FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
蘇る記憶、、、月光とチルチルを結ぶのは<センセイ>!? 「月光条例」 第131話
月光条例 第131話01

お菊とマッチ売りの願いは何を意味するのか?

チルチルの物語が月光へ繋がる時は近い!

月光条例 第22条[千一夜の月] 37 記憶の復活 読了~
月光条例 第131話02

チルチル「また、誰も助けられな・・・かった。だめ・・だなぁ・・・オレは・・・。」

最強月打も正され、それぞれのおとぎばなしのキャラクターは自分の物語へ戻っていく中、チルチルは自分を責め続けていた。
藤田先生のこういう声にならない絶叫みたいな表現は毎度クるよなぁ、、(´・ω・`)

月光条例 第131話03

聖天大聖の冷徹なものの見方はいかにも組織のトップらしい感情論に流されないもの。
チルチルの月打を見逃したはだかの王様も<うちでの小槌>をつかったお菊(マッチ売りも?)も、後日開かれる査問会に呼び出されるみたい。

変わってないとはいっても、チルチル本人は自分の不幸よりも他人の不幸をどうにかしたいと思うように変化してると思うんだけどな、、。

そこではだかの王様はお菊にふと一つの質問を問いかける。

月光条例 第131話04

はだかの王様「お菊よ、あの時、あの<うちでの小槌>に何を願ったのじゃ?」

そういえばマッチ売りと二人でうちでの小槌を振っているとき、どちらも言葉にはしてなかったよなぁ。

残されたお菊と対面するチルチル。
またもマッチ売りを助けられなかったということに自分を責めるチルチル。いっそのことお菊にも責められたほうがチルチルにとってはどれほど気が楽であろうか、、。

月光条例 第131話06

お菊「誰が言うもんか・・・言わねぇ。おら、言わねぇ、、、。」

月光条例 第131話07

チルチル「じゃ、おまえが本当のことを言わねぇならオレだって本当のコトはしゃべんねぇよ・・・。」

月光の思っていることとは反対のことをいう「あまのじゃく」な部分がチルチルとリンク!

チルチル「オレはなんにもできなかったんだから、本当にやりてぇコトは・・もう・・言わねえ。」

これが今のチルチルが「願いごと叶えキャノン」でやろうとしていることかな?

チルチル「まんまるのお月さん、、、胸が、、苦しいなぁ、、、。」

月光の苦手なもの「満月」、、見ると胸が切なくなるという部分とリンク!どんどん月光らしさが見えてきてるな。

そしてお菊とマッチ売りの少女が<うちでの小槌>に願ったことは、、
月光条例 第131話08

「チルさが、きっと助けられますように。」

「助かりますように」じゃない、、、なんとも不思議な願い事

月光条例 第131話11

「自分自身をいつかきっと助けられますように。」

二人の願いはいわばこういうことなんですな、、(´・ω・`)

そして同じころ、月光は全てを思い出す。
月光条例 第131話09

月光「オレは昔チルチルだった。あんたと出会うまでな・・。ああ、全部な!」

チルチルと月光が生まれるきっかけは<センセイ>との出会いにあり!?

このチルチル=月光という事実は今、説明を受けていた桃太郎(他の工藤さんやらにもおそらく)にも明らかになりまさに驚愕といった様子。そんな混乱しているところへ現れたのは、、!?

月光条例 第131話10

月光!?

かっこよすぎワロタww

糸売


うぉぉぉ!最後の月光はどうみてもチルチルだろ!?w( ゚∀゚)o彡゜(言ってること意味不明)

月光との対面も近いか!?

ていうか<おとぎばなし>のキャラクターって年を取る、いわば成長ってするんでしたっけ?
ずっとみんな同じ物語を繰り返して演じているからそういうのは無いと思ってたんだけど、この姿を見る限りどう見ても成長しているよなぁ。でも100年経ってこの姿だから普通の成長とは全然違うけどねw ここらへんちょっと気になる。

<センセイ>との出会いが月光が生まれるきっかけとなっているようだけど、「出会うまでチルチルだった」ってことは月光はチルチルと同一人物のようでそうではないともいえる?

むしろ赤ん坊になってるからなぁ、、、<センセイ>が<作者>であるということとお菊たちの願いを考えて、この<センセイ>が主人公=月光がチルチルを助けにいくっていうおとぎばなしを作ったんじゃないかしら?

チルチルが<作者>たる<センセイ>に頼んだ、、とか?w

でもチルチルの本当にやりたいことってのとは全く関係ないだろうから、やっぱり謎いままなんだけどw

しかしこの引きで年を越さなければならないってのはもう構成とか計算されすぎでしょ
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<作画修正も多くマヤ様の美しさがより増してたね。『世紀末オカルト学院』 BD第4巻\(^O^)/ | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 史上最悪の混沌、、、物語は一気に急展開!?もぞもぞするから翼をください!(えー 『ストライクウィッチーズ2』 BD第4巻/(^O^)\>>
この記事のコメント
書きますが、乙姫フランダースの回や桃太郎の回で月光の髪が変形してたのは、すでにチルチルの帽子を現していたのかもしれませんね。チルチル=月光がほぼ確定しそうですが、まだまだ「センセイ」とのなぞは明らかにならないですかね(^_^;

毎回続きが気になります
2010-12-24 Fri 19:25 | URL | #-[ 内容変更]
[]
『妹』はどこへいったって言うのはどういう意味なのかも忘れてはいけない重要なファクターだと思います。
2010-12-25 Sat 02:58 | URL | #-[ 内容変更]
[]
>名無しさん
 このサンデーお休み期間がなんと長いことかっ!
あのウラララ化は「魔法のぼうし」だったんですな。
ひとつひとつ謎が解けていくこの展開、、、からくりの20巻~25巻付近のワクワク感とかぶるっ!( ゚∀゚)o彡゜

>名無し2さん
 チルチルの妹も重要な人物ですよね。100年もの間、誰を代役に立てて「青い鳥」は存在し続けているのか、、。

2011-01-04 Tue 17:23 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |