まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
想いを隠して全てを敵に回す、、、でもアイツはどうなった!?「月光条例」 第190話
月光条例第190話01

あぁぁ、、みんなが月光を蔑みの目で見てる、、、

月光条例 第22条[千一夜の月] 96 後始末 読了~

「全部、分身がやったこと。知らぬ、存ぜぬ、だからどーした」

月光ははだかの王様、天道、イデヤの問いつめにも無責任な男として振る舞い次第にみんなの視線が冷たくなってゆく、、、

月光条例第190話02

その様は<魔法の鏡>によって映し出されていたそんごくうら他のキャラクターにも見られていて、どんどん月光の評価が落ちていく、、。

でもこの時、藤木さんと工藤さんの二人だけはこの月光の姿に「?」マークを浮かべている表情のようにも見えますな。

と、コマの後ろで絵姿女房が条例執行しててワロタw 強いの?この人w

月光条例第190話03

これにて全ての『アラビアンナイト』のキャラクターたちの月光条例執行が完了。

なんか精霊たちがやたらとファンシー
お礼を言って別れを告げる『アラビアンナイト』のキャラクターたちの中、やっぱり藤木さんと工藤さんは月光の様子に違和感を感じていたみたい。

月光条例第190話04


        / ̄ ̄\ <まだ決まったわけじゃねーだろ。  
      /       \      ____
      |:::::     u  |   /      \ ハァハァ
     . |:::::::::::u    |  / ::/::::\:::   \ <そろそろ工藤さん回をはよ!  
       |:::::::::::::: u  |/   <●>::::::<●>  \   露さんなんでしょ?
     .  |::::::::::::::    } | /// (__人__)///   |   
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \    
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

月光の立場復権の鍵は工藤さん、藤木さんら<読み手>にかかっているかも知れない。って天道はもう思いっきり月光のこと見損なってたみたいだけどw

月光条例第190話05

駆けつけたそんごくうによって<透明の鎖>で縛られてしまった月光。

<長老会>の裁きが下るまではどこまでもこの鎖が伸び、月光の動きを制限するんだとか。
さらに<キャラクターとしての力使用不可><魔法使用不可>のおまけつき。
もはや他の世界に飛ぶことすらできないってことは露探しの旅も無理ゲー状態

月光条例第190話06

みんなの視線が冷たくなっていく、、、シンデレラですら、、、

でも、それでも月光の悪態を信じたくないといったキャラクターもいた。

赤ずきんと一寸法師。

月光条例第190話07

月光「くくっ、、分身と本体は考えることは似たりよったりよ、、ザンネンだがな、おめーらの見立て違いだな。」

全てを敵に回そうとする月光の演技を見るのがつらい、、、

そしてそれを見ているミチルはもっとつらいんでしょうな(´;ω;`)ウッ
自分がチルチルの代役として月打され、ヒドイことをしてきた今回の騒動の黒幕なのにすべて兄のチルチル=月光が罪を背負うという。

別れ際に月光がミチルに言ったことは、、

月光条例第190話08

月光「ミチルにゃ罪はねぇんだよ。ただ、、オレが寄り道して、、いつまでも『本』に帰らなかっただけだ。」

理由がどうあれ、今回の事件はコトがでかすぎて犯人はただじゃすまないことはわかっている。

月光条例第190話09

だから自分のせいでミチルが罰を受けて、そのまま『青い鳥』の中で鎖につながれたミチルをつれて青い鳥を探しにいくなんて到底できるわけがない。

兄、チルチル=月光を残して『青い鳥』の本の世界へ帰っていくミチル、、、それを確認した月光は安心したような表情。

そして月光もまた大犯罪者として、そんごくう、はだかの王様ら長老たちに引き連れられて<読み手>の世界で裁きを受けるために帰ることに。全員で

月光「全員で、、と言ったかよ。、、、それなら一人忘れてるな。」

その一言で思い出したのは<読み手>の工藤さんたち。

連れ戻してくるという月光に警戒する長老たち。

月光条例第190話10

月光「オレにさわるんじゃねぇ!!」

演技でない心からの叫びの前に月光を誰も止められない。
そして取り残されたアイツのもとへ!

月光条例第190話11

月光「ミチルの<月打>は解けた!なら、、「石化の呪文」はナシか?てめぇ、、どうなってんだよ、、エンゲキブ!?」

糸売


あー、ここからまた1年くらい月光が孤立無援な展開を描くわけですね、わかります(えー

主人公の立場が失墜していく展開は藤田作品ではガチの王道展開っぽいから、ここからの復活のカタルシスを味わえるのかと思うともっと月光をいじめてください!とも思うんですが(ひどい

でもまぁ工藤さんや藤木さん、一寸法師や赤ずきんみたいに月光の演技だと思っている節のキャラクターもいるからそんなに長く続かないかな

何よりエンゲキブが月光のこの悪態つきをみたらゲンコツ一発で見抜きそうだわw

エンゲキブの石化は解けていると思うけど、この前消えたフードの人物の動向が気になる。
コメ欄でも指摘があったように工藤さんが露説はミスリードで、エンゲキブが露でそれを連れ戻す月の使者みたいなのがフードの人物で、エンゲキブが連れ去られたり?

前回のコメ欄にて指摘のあった自分で自分に条例執行がお菊たちの願い「自分で自分を救う」を叶えていたんじゃというのは面白いですね。何かの暗喩であったりするかもしれないし、あのシーンはいろんな意味が込められていたのかも。

しかしまぁこれで長かった<千一夜の月>編の終わりが見えてきた。
最後はやっぱり<かぐや姫>編かな?
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『偽物語』 第11話 待望のバトル展開!忍大人Verかっけぇぇ!でも阿良々木さんフルボッコでスプラッタすぎるwww | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『あの夏で待ってる』 第10話 みんな失恋を経験して成長しているとき、海人は大人の経験を・・・(゜ω゜#)ピキピキィッ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。