まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
『放浪息子』 第7話 安那ちゃん、千葉さん、高槻くん、ヒロイン揃い踏み!全員可愛すぎるだろ、、、。
          ____
        /      \ <みなさんこんにちわ。
       / ─    ─ \ 最近また原作読みなおしてるんですが改めてアニメの
     /  (●)  (●)  \ 良改変っぷりにスタッフへの愛を感じずにはいられません。
     |     (__人__)     | __________   BSでも放送が始まりましたので
     \    ` ⌒´    ,/ | |             |  ぜひ多くの人にみて、
___/           \ | |             |  読んでもらいたい作品です。
| | /    ,               .| |             |
| | /   ./             | |             | それでは早速見てみましょう。
| | | ⌒ ーnnn          |_|__________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_

『放浪息子』第7話~
放浪息子7-001

『14歳のある朝、ぼくは自分の顔が変わったことに気づいた。』

国語の時間、朗読をするにとりんをクラスメイトがクスクス笑う

「ボクはなかなかかわいい顔をしていた。」「はだはバラのようにピンクですべすべ」「鼻は小さく形良く、風が吹くとおでこにかかった前髪がさらっと揺れたりした。」

たしかにどう聞いてもにとりんが自分のことを言ってる気がしてならないw
この作品は原作によるとウルフ・スタルクの『シェークVSバナナ・スプリット』という作品らしいです。

そして次の人に朗読が移って読み上げられると

『けれど新しい顔はひどい。鼻の頭には、赤いものがぷちっとできた。』

にとりんの鼻の頭ににきびがっ!凄いシンクロ率!w
なんかこう志村作品って、こういう文学的な作品や演劇的な作品を使っての比喩みたいなものが多くてその作品を知っているとより深くキャラクターを理解できそうで面白いんですよな。
『青い花』でも演劇でいろいろキャラクターの表現あって面白かったし。

放課後

本屋でふたりで一冊の本を読むとかこいつら付き合えよww>にとりん&マコちゃん
マホとアンナちゃんの正しい洗顔法のためだけに雑誌買う二人。

家に帰るとその真穂は当たり前だけど、安那ちゃん来てるぅぅぅー!!ヽ(゚∀゚)ノ
そこはかとなく二人とも意識してる感がなんともw

読者モデルに「肌、キレイですね!」って聞くにとりんはいろんな意味(にきびできた。安那ちゃんがいるぅぅ、何か言わなきゃetc)でテンパってるな。
にきびの確認するために隣に安那ちゃんが来ただけでこの過敏な反応w もしや、、にとりん、、、!?

で、そこへお茶を持ってきた真穂姉の白々しさw

真穂「意識しないで仲良くすればいいのに(ニヤニヤ」
安那「う、うるさいっ!」


照れる安那ちゃん可愛すぎワロタ(*´Д`)ハァハァ

早速安那ちゃんの洗顔方法とにきび防止を実践するにとりん。
てか7時就寝っていくらなんでも早すぎだろww

翌朝
                    ___
     _,, -ー ,,          / ⌒  ⌒ 丶 <ねぇねぇ、にきび出来ないように 
    /   " `..,:.      <●>  <●> 丶   いろいろやってそれでも増えちゃって
 :/       :::::i:.      |  (__人__)   |  今どんな気持ち?w
 :i         :::::!,,   ハッ  \  |∪|    、____ 
   ヽ.....:::::::::   :::::i   ハッ    / ヽノ      ___/ これからもっと増えるけど  
  r "     .r ノ~.    ハッ   〉 /\    丶       どんな気持ち?ww
:|::|    ::::| :::i. ゚。         ̄   \/⌒_)  
:|::|    ::::| :::|:                } ヘ /
:`.|    ::::| :::|_:               J´ ((  トントン
:.,'    ::(  :::}:                   ソ

