まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
明かされるエンゲキブの過去、カグヤの1000年に及ぶ罪とは!? 「月光条例」 第212話
月光条例 第212話 01

カグヤの過去編で何話かかってしまうのん?w

月光条例 第24条[かぐや姫] ⑯ カグヤの罪 読了~
に包まれたエンゲキブの過去が明らかに!両親から語られた1000年前の話、、、、

月光条例 第212話 02

        / ̄ ̄\<おまわりさん、こいつです!
      /       \ ___
      |:::::       |/     \ <あなたのところの娘さんは
     . |::::::::: U   |:⌒  ⌒   \ 私の嫁に選ばれました。
       |::::::::::::::::    |●) (●)    \ とりあえずもらっていきますね。
     .  |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
     .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
        ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
       (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
-―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

ロリかぐやかわえぇぇぇ(*´д`*)ハァハァ

父ちゃんが図書寮の役人ってところに何やら因縁を感じますな。

そんなこんなで平和で裕福な日々を過ごしていたところへ、オオイミ王子(当時)に見初められ、

月光条例 第212話 03

<光の受け手>として優れたカグヤ・スズアカ・アナニエは次の王である王子、オオイミ・クラギエ・モトナルの許嫁と成す!
                       ___ノ L
                  /\ / ⌒.     <9歳で許嫁とか!
   / ̄ ̄\       / (●) (●) \       このロリコンめ!!
 /   _ノ  \    /    (__人__)   \  
 |    ( ●)(●)  |       |::::::|       |    
. | U   (__人__)  \    l;;;;;;l    / l!| !
  |     ` ⌒´ノ  /    `ー´    \ |i
.  |        } /           ヽ !l ヽi
.  ヽ         } (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
   ヽ     ノ ̄ `ー、_ノ ̄ ̄ ̄ ∑ l、E ノ <
   /    く.\               レY^V^ヽl"
   |     \ \                     \
    |    |ヽ、二⌒)                   \

発音が難しいとかいってたからどんなもんかと思ってたけど、思いつきで出た言葉をつなげたみたいな名前だなw

光の良き受け手・カグヤがオオイミ王子の嫁になったことは世界の条理にして原則「正しい真実」、などと意味不明な供述を行なっているオオイミ王。

嘘をつくことで争いが生まれ続いた歴史のあるこの世界では、嘘はすべて悪、真実のみが正義という道徳観が普通みたい。

だから月の向こうの世界の住人にとって、作り話である<おとぎばなし>は憎しみの対象であり、重い罪ともなるんですな。

月光条例 第212話 04

だからこの世界には<おとぎばなし>は存在しない、、。

それどころか「神話」「絵物語」「演劇」といった物語と考えられる全ては虚偽の創作として厳罰の対象となるんだとか。

天道のアニメゲーム好きのカミングアウトうるせぇw
「おじゃ魔女」「ハレグゥ」「ゴーカイジャー」の伏字はしなくてよかったの?w

存在するのは現実の記録、哲学、実用書、教訓をともなう実話、、、


        / ̄ ̄\ <おまえは触れすぎてダメに
      /       \   なった大人の代表だがな。        
      |::::::        |                   
     . |:::::::::::     |        ____       
       |::::::::::::::    |       /     \ <あ~こりゃ退屈で      
     .  |::::::::::::::    }     / ⌒   ⌒   \ 死ぬわ~、、
     .  ヽ::::::::::::::    }     /  (ー) (ー) /^ヽ 子供のころに娯楽作品
        ヽ::::::::::  ノ     |   (__人__)( /   〉| に触れられないとか
        /:::::::::::: く     \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ ダメになっちゃうだろ。
-―――――|:::::::::::::::: \-――――――――― \ _ _ _ )

月光条例 第212話 05

唯一の娯楽といえるものは月に重なっている門から地球で起きている戦争や貧困、嘘を語らぬ真実を見ることだけ、、、って悪趣味にも程があるな、おい、、、。

だからそこそこ地球の文化や歴史に理解はあるみたい。

そして、1000年前のある日を境に起きた異変、、、青き太陽が光を弱めていき、それを生きる力としていた住人たちはどんどん衰弱していったとか。

もちろんカグヤ一家も例外でなく、空を飛べるようなものはいなくなってた。

残された生きる糧は「水」のみ。

半日並んで手に入れられる水は一口だけ、、、カグヤの両親は衰弱で動けなくなっていてその水を飲むことすらできなくなっていた。
そんな両親のためにカグヤが並んで水をもらってすべて分け与えていた、、カグヤも飲みたいはずなのに!

