まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
『Steins;Gate』 第14話 紅莉栖がヒロインすぎる(*´Д`)そして収束する世界への反撃に意外な人物が!?

            ___     _________
     ____,../     \   | |              |
    ノ   /           \ | |              |
  /   /                | |              |
 |     |::..             .::::| |              |
 ヽ     .-一ー_~、⌒)^),-、;;;;:::/|_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二   | |  |

『Steins;Gate』第14話、、
<シュタゲ14-001

うわぁぁぁぁぁぁいきなりゲルまゆ来たぁぁぁぁ!!!?:(;゙゚'ω゚'):
ちなみにこのルートは逃走中にまゆしぃだけ萌郁(SERN)に誘拐されて、タイムマシン実験に利用されてオカリンの形態にその末路(1960年だったかに飛ばされ新聞の記事にされている)として添付メールを送りつけてきたって感じ。

数え切れないほどのまゆしぃの死を見て、タイムリープを繰り返してきたオカリン、、。
萌郁たちの襲撃はなくても、何かしら違う形(刺殺、転落死、心臓発作?)で死を迎えてしまうまゆしぃ、、そう、、世界がまゆしぃを殺そうとしている

そして今度もまた、、、電車がダメなら車でと思ったら渋滞に捕まる。まゆしぃの懐中時計が止まったと同時にSERNの襲撃、目の前でまゆしぃが銃殺されラボへタイムリープするために戻る。

これはもう運命、、、、

オカリン「そんなものはないっ!」

普段から「運命石の選択」「機関」とか口走っていたオカリンに、余裕がなくなってきたな、、。まぁ当たり前だけど。
今まで演じてきた不敵なマッドサイエンティストの影が無くなり、岡部倫太郎という弱い存在に、、。

何度も繰り返してみてきたダルと紅莉栖の反応。オカリンのやつれっぷりがヤバイ(つД`)
8月13日のタイムスケジュールを全て把握しているオカリン、、、まゆしぃの行動、送られてくる紅莉栖のメールの内容、全てわかってる、、、なのに回避できないまゆしぃの死。
ならばと次に取った行動は、、、、萌郁、SERNへの先制攻撃!?

萌郁を「タイムマシンの情報」でおびき出し、1対1の状況を作ってガジェット1号「ビット粒子砲」を背中にあてがい脅すオカリン。

萌郁たちSERNによってラボ襲撃が行われることを未来からきた自分は知っているといって問い詰めるオカリン。

萌郁「ラウンダー、、、。任務、、IBN5100の回収、、、、。」

SERNの構成員・ラウンダーは結構うようよいるみたい。たしか無作為に選出されてたんだっけ。
そして「IBN5100」「Dメール」の存在、、結構ここらへんの大事なこと忘れてる人多いんじゃないかしら?

この世界線にはIBN5100はラボにはない、、なのに何故ラボが襲撃される!?

萌郁「理由は3つある、、、一つ、、君達は知ってはいけないことを知った、、。二つ、、タイムマシンを作り上げた、、。三つ、、世間に公表しようとした、、。」

すべて筒抜け!?何故!?

萌郁「全ては、、FBの指示による、、、。FBは私の、、すべて、、。」

その言葉を聞いた瞬間、後ろから襲撃にあい意識を失うオカリン。
目を覚ますともう19時半を越えようとしている!?車の中で囚われ身動きできない状態で萌郁たちのラボ襲撃を見ることしかできないオカリン。

オカリン「待ってくれ!頼む!まゆりを殺さないでくれぇぇぇ!!謝る!俺が悪かった!!別にSERNの何かを暴こうとしたわけじゃない!タイムリープマシンは渡す!知ったことは一切口外しない!お願いだ!何でもする!!ただの好奇心だったんだ、、遊びみたいなものだったんだ、、だから、、まゆりだけは、、ぁぁ。」

もう見てられないくらいに普通の人、弱い人間になってしまっているオカリン(´;ω;`)ウッ
心からの後悔がにじみ出てくる中の人(宮野さん)の名演、さらにやつれきったオカリンを見事に再現した顔芸的な作画、、、パネェ、、。

無常にも作戦は開始、、、ってオカリン囚われの身から脱出ww
ここらへんの甘さってちょっと笑えるんだけど、ラウンダーって別に戦闘集団ってわけじゃないから強いとは限らないってことか?

ラボ内ではまゆしぃが射殺された後、、、前にみた光景、、一目散にタイムリープマシンへ駆け寄るオカリン、、、ここらへんの描写あっさりしすぎてる感もあったな。

タイムリープ完成の宴の買出し前に戻ってきたオカリン。

オカリン「もうたくさんだっ!!!」

発狂寸前のオカリンはタイムリープマシンを壊そうとするも、、出来ない、、これが壊れたらもうまゆしぃを救うことは出来ないんだから。

不思議がるダルたちだけど、やっぱり紅莉栖はすぐに変化に気づく。

同じタイムテーブルをまたなぞることしかできないオカリン。
ルカ子のもとへ行くとまゆしぃが帰った後、、、でもオカリンはまゆしぃが何をしに、どこへ行って、宴を楽しみにしていたことを知っている。

弱りきったオカリンを見つめるルカ子の視線が、、、、かわいいな(ハァハァ(←

何もできないまままた時間だけが過ぎていく、、、18時、、、あと2時間もない、、。
もうこのまま自殺しちゃいそうなくらいに塞ぎこんでいるオカリン、、とそこへ紅莉栖が!?

今までにない展開!?

オカリンは思わず「紅莉栖」と本名で呼ぶ、、もうオカリンの心は1mmの余裕もない、限界寸前なのがわかるな、、。そしてそれで紅莉栖は確信へ変わる。

シュタゲ14-002

紅莉栖「何があった?いや、何が起きる!?あんた、、タイムリープしてきたんでしょ?」

誰にも理解されるはずがない、タイムリーパーとしての孤独からやっと解放されたのか、オカリンは涙を流して全てを紅莉栖に打ち明ける後悔ばかりが残る、、、そんなオカリンを励まそうと

厨二な紅莉栖

紅莉栖「私だってまゆりを助けたい。ほら、狂気のマッドサイエンティスト、世界の構造とやらを作り変えるんだろ!?無論だ!フゥーハッハッハッハッ!!

        / ̄ ̄\  <おまえだろ。 
      /       \      ____
      |:::::     u  |   /      \ ハァハァ
     . |:::::::::::u    |  / ::/::::\:::   \<紅莉栖の可愛さ、、   
       |:::::::::::::: u  |/   <●>::::::<●>  \  真のヒロインたる輝きを
     .  |::::::::::::::    } | /// (__人__)///   |  放ってきましたな!
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \   誰だよ!最初作画変とか  
        /:::::::::::: く    | |         |  |  いちゃもんつけてたのは!
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

助手が可愛すぎて宇宙がヤバイ!!( ゚∀゚)=3
このオカリンの真似のシーンの作画で最初からやってれば紅莉栖の人気は最初から高かったはずw
てかマジかっけぇぇ!ww

オカリンの厨二設定何のためにあるのか、そしてそれがどれほど大切なものかを思い知らされる時が近い!

オカリンはもう一人じゃない!握手のシーンで泣いた!(´;ω;`)ウッ
孤独じゃないことの安心感というかね、、。

ラボ。
なんかもくもくとピザ食べてるまゆしぃたちがシュールだなw

襲撃される前に今後の対策を綿密に練る紅莉栖とオカリン。
タイムリープ後、パーティーを中止にし、すぐに紅莉栖に事情を話せば多分納得する、とか。

紅莉栖「私のことは私が一番知ってる。そもそもタイムリープマシンを作ったのは私なのだぜぃ?(`・ω・´)b

         ____、′     、 ’、  ′
       /      \     . ’      ’、
      /  ─    ─\ 、′・” ”;  ”  ’、
    /    (●)  (●) \  ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
     |       (__人__)  ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
     \      ` ⌒´ ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′
    ノ          、 ’、 ’・ 、´⌒,;y':::::::::;;;;;ノ、"'人      ヽ
   /           〃  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ
  (    ヽ、     ,.γ ー( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
   |   ヽ     γ⌒ヽ)ニ`:::、 ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ

今回で紅莉栖派に流れた人増えただろうな~w 仕草や言動が可愛すぎだろw
ルカ子好きなオレでもエッチピストルもしもしされちゃったよ、、(ハァハァ

一応キーワードという合言葉を決めておくという紅莉栖。

「私が今一番欲しいのはマイフォークである。」

そしてタイムリープに向かうオカリン、、

紅莉栖「、、、、5時間前の私はさ、、知らないんだよね、、あんたが私を『紅莉栖』って呼んでくれたこと、、。」

うわぁぁぁぁ切ねぇぇぇ(´;ω;`)タイムリープをするということは、その事実はなかったことになるんだよな、、これからその「なかったこと」になっていく数々の神展開を思うだけで目頭が熱くなるな、、、。

シュタゲ14-003

再び9月13日14時すぎ。
タイムリープ完成目前の時間。見慣れた光景、何度も聞いたやりとり。そして程なくしてタイムリープマシン完成。

オカリン「実験はしないっ!」

不自然すぎる切り出しワロタw
なんとか理由をつけてその場をごまかしたけど、、、解散させたあとに再び紅莉栖にメールを送って呼び出すオカリン。
ぼくも牛丼屋さんで女の子と待ち合わせしたいです。

オカリン「実はな、、オレは5時間後の未来から来た!」
紅莉栖「はぁ?何そのバカっぽいセリフ。はいはい、ワロスワロスw」


      / ̄ ̄\  <瞬時に理解できるわけねーだろ、、落ち着け。
    /   _ノ  \          _
     | u  ( ●)(●)   ____\\     
.     |     (__人__)  /:::\,三_ノ \\\ <なんだよこの女!!  
     |      ` ⌒´ノ/ノ( ●)三(●)\\\ さっきまで可愛いと思ったオレがバカ
.     |          /::::⌒ ⌒(__人__)⌒ \f⌒ヽ、 だったよ!
.     ヽ        |::::::::::::::::  ` ⌒´  u  | | \ソ
      ヽ        \::::::::::          ,/_ |   |
     /  ̄\   /⌒ .ヽ         i    丿
      |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄´
        \ .  |   / /        |

全然話が違うじゃねーかww 何が自分のことは自分がよく知ってるだよww

何言っても信じてもらえない、、そう!こういう時のためのアレ!

オカリン「おまえが今一番欲しいのは、マイフォークである。」
紅莉栖「!?


やっと信じてもらえたw そして紅莉栖はタイムリープマシンの理論完璧であったことを嬉しがる、、これが彼女の将来に繋がると思うと胸が締め付けられるな、、、

と、その会話を外で聞いていたのは、、、、鈴羽!?

これから起こること、試したこと全てを話すオカリン。
ラウンダーの存在に関係なく、まゆりの死によって結末を迎える8月13日、、死という結果に対する原因が何なのか、、まゆりが生まれたという原因が死という結果に繋がる、、、寿命ということか?

運命論、普段のオカリンであれば飛びつきそうなネタだけど、今はそんなもの信じたくない。そして紅莉栖はもっとそういうのは信じない。

オカリンは「タイムリープマシン」を作ったことがまゆりの死の原因と思うも、紅莉栖は短絡的に決め手は危険といって制すと

鈴羽「牧瀬紅莉栖の言うとおりだよ。」

鈴羽さん登場!?この周回は明らかに展開が違う!オカリンと紅莉栖が話合うというだけでここまでも変化するのか!?

鈴羽「タイムリープマシンが無ければ解決するなんていう簡単なものじゃない。世界を救うにはたどり着かなければいけないんだ、、、ダイバージェンス1%の壁を越えて、、。β世界線に、、!」

ついに物語のゴールが見え始めてきた!?無限のループから抜け出すための唯一の道!

てかダイバージェンスメーターってこんなにでかかったの!?w てかかっけぇなw
今、この世界線がどの位置にあるのかを数値化したものらしい、、作ったのは、、オカリン、、だと!?