真穂姉鬼畜すぎワロタw

悩むにとりん。でも絶対真穂姉にだけは頼りたくないらしい。マコちゃん曰く「頑固」。
そしてふと携帯を見たときに目に入った変なストラップ、、、安那ちゃんにもらったヤツ。

真穂姉に安那ちゃんの電話番号を聞きにいくにとりん。なんかこういう急に積極的になる部分ってにとりんの根底にある強さだよなw

真穂「ふふ~ん、、安那ちゃんに告るの?(ニヤニヤ」

真穂ねぇ、、、そんなに焚きつけて大丈夫か?w

放課後。
安那ちゃんにアドバイスを受けながら洗顔料選びをするにとりん。
洗顔料の合う合わないはあるよなぁ。

            <聞いてねえよ。 
        / ̄ ̄\             ____
      /      \           /       \   <ぼくも全然男モノの洗顔料   
      |::::::    U  |       / ⌒   ⌒   \ が合わなく低刺激の女性用を
     . |:::::::::::      |       / (●) (ー)   \ 使ってますね。
       |::::::::::::::    |   /|   (__人__)      |\
     .  |::::::::::::::    }    \\_  ` ⌒´      _//
     .  ヽ::::::::::::::    }       \           // え?にきび?
        ヽ::::::::::  ノ         // ⌒\       / ./ ほとんど出来ませんでした
        /:::::::::::: く         _./  /ヽ `   ,ノ ../ けど?
-―――――|:::::::::::::::: \――(⌒ 、  ,/、 ,/⌒ヽ―――――
                     \_)/ \l  丿
                             ` ´
男モノのスクラブ入りの洗顔料で洗ったら擦り切れたことあったなw

にとりん「じゃぁ安那ちゃんと同じヤツ!」

頑固にとりん再び。でも安那ちゃんはそんな見た目とのギャップにちょっとにとりんに、、、!?

電話する時間帯、真穂姉は「実質夕方だけ」みたいなこといってたけど、安那ちゃんは「非常識な時間じゃなきゃいつでも」とか、ここあたり原作にはない描写だったけど後の展開がスムーズに繋がる良改変ですな。

放浪息子7-002

「けいおん!!」並みのモブキャラの気合の入り方。
この演劇部の女の子は小学校からいるんですが、中学生編からだけ見てもバッチリ印象に残りますな。メガネ+三つ編みおさげ!グレイト!

にとりんは脚本を買われて演劇部にスカウトされてるみたい。

女子トイレにて。
バッタリ会ってしまった千葉ちゃんとよしの。まだ冷戦中なんだよな、、、(´・ω・`)

会話なんてあるはずもなく、話せることといったら二人の共通の友人でもあるにとりんのこと。
演劇部へスカウトされて凄いね!と千葉ちゃんに話したらその千葉ちゃん本人も演技力を買われてスカウトされていたとか。

よしの「凄いなぁ、、二人とも才能があって。」
千葉ちゃん「、、、、どうして簡単に凄いなんて言えるの?」


よしのに特に含むところがない、、ってのは千葉ちゃんだってわかってるんでしょうな。でも言わずにはいられない!

千葉ちゃん「もしもね、演劇部に入りたいのが高槻さんで、誘われたのが私と二鳥くんでもそう思える?」
「つまり!高槻さんが本当にやりたいことを簡単にやっている人がいてそれでもその人が凄いと思えるなら、。凄いと思うけど、、、。私はダメ!悔しいっ、、。


「だから、、やっぱり高槻さんのこと嫌い、、。」

(´;ω;`)ブワワワッ!!

千葉ちゃんがよしのをどうしても好きになれない理由は、千葉ちゃんが欲しかったにとりんの好意を、よしのが望まずして得たってところにある、、ということを言ってるんでしょうな(つД`)

珍しくよしのが黒い感情に染まってる。
でもよしのが「凄い」って思えるのは本当の気持ちで、実際男の子になりたいよしのは、ちーちゃんの行動力(詰襟着てくる)には素直に「凄い」って思ってるし本人は全然間違ってないはずなんだけど、こう言われちゃったら何が何だかわからずふてくされちゃいますよなw

放課後。
なにやらにとりんの家に集まって試験勉強やるみたいなんだけど、、(よしのと千葉ちゃん除く)。

安那ちゃん(と環ちゃん)もいる!

真穂「安那ちゃんが持っていってやればいいじゃん!シュウと付き合ってるんだから手伝ってやればって話!」
安那「ちょっww」


         ____   
       / /  \\      
.     / (;;..゜);lll(;;..゜)\ <ちょっと待てやぁぁ!!
    /   ⌒(__人__)⌒ \   にとりんどういうことか説明しろやぁぁぁ!!
    |  ノ(  |r┬- | u  | ________    
     \ ⌒  |r l |    / .| |          |
    ノ  u   `ー'    \ | |          |  
  /´                .| |          |  
 |    l      プルプル u  | |          |
 ヽ u  -一ー_~、⌒)^),-、   | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-___| |  |____

廊下でその声を聞いたマコちゃん、顔面ブルーレイww
佐々ちゃん、、こんなときまで千葉ちゃんと高槻くんのことを、、(´;ω;`)

翌日
にとりんとマコちゃんの乙女トークww
なれそめを根掘り葉掘り聞き出すマコちゃんw

変な店長ストラップから始まった二人の繋がりを上手く使ってますな。(原作は帰宅途中にあっさり告白だったかな?)
その店長を二人で見に行こうと行ったカラオケBOX。たしかにストラップのまんまの店長噴いたw
あんまり盛り上がりそうにないんじゃと思ったらそうでもなく楽しそうな二人。
そしてにきびのことで安那ちゃんが接近すると、つい勢いで言っちゃったにとりん。

にとりん「好きです、、、(ミルクセーキじゃなくて)安那ちゃんが!」
安那ちゃん「、、ありがと。それで?


                   ___ <まだだ!まだ負けてない!起きろぉぉ! 
                  /.ノ ヽ、_\    __
                .o゚.( ○)}il{(○).゚o./ー  \
            ./    .(__人__)  /(ー ) \  \ <友達以上恋人未満かよ、、
             |    .ヽ |!!il|!|!l| /(___   (ー )  |
             \     .|ェェェ./   (_)     /
            /         |      ┃   /
          ヽ  \ ../ ̄ ヽ      /
           \  .\ ./      (_)
              ( ̄.\  \           ヽ

この返しはつらいw でもにとりんはそれでも行く!!

にとりん「よかったら、、ぼくと付き合ってください!
安那ちゃん「、、、、(赤面)。」


                / ̄ ̄\ <おい!安那ちゃんOKしてくれたよ!
          /  ノ ヽ、_\ 早く起きろぉぉ!!
           |  ( ○)}il{(○)
          |  o゚ (__人__) ゚o ___
             |  ヽ |!!il|!|!l|   / ー   \
            |    |ェェェェ| / (ー )  \ \ <安那ちゃん、、かわい、、すぎ
           ヽ         |  (___    (ー )  \ 
              ヽ      |   (_)       |
            /         〉    ┃      /
          ヽ  \ ../ ̄ ヽ       __/
           \  .\ ./      (_)
              ( ̄.\  \

安那ちゃん可愛すぎて悶絶三回転半余裕でした(;´Д`)ハァハァ
にとりんの行動力がここでも発揮!ホンマ、恐ろしい子やでぇ~w

動物園デートにて。
安那ちゃん「(マンドリルぬいぐるみを見て)かわいい!かわいくない?コレ!?」

     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\ <安那ちゃんはじまったな!
   |    ( ●)(●)               ___
.   |   ⌒(__人__)            /      \
    |     |r┬-|           /─    ─  .\<安那ちゃんのほうがかわいいよ!
.    |     `ー'´}  \      / (⌒) (⌒)    \ 言わせんな恥ずかしい! 
.    ヽ        }     \    ...|   (__人__)       | 
     ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/  
     /    く. \      \  ノ           \  
     |     \  \    (⌒二              |  
      |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |

変なもの好き=にとりんは変 これだ!(←何が
結局、マンドリルぬいぐるみ買ってるしw で、またストラップか。いいねぇ、このラブラブ感w

その夜にかかってきた電話は安那ちゃんじゃなくて、、よしの!?

