まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
桃太郎、捨て身の作戦!モストーンの魔法の種を明かせ!「月光条例」 第141話
月光条例 第141話 01

それぞれの持ち味を生かしたコンビネーションが炸裂!!( ゚∀゚)o彡゜

こういうの見ると「マブカプ3」がやりたくなってくるな(えー

月光条例 第22条[千一夜の月] 47 モストーンVS鉢かづき、桃太郎、赤ずきん 読了~

3(+2)対1で重さの精霊モストーンに挑む!
血気盛んな赤ずきん!いきなり正面からモストーンに突っ込む!

赤ずきん「ぶおおお~!この赤ずきんが豚ちゃんを食べたげるよ~!!」

一瞬「孤独のグルメ」のゴローちゃんが乗り移ったのかと思ったw(えー
しかし正面から行ったら自らの重さを相手に与えるというモストーンの鼻息(魔法)にやられてしまうぅぅ!?

月光条例 第141話 02

赤ずきん「へーきだもーん。」

そういえば赤ずきんの目の中は異次元だった!w
りょーしさんとおばーちゃんによってタコ殴りにされるモストーンだったけど、モストーンの見た目とは違うすばやい動きに翻弄され、りょーしさんとおばーちゃんアッサリ死亡
その手はすぐさま赤ずきんを襲うも、赤ずきんは吸い込んだモストーンの鼻息をぶつけて回避!

すると、モストーンの動きがまた見た目どおりに鈍重になった!?これはもしや、、、!
そう感じた桃太郎が立てた作戦とは!?

月光条例 第141話 03

桃太郎「今こそ、日本一の桃太郎!暴虐の悪辣を退治してくれようぞ!」

  _ _   ___
 / ) ) )/ \  /\
 {   ⊂)(●)  (●) \ <よーし!桃太郎!
 |   / ///(__人__)/// \   やっと見せ場来たんだから派手に
 !   !    `Y⌒y'´    |  暴れてやれぇぇー!!
 |   l      ゙ー ′  ,/
 |   ヽ   ー‐    ィ
 |          /  |
 |         〆ヽ/
 |         ヾ_ノ

月光条例 第141話 04

            ,-、 ;;
         、,、-' 弋 ;;
    _,、-'     (
   ;;(_  il||l   il||l ヽ、;; ピク
    ;; ¨''、         ヽ、,_ ピク
      ヽ、    _,、―--、,__) ;;
        ;;ヽ  /      ヽ
.         ;; | .f         };;
        し| _#;;       ノ
         ;; .ゝ_____,、-'´

モストーンに無数の斬撃を加えるも、やはり一撃が重さが段違い。
しかし!桃太郎にはどんなキズをも治す「きびだんご」がある!!
再び立ち上がりモストーンに切りかかると、鼻息が!

月光条例 第141話 05

赤ずきんの異次元の目で吸収!
そう、桃太郎の立てた作戦とはモストーンの鼻息を出来るだけ赤ずきんの目の中に吸収して溜め込もうというもの!
鼻息を出したあとと吸い込んだ後ではモストーンの動きが極端に違うところに目をつけた桃太郎は吸収するだけ吸収して、モストーンが軽くなったところに勝機を見い出したみたい。

                ___
             /      \    
           /  ─  ─  \  <それ気づいてたわー。 
          /  (●) (●)  \  もう前回のうちに気づいてたわー。
            |      (__人__)     | 
          >        ̄`      <   
          /      ー‐       \
       /   、  ,.-―、         |
        |    | / 、  ヽ    |  |
        ,ヽ.  /  人 !i l |..、-―´⌒. |
_____|_\   /  |::rYロ::| ___/___
          ー   |::`^゙´:|

しかしこれはあまりにもリスクが高く、囮役となる桃太郎はヘタすりゃペシャンコになりかねない?(なったけどw)
鉢かづきが心配すると、、、
月光条例 第141話 06

桃太郎「呑舟殿に安全な高みの見物をしていてもらえるのなら、良いんじゃ、、。」

赤ずきんにそっと明かす桃太郎。こういう表で多くは語らず、やるべきことに全力を注ぐ姿こそまさにだぜ!

