まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
月光たちは希望の光?カグヤの両親から語られる<月の向こうの世界>とカグヤの真実 「月光条例」 第211話
月光条例 第211話 01

なんかこのクリーチャーみたいなの見て「3×3EYES」のルルを思い出したw

月光条例 第24条[かぐや姫] ⑮ 月の向こうの住人 読了~
まさかの最初に出会った月の向こうの住人がエンゲキブ=カグヤの父親ww
急展開にも程がある、、とか言ってる場合じゃなく、なんかクリーチャーみたいなのが襲いかかってきた!

月光「いや、、なんか、、オレ一人でイイや、、。」

月光条例 第211話 02

                        ___
                      /     \
           \\\   /  _ノ  \ \ <うひひーっ!なんかオレ
               /\ /  /゚ヽ  /゚ヽ \  一人で良くね!?ww
             (.  ヽ\     (__人__)   |  
              \..ヽヘヽ  |'| ⌒´   _/
              ・  (:::  ソ ・.  U     ⌒)
              ・ ` イ  ” ∵       /
            _   | ¨ 〟     / /
          /  \  |    \\\ / /
         _/     \|     (.  ヽ\ :  ・ ドカバキメフメフ
       /´   \   /   ・ \ ヽヘヽ ∴
       ゝ_/ ̄\\/     〟 (:::  ソ□■□ ¨
        /     /       、__   ; □■□■□
      (___へ   {      /ヘ      (. .;;□■□■□■  <ちょっ、まっ
            \____/  \     { ,ー;..□■□■□
           ξ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      {( ̄人■□■□"゙|
                `υ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(○)..;_.;■;;.#;;メ;;.| 
                          ヽ  ;;.;#.:;.;.メ;.;./
                           \___/

月光強すぎワロタw
だいたい月光の動きを制限するはずの「透明の鎖」が全然役割果たしてないしなw
クリーチャーの中からは人型をした<月の向こうの住人>が。アレ、だったのかよ。

そんな月光に天道もさすがにあっけにとられ、鉢っちゃんは、、

月光条例 第211話 03

これまでに月光が時折見せていた素手によって敵をねじ伏せる力には自分との<極印>によって得られたパワー以外の何かを感じていた。

エンゲキブの親父「何かあるのはあなたたちも同じでしょう。」

月光はともかく、天道や鉢っちゃんからもが出ている、、だと!?

こっちの<月の光>を浴びると逆に力が抜けてしまうのは、月の客たちが<月の光>を溜めた特別な仮面をつけているからだとか。

しかし月光たちの放つ光は、、

          , 、、  ,,   
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ', <墓場の下から
       ;  /( @)三(@)\  ;  人が無数に這い上がって
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;  きたぁぁっ!?
        |  u   |r┬-|  u  | ;  
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   怖すぎだろ、おいぃぃ!!? 
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;   
 、 ( ̄                |  ;
     ̄ ̄ ̄|               | ;

月光条例 第211話 05

エンゲキブの父親「あなたたちの『光』こそ死にかけた私たちを救う『力の光』。あなた達はその『光』を発しているのです!」

以前、赤ずきんが<読み手>を「おひさま」だと言って、見られると力が沸くみたいなこと言ってたけど<読者パワァ>とは違うのかな?ここじゃ鉢っちゃんも含まれているからなぁ。

月光たちの光を浴びて復活した人たちの中にエンゲキブの母親もいて、二人に連れられて家にいく月光たち。

月光条例 第211話 07

月の向こうの世界では、
・人々は思考を飛ばすだけで会話し、実体と透明に体を自在にし、世界中を一気に移動できた。
・「死」という概念はなく、肉体は滅びず。
・生まれて増えるものがいても新しい天体を作っていった。


って最強すぎじゃね?w
しかしその「完全」も永遠ではなかった、、、

月光条例 第211話 08

:::::::::  :::    :::      ::::::::  
.::::::::  ::::   ::    ::::   :::::   
 ::::::  ::::    ___::   :::::  ::::::::  
 :::::  :::  /     \  ::::  ::::    
 ::::   ::/:::.   ─  ─\ :::  ::::  :: 
 ::::  /::::::  (_)  (_)\  :::: :::::   
  ::::  |::::::::    (__人__)   | :::::  : 
   ::: \:::::     ` ̄´  ,/ ::::: ::::::   
  :::   /     ー‐    ヽ ::   :::: ::   
::::::::::::/ :::    :::      ヽ  :::::: 

ニート状態が長すぎて生きる気力が無くなったわけですね?(えー

「止」んだ者、、、動けなくなった者は、生きているかも確認されずに「墓掘人」によって埋められる、、、この「止」はここの住人にとって初めての経験だとか。

月光条例 第211話 10

この地にあった「青き太陽」が突然、その輝きを失い、か細くしか光が届かなくなった、、。

「青い月」と対をなすものが出てきましたな。

月光条例 第211話 11

そして<月の向こうの世界>の住人たちはその太陽の「光」を体に取り込み生きている、、、食べ物は一切口にしないとか!?

だから月光たちが放つ<力の光>を浴びて、あの「止」んだ者たちが復活したのか。

なんか無機質っていうか「完全」ってのは面白みのない世界ですなぁ、、、

鉢っちゃんが「私、、いえ、<読み手>のお二人が地上に届く太陽の光を体に蓄積している」ってところでわざわざ自分を省いたところが気になるな、、、

エンゲキブの両親たちの家に着くと、そこは寒々しい荒涼としたところだった、、。

月光はオオイミ王に会って、エンゲキブがここに戻ってくることが幸せになると聞いたのを確認しにきたというと、、、

月光条例 第211話 12

号泣すぎワロタw

しかしそれだけなにかしら無念を抱いていたのだろうな。

月光条例 第211話 13

エンゲキブの父親「なりません、、なるはずがありません!お話いたしましょう、、オオイミ王が、幼い娘にいかなるをきせたかを、、」

そして、エンゲキブの過去が語られる・・・

糸売


なんか「うしおととら」の白面の者とジエメイ、ギリョウの兄妹みたいな、全ての原点を語られるような展開がやっときたなって感じですな

「青き太陽」が無くなったことが罪に関わってくるのかな?
そもそもオオイミ王たちは光を浴びずにどうやって<止>なずに生きているのか?

光で生きるってなんか植物みたいだなw

月光の見せる<極印>を受けたとは別の異常な力と、天道たちの放つ「力の光」別のもの
<力の光>が地上のものすべてにあるのだとしたら、工藤さんら<読み手>は全員戦力になるな!

月の向こうの住人とおとぎばなしの住人って、共通点が多いかも。
太陽の光を浴びないと、<読み手>=おひさまに見られないと死ぬってあたりに何かを感じずにはいられない。

さーて、一番の鍵となる「カグヤの過去」編は一体何話かかっちゃうんでしょうな!?ww

関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ソードアートオンライン』 第9話 もうキリトさん一人でいいんじゃないかな、、ようするにネトゲのレア能力持ちは妬まれるから気をつけろ! | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『氷菓』 第19話 ニヤニヤしながら壁を殴るアニメなんて初めてだよ、、もう奉太郎もえるちゃんも早く結婚しろよ!(血涙>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。