翌日。
二人で久々にユキさんの家に。ゴチャゴチャした時に話せる、頼れるユキさんの存在は二人にとってデカイですよな。

よしの「二鳥くん、そんなにかわいいのに『ボク』っていうのがなんかいいなぁと思って。私もさ、『ワタシ』って気に入ってるんだよね。だからずっと使い続けるつもり。」

このセリフは今後、どこかしらでかかってきそうだな。何気ない会話だけど凄く印象に残る。

なんかよしのがにとりんと恋人同士でないのを否定するときってすげぇ残酷に感じるんだよなぁ。これは自分が千葉ちゃん寄りなのが一番の原因なんだろうけどw

でも今日のにとりんは違う!
にとりん「ぼく、、今付き合ってる人がいますっ!、、、安那ちゃん。」

ユキさんの慌てっぷりワロタwおばさんっぽいw

ショックを受けたのはよしの。ただでさえゴチャゴチャしてた感情がまたにとりんのおかげで整理つかなくなってそう。
「もうこういうの(女装)はやめたほうがいいね」というよしの。

「じゃあね!」という言葉がやたらと胸に突き刺さりますなぁ、、(´;ω;`)

同じ気持ちを共有していた人が女の子と付き合い始める、、そういう気持ちをまだ理解できてないよしのにとってこれは堪えますな。

放浪息子7-003

学校でもよそよそしくなるよしの。

そのやり場のないモヤモヤした気持ちを偶然(?)またもトイレでバッタリ出会ってしまった千葉ちゃんにぶつけてしまう!

まぁその千葉ちゃんはガンスルーしようとしてたんだけどw

よしの「二鳥くんのさ、、好きな人って、安那ちゃんだって、、。安那ちゃんと付き合ってるんだって!」
千葉ちゃん「末広、、、安那、、?」


あちゃー、これはマズイなぁw よりにもよって千葉ちゃんもそれをよしのから聞かされるとは思ってなかったんじゃないかしら?
激しい自己嫌悪に陥るよしの。ちーちゃんの能天気さはもはや残念を通り越して清涼剤になりつつあるw

千葉ちゃん、部活どころか学校に来なくなるとかどんだけショック受けてるんだよ!かわいすぎるよ!(えー

よしの気まずさマキシマムw

学校を辞めるとまでいう千葉ちゃん。いじめを心配した千葉ちゃんのママンだったけど

千葉ちゃん「誰かいじめちゃいそうだからよ、、。」

これはこれで千葉ちゃんの優しさを感じちゃうのはボクだけですか?w

で、学校を辞めてどうするの?と聞かれると

千葉ちゃん「どうしようかな、、誰かの愛人にでもなるわ、、。」

        / ̄ ̄\ <ねーよ。
      /       \ ____
      |:::::       |/      \
     . |::::::::: U   |:::/::::\:::   \ <千葉ちゃんの愛人になれる
       |::::::::::::::::    |●) (●)     \ にはどうしたらいいですか?
     .  |:::::::::::::::    |::(__人__)///    | どこか試験会場があるんですか?
     .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
        ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
       (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
-―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

色っぽいポーズをとるアンニュイな千葉ちゃんが最高にかわいすぎる(*´Д`)ハァハァ
でもママンが「冗談でもそういうこと言うのやめなさいね」って珍しく怒ったのは、やっぱり千葉ちゃんのお父さんってそういう関係でいなくなっちゃったりしたのかしら?