世界線を移動したときに前の世界線の記憶を持ち続ける「リーディングシュタイナー」の能力を持つオカリンによって未来で作り出されたものだとか。ん?未来、、?鈴羽さん、、あなたって、、。

ロープを使っての世界線の説明、わかりやすくていいね。
1本のロープは細い糸の集合で出来ている、その1本ごとの糸は互いに干渉はしないけどそのロープの最後、行き先は全て同じまゆりの死α世界線
でももう1本のロープ、違う世界線では違う結末がある、、、そこがβ世界線。

ってそのロープを使ってスイスイ上に登っていく鈴羽さんは明らかに訓練されてるな。
とあるビルに侵入して中から鍵を開けてオカリンたちをある場所へ連れて行く。

普通、α世界線とβ世界線の行き来はDメールやタイムリープでは不可能、でも可能なときはある

世界に大きな事件が起きて、その選択によって未来が変わる世界線の分岐点の年がある。

1991年の湾岸戦争、2000年問題、そして2010年タイムマシン開発、、、

そして連れてこられたのは、、ラジ館の8階、、あの人工衛星のようなものが墜落した場所!?

鈴羽によって開かれる人工衛星のようなもののドア(?)、、、これは!?

鈴羽「タイムマシン、、あたしは、、2036年から来たんだ、、。あたしがタイムトラベラー、、ジョン・タイターだよ。」

糸売


さぁさぁ、伏線回収の神回の連続がいよいよはじまってまいりましたよ!?( ゚∀゚)=3

鈴羽の正体なんてのは割りとわかりやすいというか只者じゃない伏線はありましたしな。

時代遅れ(?)な「オッハー」とか、花火を知らない、タイターとのやり取りのあとの「どこがわからなかった!?」、探しに来た父親の名前がバレル・タイター、オカリンに「さよなら」した世界線での人工衛星(タイムマシン)消失、紅莉栖への執拗な敵意(ここらへんまだ明らかになってないけど)

何気に@ちゃんねるでのジョン・タイターの声が男にしてあったのはミスリードを誘ういい改変だったなぁと思いますね。(原作は掲示板の文字のみだったと思う。)

今回は物語の核心に迫る部分も実はクローズアップされてて、原作プレイ済みの人にとってはヒヤヒヤもんじゃなかったのではないでしょうか?w
その大事なことを忘れるようにするような展開の仕方が上手くて、そしてそれを思い出したときの絶望感、、それを味わってもらうのが楽しみでなりません(←悪趣味

だからこそ今回の紅莉栖の可愛さは反則すぎる!
プレイ済みの人にとってはただ「可愛えぇぇ!!( ゚∀゚)=3」だけじゃない何かを感じたはずですよな(´;ω;`)

そしてオカリンの永遠につづくとも思われた絶望の時間一旦ここで終了(だったと思う。うろ覚えw)、反撃の時は近い!!(`・ω・´)

紅莉栖マジヒロイン

                   ______
             /             \
            /  ´ ̄`    ´ ̄` \<しかし紅莉栖の可愛さハンパなかった。
           /   ,. ― 、     ,. ― 、   \ 厨二な助手の世界線の特別編
         /    ( ● )   ( ● )   丶  とか作ってくれないかしら、、。
          |      ´"''"     "''"´      | 
        _|   /// {     人     } ///  |  フヒヒ…
      /´: : :\     ゝ-ィ´  `"j- '′   /
       |: : r: :  丶.       |.r-‐''"     /
       |: : |: : : : ,/ `゙'' ―U ――  '' "´ ヽ
       |: : |: : /         r―――──―─―─――――‐
       |: : : :/          |  r―――――――――――――
      ヽ_ /   ―-、      ||レ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        レ′ ,. -=┴-、    |||
      {   /      ト、_|||              ,.-―-、
      _ト、人    {、 r勹l三|||          /    ヽ
    l\     `ー=ぃ┸' \|||  i i i i   ___,| r――、l__,  i i
    | \        ))    |||  | | | | ( (0) | |     l |(0 )) | |

あ、「比翼恋理のだーりん」全然進めてねぇ、、、w
関連記事
別窓 | [放映終了アニメ]Steins;Gate(11年4月期) | コメント:3 | トラックバック:3 |
<<センセイとの奇妙な関係、、そして新たな出会いはチルチルに何をもたらす?「月光条例」 第157話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『ゆるゆり』 第1話 とりあえず\アッカリーン/が不憫すぎて笑え、、泣けるw 中身はタイトルどおりだね。>>
この記事のコメント
[]
序盤いきなりげるまゆとは想定外……
説明もなくサラッと絵だけ出てきたのでヘヴィさというかトラウマ度はあんまりなかったかも?w
しかしまゆ死ループで疲れ果てたオカリンは本当に普通の人ですよねぇ。
だからこそ応援したくなるんでしょうけどね。

後半の助手タイムは凹んだ視聴者にとって久々の和むシーンでしたね。
荒ぶる助手のポーズ!は指先がしっかり伸びてて本家よりかっこよくてワロタw
その後の「多分信じる」→「何言ってだこいつワロスワロス」の流れはさらにワロタw
気合の入ったぬるぬる良作画と相まって助手の人気は鰻登りやで!

そしてまた一転してシリアスな考察場面にバイト戦士割り込み。
ダイバージェンスメーターというかニキシー管は本物はお高いらしいので、
Windowsのデスクトップガジェットのニキシー管時計でふいんきを味わえますよ!w
ロープを使った世界線の説明はわかりやすくてよかったですね。
その分、α世界線からβ世界線に移ることが簡単でないことも予感させますが……

人工衛星と思われていた物、そしてバイト戦士の正体はあっさり明かしましたねw
いろいろヒントは散りばめてあったので予想していた人は多かったみたいですが。
次回予告でピンバッジも出ていましたししばらくはバイト戦士メインのお話ですね。
あの手紙も近づいてきましたな、今から心の準備をしないとヽ(´Д`;)ノ
2011-07-07 Thu 23:05 | URL | pon骨 #toYQNv1U[ 内容変更]
[]
岡部倫太郎という主人公は、鳳凰院凶真という強力なキャラクター性を付与されて、同時にそれを剥ぎ取ったときにひどく無個性な、普通の人になる。そしてこのころには、感情移入が出来てる。結果、恐ろしくリアルな、生の感情を主人公と共有できる。

そしてもう一度…いや、これはまぁ言わなくてもいいか。

そして助手可愛いよ助手
助手さえいれば世界にだって立ち向かえる!
2011-07-08 Fri 15:29 | URL | #-[ 内容変更]
[]
>pon骨さん
 コメレス遅れて申し訳ないっす!(´・ω・`)

厨二病じゃないオカリンのなんと普通の青年か、、それがまた感情移入度をぐっと押し上げてくれますよね。

助手の見せ場を個別ルートに入っても見せてくれているのが一種のサインのように感じてきました(19話現在)。

アニメならではの改変、解説はならではで良いですね~。

>名無しさん
 コメレス遅れて申し訳ないです(´・ω・`)

もうおっしゃるとおり、何も付け加えることはありません!!(えー

紅莉栖マジ頼れる助手!( ゚∀゚)=3
だからこそ、、近づくあの運命の時に、、(;´Д`)
2011-08-11 Thu 06:55 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
今回は牧瀬紅莉栖さんが ますます可愛く見える回でした!! 今井麻美さんの演技も相まって、可愛く感じます。 そんな彼女が発した「2ちゃん」の言葉が特に印象的でした。 オカリンと彼女の関係もこの作品の魅力の一つです。 だんだんと、食い入るように作品を見 …
2011-07-07 Thu 07:08 失われた何か
オカリンと助手は繋がった…2人とも頑張れっ! …
2011-07-08 Fri 00:08 ジレンマな日常
世界中が敵意を持って襲ってくる。 どこにも逃げられない。 そんな運命ってある? どうやっても大切な人を救えない、そんなの悲しすぎる(´;ω;`) 美しい姿をして残酷に迫ってくる世界。 運命が追いかけてくる恐怖と絶望。 それでも戦わなければいけない責任... …
2011-07-08 Fri 17:23 空色きゃんでぃ
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。