月光条例 第212話 08

カグヤ「あたしねぇ、お水、、いっぱい飲んだよ、、、。」

月光条例 第212話 07

両親を安心させようと小さな心で考えた小さな嘘、、、、

月光条例 第212話 09

他の誰も傷つけないたったひとつの嘘の『おとぎばなし』をカグヤは作り上げた、、、、しばらくしてオオイミ王の耳にそのは届いてしまう。(念話で?)

月光条例 第212話 10

オオイミ王に言いつけられた罰は「汚れた地上にて1000年の間、生を繰り返すこと。」

     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \
  /: : : :            \<カグヤのこんな優しい嘘の一つも  
/: : : : : :                   \  許されないとか、、、
: :  ___              /   \  朝○人ばりに分かり合えないやつら
: : : : : :\_____,ノノ ソ ((,,,/_ _     l  だな・・・
: : : :;;((_(|)_))ノ::::ノヽ:::( (_(|)_) );;:::   |
: : : : :   ⌒ _ノ "''"´     ゙゙     l
: : : : : : . . (    j    )       _人_人_
\: : : : : : :. {ー-‐'´`ー-‐/'′   /| ギ |
  ヽ: : : : : :{ソヘノ' ―ー_( : : : :ーイ< リ  {
: ーイ : : : : : :  ̄ ̄ ̄”^       | ッ  ゝ
                    へwへイ

しかしオオイミ王は月光に「この地に帰ってきたら幸せになる」と、、「正しい真実」を語るやつの言葉はなのか?

月光条例 第212話 11

しかしどうやらカグヤの両親が言うに、その「幸せ」は「恐ろしい真実」であるみたい、、、この先にどんな地獄絵図が待っているのか、、、?

糸売


あら、1話で片付いちゃったw

しかしまぁ「嘘」が許されない世界とか息苦しくてかないませんなぁ。
「正しい真実」とか文字にして書き起こすだけでなんか宗教的な匂いプソプソして理解するのを脳が拒絶してしまいますわw

カグヤが<光の受け手>とあったけど、どんな意味があるんだろ?
そもそも婚約して王室に入るのに、青き太陽が光を失っていったときにオオイミ王はなんで助けてやらなかったの?オオイミ王は全然弱ってなかったじゃん?
てかオオイミ王のあのセンスのなさはなんなの?(怒)


                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \
                |    ( ●)(●)<最後は全然関係ねーだろ。
                   |     (__人__)
                 |     ` ⌒´ノ
                    |        }
                 ヽ         }
             \ /⌒      /
              \   ゞ        /
               \丶          \
           \/  、\    ’、
           \ (  \ヾ 、′・”        ’、
            \\  , -─´⌒ヽ ’).    .;_ _ ”  ’、
       _ ,. -‐\ ./ ( _i _i_ト、__)’、 \ ’、′”;
____/     ,/ .’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.ヘ /  ” ;  ’、′
| |   /   ,    /   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y' ⌒ ;);;;;;ノ、./"'人      ヽ
| |  ,/   /    |:::..     、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;;  ,,)/⌒ ;; :) )、   ヽ
| |  | ⌒ nnn  \:::::::.....,.从人( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
 ̄  \_、("二).W.V l二二l二二:::、  .,ノ  ...;:;_)|_..::ノ  ソ ...::

カグヤがこっちの世界に戻ってきたら<光の受け手>としての役目が両親の言う「恐ろしい真実」ってのになるんだろうな。
<おとぎばなし>の<消滅>と何か関係ありそげ。

過去を知った上でエンゲキブというキャラクターを見直すと新たな発見があるかも?
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ソードアートオンライン』 第10話 女をかけてのデュエル!深まる絆、そして、、、ようするに18禁MMO最高!( ゚∀゚)o彡° | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『氷菓』 第20話 初詣デートで密室閉じ込めイベントとか、、、(・ω>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。