と、そこへ来たのは学校のプリントを届けにきたよしの。この日はそのまま会わずに帰っちゃった。

千葉ちゃんの休みを心配するちーちゃん、、、ってあなたが言ったら確実にもっと来なくなるからやめてね!w
にとりんはまだ自分の置かれている立場を知らない、、、w

足しげく通うよしの。それには懺悔の気持ちもあったのかな。
そんなよしのを家の中に招き入れてもてなすママン。

よしの「私が悪いんです、、。」
ママン「そうなの?、、それならもう気にすることないわ!来てくれてありがとう!


ママンいい人すなぁ~(´;ω;`) どうやったらこの人から千葉ちゃんみたいなデンジャラスビューティーが育ってしまうのか?wその背景を知りたいわ~。

とここで千葉ちゃん起きてきたーw 思いがけないバッタリな出会いってのが二人は多いなw

千葉ちゃんの部屋。
仲直りをしようと思ってきていたよしの。千葉ちゃんは冷たくあしらうけど

よしの「二鳥くんの好きな人が私じゃないなら私たちがケンカする必要ないじゃん。」
千葉ちゃん「バカじゃないの?」


はぁぁもうこのハラハラ感、たまらん!(←

元々他人と上手くやっていける性格じゃないから、と突き放す千葉ちゃん。
(二人を繋ぐ)佐々ちゃんが悲しむから?と聞くと

よしの「佐々ちゃんは関係ないよ!私が一人で勝手に来てるんだし。」
千葉ちゃん「、、、、紅茶、、早く飲んだほうがいいわ、、冷めるから、、、。」


  .(● )   ’、   ′ ’.   .
   ’、ヽ′・  ’、.・”;  ”  ’、
 ’、′ ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”; ( ●)
  .’;^`⌒)∴⌒`.・  ”; ’、′・    〃
、’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人    ヽ  
(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、  ヽ
( ´;`ヾ,;⌒:: :: :.从⌒;) :`.・__人__)
 \:::::. :::   ´⌒(,ゞ、⌒) ;)r┬-|
  \.;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ :;; ; -'
    \ 、′    、 ’、 ________
    ノ::::::::::::  `ー'´    \| |          |
  /:::::::::::::::::::::          | |          |
 |::::::::::::::::: l              | |          |

千葉さんのデレキタ━━━━( ゚∀゚)o彡゜━━━━ッ!!
この破壊力!w
ここからよしの×千葉さん無双が始まる、、、かもっ!?w

糸売


もうみんな「薔薇色の頬」になりまくりで僕のニヤニヤが収まりませんでしたよw

安那ちゃんの変なモノ好きの伏線がやっと回収されてまさかのにとりんと付き合うことになるとか、原作読んだときはひっくり返りましたよ
アニメのほうが原作よりも二人の気持ちの距離が縮まってくる描写が多く、その自然さが良かったな。

しかし女の子になりたいはずなのに女の子と付き合うとかこの作品の方向性がわからなくなりそうな人多くなりそうだなぁ。
てか普通ににとりん積極的で、女の子になりたいなんて気持ちもってなければプレイボーイの道を歩みそうなんだけどwでもそのにとりんの気持ちってのはこれからの展開で明らかになっていくんですが、安那ちゃんとのその気持ちをいつまで共有できるか、、、がこの1クール内での最大の見所になりそう。

よしのがやっとメインらしい出番の多さで安心したw
にとりんが女の子と付き合うってことを知ったときの動揺っぷりの表現が見事で、「さよなら」に込められた意味ってのが声からも絵からもなんとなしに伝わってきたときちょっとゾクッとしちゃったな。
よしのってばあの胸がペッタンコになるブラジャーを手に入れてから、自分が女の子っぽくなることにちょっと安心感があったと思うんですよね。そんな悩みがない状態でいった「凄いよね」発言は千葉ちゃんにとってカチンときたのかも。
そしてそこから忘れかけていた女としての重くなる一方の生理、そしてにとりんの彼女発覚千葉ちゃんの大嫌い発言と悪い方向に久々に物事がすすんじゃったって感じでしたな。

逆に千葉ちゃんへのにとりん彼女いるよ発言はよしのの女の子らしさを見せた貴重な一面だったのかも。

そして千葉ちゃんですよ!( ゚∀゚)o彡゜
なんなんですか、、この子は。ボクが養いたいくらいですよ、、!(えー
にとりんに彼女がいるってだけで学校を辞めたいとかどんだけ繊細なのかとw
自分の意見をしっかり持った人でよしのに対してもそれは例外でなく突き放すように言ったんですが、結局、よしのも千葉ちゃんも自分をわかってくれる人が欲しかったんじゃないかしら?
興味がないなら言葉すら交わさないような千葉ちゃんがよしのとここまでしゃべるんだから心の奥底ではよしのへの憧れみたいなものはあったに違いないですよ。

けどちょっと千葉ちゃんのデレへのタメが少なかったのが唯一の不満点かなぁw
もっと何回も通ってようやくって感じがちょっとなかった。

さぁ、いよいよ次回はカラオケ回ですよ!?( ゚∀゚)o彡゜
スキーはないのかな?小学校編やってないからちょっと絡めづらいっていうのはあるかも。
そしておそらくラスボスになるである土居の本格参戦!こいつぁヤクいぜ!(←いつの言葉だよ
関連記事
別窓 | [放映終了アニメ]放浪息子(11年1月期) | コメント:4 | トラックバック:7 |
<<『魔法少女まどか☆マギカ』 第9話 すべては白い悪魔の計画通り、ということなのか、、!? | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 重力を操る醜いデブ精霊・モストーンと激突!「月光条例」 第140話>>
この記事のコメント
[]
どうも~、毎度長時間のまとめ・編集乙ですw
(キャプチャー・貼りつけ作業、時間かかりますよねw)。

>千葉ちゃん「末広、、、安那、、?」
この場面の千葉ちゃんの驚愕・絶望の表現が素晴らしかったですね。
学校の他の女の子なら最終的に勝つつもりだったのかもしれないけれど、相手が世間的に認められている天下の読者モデル、しかもティーン雑誌で単独表紙。

可愛さでは勝てない・・・寝込みたくもなるかw
千葉ちゃんの行動力なら、にとりん問い詰めて、安那ちゃんににとりんの秘密バラして破局を狙うくらいやれそうですがw、簡単には降りんでしょうw(楽しみ)。
(8話の予告みて、千葉ちゃんのやさぐれ具合に泣いた。何、文化祭後から翌春までずっと不登校なの!?)
http://www.houroumusuko.jp/story/index.html


しかし、にとりんは男の子に生まれた不幸を逆手にとって、可愛い女の子2人(3人?)といい関係を築くなんて、ち○ち○ついててむしろ良かったのでは?

可愛い系の男の子が好きな子?(千葉ちゃん・安那ちゃん)、
丁度自分と逆の性別に生まれたかった同じ境遇で理解者の高槻くんと、

どちらの需要にも応えられる・・・やっぱり容姿か?イケメンは得って話か?

にとりんが女の子になる事にこだわるなら高槻くんエンド。
女装するにとりんを許容できるなら、千葉ちゃん、安那ちゃんエンドも可能という事か?

千葉ちゃんの尽くす姿(奉仕)が目に浮かんで痛々しいですな。
終いには、どんなにとりんでも許容するとか言い出しそうw

安那ちゃんが実はショタ(年下)属性のダメなお姉さんだったら、安那ちゃんエンドもありかもしれないw
コンプレックスを抱える人間が互いを許容し合うみたいな物語でアリじゃないですか?

三人のヒロインの誰とくっついてもいい話になりそうで、面白いですね。
(選ばれなかったヒロインのその後は考えたくない・・・マコちゃんがいる?)

千葉ちゃんはにとりんに怖がられているんですかね?
真っ先に好意を伝えているのに、にとりんに対しても怒ってる時は容赦なく「ふぅ~ん、手術でもするの?」ですし、千葉ちゃんの好意を受け取らずに安那ちゃんに好意を告げる心境がすっきりしないですね。

http://natalie.mu/comic/gallery/show/news_id/45779&image_id=68688
ご存知?

以上です。
管理人さん乙!
2011-03-08 Tue 12:47 | URL | 青い花のことで~(ry #-[ 内容変更]
[]
>青い花のことで~(ry さん
今回もたっぷり2時間40分でした!(挨拶)
 千葉さんの負の行動力は舐めたらかんでぇ~?
たぶん高槻くんいなかったらあのまま辞めてたでしょうなw

 二鳥くんの魔性の男っぷりはすげえですよねw
自分をわかってくれる人に恵まれすぎ。未来は明るい!(そうか?)でもそうはいかない現実を描くのが志村作品。そういうリアルな部分を淡々と描くところに魅力があるんですよ。

千葉さんを怖がっているのは確かですね。
単純に何を考えているのかわからないってところが一番なのかもしれませんが、一番「大人の」女性らしさを感じているのかも。

「ぽこぽこ」はTwitterで情報を知りました。もちろん読みます!

またのコメをお待ちしてますw(ところで原作は未読なんでしょうか?)
2011-03-11 Fri 04:44 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
[]
他の地方と一週遅れなのが本当に悔しいw
千葉ちゃんのお母さんは誰かの愛人でシングルマザーなのではないかと思ってみたり。
何にしても千葉ちゃんにはまた学校に来てほしいものです。
2011-03-11 Fri 21:44 | URL | ヴィー #-[ 内容変更]
[]
>ヴィーさん
 やっぱりそういう風に感じ取れますよね>愛人関係
まぁ1話後にはもう復帰してたわけですけどw(過ぎた日数は結構なもんですが)
2011-03-28 Mon 23:36 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
全体としては安那ちゃん旋風が巻き起こってその余波までやったって感じかな。 安那ちゃんとにとりんが付き合い出す過程ってあんな感じで付き合いだしたけど安那ちゃんはどういうつもりだろう?っと原作読ん... …
2011-03-04 Fri 20:31 蒼碧白闇
 おしとやかでやさしい中学1年3組の二鳥修一、通称にとりん 女の子の格好にあこがれつつ悩みつつな放浪息子の7話目  14歳のある朝、鏡をのぞいた僕は自分の顔が変わったこ... …
2011-03-05 Sat 00:46 ピンポイントplus
 話が大きく展開しました    急展開の連続でした。  なんでいきなりこんなに展開させたのだろう、という疑問もありますが。  逆をいえば密度の濃い話ということになるのかな?  キャラ描写は今回もファインプレーの連続でした。  それでは今回の... …
2011-03-05 Sat 16:24 アニメを考えるブログ
くそぅ、この展開はさおりん好きには厳しすぎるぜ。もう少し、彼女にもっと優しい未来や将来が待っているといいな……。 …
二鳥は鼻の頭に思春期ニキビができてしまうことなどから、女の子になりたいとしても自分が男の子であることを意識せざるを得なくなっているようでした ジェンダーと色の関係から、揺れる赤、赤に染まれない葉の存在が二鳥の心理を反映させているかのようなのです ... …
にきび治療の解説しています。 …
僕は可愛い顔をしていたというのニトリが読んでると女子がわらいだす。マコちゃんとニキビが増えるという話をする。家に帰ると、アンナさんがいた。ニトリが肌きれいですねいう。ど... …
2011-07-28 Thu 20:14 ぺろぺろキャンディー
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。