その真意を赤ずきんから知らされた鉢っちゃん。

月光条例 第141話 07

【速報】モストーン、ダイエット成功

桃太郎のもつ「きびだんご」はあと一つ、、しかしもう動く気力すらなくなった桃太郎にモストーンの鼻息が襲いかかる!こんな状態で重さの魔法を喰らったら潰れて死んじゃうぅぅ!?
後を鉢っちゃんたちに託した桃太郎は死の覚悟を、、

月光条例 第141話 08

鉢っちゃんと赤ずきん、間に合ったーー!ヽ(゚∀゚)ノ

月光条例 第141話 09

【超速報】モストーン、激痩せしすぎて瀕死
しかし、赤ずきんも目に溜めるだけ溜めたモストーンの鼻息がリミット限界まで来てるみたい!

そこで鉢っちゃんが赤ずきんに呼びかける!

鉢っちゃん「あの者の息を私めに全てあびせてくださいまし!」

月光条例 第141話 10

限界まで重くなった自らをモストーンの足に突き立てることによって、モストーンの足を縫い付けようと必死の飛行を続ける鉢っちゃんだったけど、、、もうあと数メートルのところで重さに耐え切れずに墜落、、と思ったら!?

月光条例 第141話 11

桃太郎「いよいしょおぉぉ!忘れないでいただきたい、、この桃太郎、、いつでも呑舟殿のお心のままに!

         ___
        /⌒  ⌒\         ━━┓┃┃
       /(  ̄)  (_)\         ┃   ━━━━━━━━
     /::::::⌒(__人__)⌒:::: \         ┃               ┃┃┃
    |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                       ┛
    \   。≧       三 ==-
        -ァ,        ≧=- 。
          イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
        ≦`Vヾ       ヾ ≧
        。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。

最後の数メートルを桃太郎がキャッチしてカバー!モストーンの足に全ての体重が乗った鉢っちゃんが突き刺さり悶絶!!
ってこの絵だけ見たらいろんな意味でヒドイ構図だなw

糸売


かなり濃い構成でバトル回の割に読み応え十分だった!w

たいていバトル回だと1話読み終えるのに時間はそうかからないんですが、今回はモストーンの魔法種明かし、桃太郎の作戦立案、実行、そして鉢っちゃんへの想い、とようやく桃太郎に見せ場が来てよかったなというのが第一印象だったですw

それぞれの持ち味を生かしたコンビネーションがまたバトルの展開のスピーディーさを演出しててよかったな。

しかしモストーンの体重が軽くなるってのまでは容易に想像はついたんですが、まさか鉢っちゃん自身にその重さを全て込めて、足止めにするとはねw

このままだと、鉢っちゃんはこの場に留まることになるのかしら?そうすると月光の条例執行の武器がなくなっちゃう!?

あと一つ気になるのは桃太郎の最後の一つの「きびだんご」。これは後々の伏線として使われそうだな。
いや、もう来週あっさり自分の回復に使って食べそうだけどw

初めての犠牲なしでの勝利!これはデカイね!!ヽ(゚∀゚)ノ

残る精霊はあと3体!


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)  <しつこい。
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ        ピコッ
.  ヽ        } ミ  /\  ,☆____
   ヽ     ノ    \  \ /     \
   /    く  \.  /\/ ─    ─ \<で、月光の出番はまだですか?
   |     `ー一⌒)  /   (●)  (●)  \
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ |      (__人__)     |
               \    ` ⌒´    /

気づけば「千一夜の月」編、あと3回で50回とか連載の1/3を締めてるじゃなイカ!w
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『放浪息子』 第8話 中学2年生編開始!二鳥くんは一体何人の女の子の運命を狂わせるのか、、、。 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | こんなところでも高速化の波が、、、。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。