まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
重力を操る醜いデブ精霊・モストーンと激突!「月光条例」 第140話
月光条例 第140話01

光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性精霊だったら人気爆発だったろうなぁ、、(えー

月光条例 第22条[千一夜の月] 46 重さの精霊モストーン 読了~

「空飛ぶじゅうたんの三兄弟」暗黒りんご玉直撃でもらってしまい黒こげになった天道。
そのまま空中落下してその後の安否が不明なままだったけど、、

月光条例 第140話02

赤ずきん「天道、セーフ!」
          ____
        /      \<いや、その受け止め方はアウト
       / ─    ─ \  なんじゃね?
     /   (●)  (●)  \ 
     |  U   (__人__)     | ___________
     \     ` ⌒´    ,/ | |             |
_ r、./   r、         \ | |             |
| | ヽヾ 三 |:l1           | |             |
| |  \>ヽ/ |` }          | |             |
| |   ヘ lノ `'ソ            |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ \_/` ̄("二)l二二l二二  _|_|__|_

これじゃ手と足が地面に叩きつけられて複雑骨折だろw
てか赤ずきんのパワーぱねぇなw
天道の巨体をひざをつきながら滑り込みで片手で受け止めるとか。

ともあれ、このデブ精霊をなんとかしないと一寸法師たちのもとに追いつけないし誰かがやるしかない!とそこで名乗り出たのは「呑舟」こと鉢かづき姫!
意外と早い段階で出番回ってきたな。
しかし<おとぎばなし>界でも伝説とさえ言われる鉢っちゃんなら一人でも問題ないな!

月光条例 第140話03

桃太郎「この日本一の桃太郎もともに戦おう!さぁ一緒に参りましょうぞ!」
             ____
           /      \
          / ─    ─ \<いやいや、おまえ足手まといだろ。
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |

ちったぁいいとこ見せろよ!桃太郎!w
と、ここでついにモストーンがシンデレラたちの行く手を阻むために攻撃に移ってきた!

月光条例 第140話04

突如シンデレラの馬車が止められ、さらにそれに乗っているはだかの王様、シンデレラ、継母までもが苦しんでいる!?

モストーンの魔法は、自分の体重を自在に他のモノに与えられる、というもの。
ん?これって与えてる間、モストーン自体は軽くなるのかしら?

息も出来なくなり、つぶされそうになっているところへ別働隊の鉢かづきたちが反撃に打って出る!しかしこの巨大な相手にどうやって、、?

鉢っちゃん「お忘れですか?私はなんでも呑みこむ女でございますよ!」

月光条例 第140話05

モストーン「ブヒイィィィィっ!」

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \<全然違う作品、、てかアニメ
             |  (●)(●) | じゃねーか!
.             | u.(__人__) .|  
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ  スパァン
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r' \、从人,/
          、 、 `ヽ、   /ゝ ゙ ; '; て
            \丶、 `'ー'´ /'⌒Y ̄`\    
               丶、ー  / ─    ─ \  <なんだ、モストーンは『IS~インフィ
               ̄/   (●)  (●)  \  ニッ○ストラトス~』スレから
.___________ |     (__人__)    | 逃げ出した豚だったか。
|             | | \     ` ⌒´    ,/ 
|             | | /           \___
|             | |            、  ヽ  | |
|             | |            ヽ  ヽ l |
|___________|_|         nnnー ⌒ | | |
    _|__|_|_  二二l二二l ̄ ̄ ̄(二¨),__/  ̄

鉢っちゃんやっぱパネェな!w
なんとかシンデレラたちへの魔法は解けたけど、飛行機を直撃されながらも倒れないモストーン。

空飛ぶ~の2兄弟はモストーンに鉢っちゃんたちを片付けるように言ってシンデレラたちを追っていく。
ここで追っ手の足止めをしなきゃ意味がないと、さらに鉢っちゃんと桃太郎の追撃が!

月光条例 第140話06

これまで呑みこんだもの出し惜しみ無しで全部ぶつけてきた!?
って『おむすびころりん』のおむすびまで出てきてるw

しかし、モストーンはそれらすべてに重さの魔法をかけて振り落とす!

鉢っちゃん「自らの重さを与えて重くしたのですね。ですが、中身まではいかがでしょう!

月光条例 第140話07

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  <素直に褒めろ。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \<ちっ、桃太郎大活躍じゃねーか。
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \    ` ⌒´    /

しかし斬撃が浅かったか、モストーンはすぐに動けるようになり桃太郎たちの真正面に!

月光条例 第140話08

/(^O^)\オタワ

このまま、重力の魔法に押しつぶされていくのか、、、?
とそこへモストーンに立ち向かっていく者が!?
月光条例 第140話09

赤ずきん「だああむでぇすとろおおい!あたしもその遊びにまざりたいな(ハァト」

  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \ <赤ずきんちゃん参戦キター!
 |   / ///(__人__)/// \  久々に大暴れしちゃってくださいー!!
 !   !    `Y⌒y'´    |  
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ

糸売


最後の助っ人、月光と思ったじゃねーか!w

桃太郎の思わせぶりな反応にワクワクしながらページめくっちゃったからちょっとだけズコーだったw

しかし桃太郎のかませっぷりが止まらない件。
月打されているときの方がはるかに強かったし、日本一でこれじゃちょっとかわいそうすぎるぜ、、w

モストーンの魔法「自らの重さを任意のものに与える」ってあるけど、与え続けてる間は自分は軽くなるのかしら?もしそうならそこらへんに勝機を見出せるかな?

同じようなもので鉢っちゃんは呑みこんだものをほぼ全部外に出しちゃったようなんだけど、それらの能力はもう使えなくなるのかな?

赤ずきんのおばあさんと猟師さんは精霊みたいなもんだからモストーンの魔法は効かないかもしれない。
要するに次回は赤ずきん無双に期待ってことで!( ゚∀゚)o彡゜
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『放浪息子』 第7話 安那ちゃん、千葉さん、高槻くん、ヒロイン揃い踏み!全員可愛すぎるだろ、、、。 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | ボクの家にミニイカ娘がやってきた! 『侵略!イカ娘』 BD第3巻ヽ(゚∀゚)ノ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。