめ | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 「ストライクウィッチーズ2」 ちょっとおかしい扶桑ウィッチ名鑑、他>>
この記事のコメント
[]
平賀の能力か何かが
本人を含めた『年齢操作』か『時間』に関係するものなら
チルチルの年齢操作か時間操作→
赤ん坊に戻して、元の世界に戻してから最強月打以前の状態に戻そうとする。
マッチ売りの少女も元の世界へ戻される
しかし戻される最中でなんらかの事故か何かで
赤ん坊の『チルチル』と月打『チルチル』に精神と肉体が分離されて
赤ん坊のチルチルは読み手世界に落ちて
『岩崎月光』として育てられたんじゃ・・・と
こちらも妄想してます。
2010-11-15 Mon 18:05 | URL | 名無しさん #-[ 内容変更]
[]
>名無しさん
 とても面白い予想でしたので次記事でネタにさせていただきました!
 赤ん坊だったってのがポイントですよな。
今の時点で元に戻ってとても赤ん坊になるような展開は想像つかないのですが、赤ずきんが帰ると言ってることからここからの展開に目が離せませんな!
2010-12-06 Mon 22:59 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |