まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
『リトルバスターズ!』 第6話 小毬ルート完結!様々な伏線が一気に回収され気持ちよくまとまったね!
怖すぎる・・・

スイッチ入りすぎワロエナイ・・・:(;゙゚'ω゚'):

          ____
        /      \ <みなさんこんにちわ。いよいよ『ヱヴァQ』公開が迫って
       / ─    ─ \  きましたね。劇場版だけでもと復習の意味でみようと思ってた
     /  (●)  (●)  \ らあっという間でした、、、要するに見れてません。
     |     (__人__)     | __________  おそらく友人と来週の火曜あたり
     \    ` ⌒´    ,/ | |             |  にでも見に行くと思いますが
___/           \ | |             |  ネタバレを喰らわないように
| | /    ,               .| |             |  巡回は少なめにしようかなと。
| | /   ./             | |             |  ていうかまともに巡回なんて
| | | ⌒ ーnnn          |_|__________|   最近忙しくてできてませんが。
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_      更新も(ry それでは早速(ry

『リトルバスターズ!』第6話~
リトバス6-001

なんか自分でどんどん記憶を思い出してしまってるんですが(^ω^;)

猫の死体を目にしてからスイッチが入ったように感情が暴走した小毬、、、、そのままとりあえず寮まで連れ帰ったはいいけど、、、

        / ̄ ̄\<おまえが言うと下心しか見えない。
      /       \ ___
      |:::::       |/     \<とりあえずびしょ濡れだから 
     . |::::::::: U   |:⌒  ⌒   \ あったか~いお風呂に入ろう、な?
       |::::::::::::::::    |●) (●)    \ 僕も手伝ってあげるから。
     .  |:::::::::::::::    |::(__人__)      |
     .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /
        ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
       (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
-―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

真人はその間に猫の死体を埋めにいったりとか筋肉のくせに気が利いてるな、、。

小毬「思い出したよ、、、全部、、、、なくしたもののこと、、。」

体の弱い兄・拓也はいつも入院していて、よく小毬と病院の屋上で遊んでいた。
兄に聞かされた『マッチ売りの少女』の結末に悲しむ小毬、ならばと拓也が作ってあげた物語「たまごとひよこ」のおはなし、、、しかしその途中で「すべて夢だったんだ」と小毬に暗示をかけるようにして息絶えてしまった拓也、、

小毬はその時のショック兄が死んだという記憶から逃げていたのか、、、

小毬「この世界には知りたくないことがいっぱいあるよ、、そんなの知らないほうがいい、、、」

頭弱そうでもいろいろしっかりしてるなぁと思ってたけど実際は相当繊細な心の持ち主なんですな、、、
やってきた鈴や唯湖に連れられて女子寮に行こうとすると理樹のことを「お兄ちゃん」と呼んで離さない、、

                 _ __ <どうしてこうなった・・・
                / 彡ミ  \    
              / ::::.ノ   ヽ._ ヽー-、
           / ::::/:::     丶  丶::}
             / ::::/、::::       ,ヽ   ヽ!.
          / ::::/:::丶:::::___ノ:::::\ ::::|
     ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんな病んでる状態の小毬に「お兄ちゃん」プレイとかされても恐怖しか感じないですよな、、(←

リトバス6-002

恭介「だが、知ってしまった以上もう逃げることはできない。」

理樹を兄と思い込むことで悲しみから身を守り、現実逃避する小毬を救うために手立てを考えるリトバスメンバー、、誰もが何もできないと思っていたその時に発した恭介の言葉。カッコよすぎる!

恭介「今の小毬にはお前が特別な存在なんだ。だとしたら、小毬を助けてやれるのは、どうにかしてやれるのはお前だけなんだ!逃げ出したら何も解決しない。」

小毬のために理樹が動く!
        ___  
        /     \ <それにしたって小毬ちゃん病みすぎだろ、、
     /   ノ    \\  レイ○目だし、感情の起伏がなくなってるし、
   /u   (●)  (●) \   記憶が混濁してるし、、、
    |       (__人__)    |    ___________
   \ u    ` ⌒´   ,/    | |             |
__/           `ヽ      | |             |
| | /   ,.            i      | |             |
| | /   /         i | .     | |             |
| | | ⌒ ーnnn        | |    |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

理樹と見上げた流れ星、願い事も忘れてしまいさらに大切にしていた絵本も水たまりに落として水浸し、、、どうすりゃいいの、、、(´д`;)

困り果てた理樹は小次郎じーさんに相談、、、すると「その状態(記憶混濁)は数週間で戻る」、、だとっ!?

小次郎じーさん「小毬はまたすべてを忘れて明るく振舞うようになる。それはいつもの形なんだ。」

あっ(察し)
なるほど、ね。絵本と小毬の関係がここでリンクしたわ。

記憶を呼び覚ますきっかけは何かの死、猫、飼っていた金魚、小次郎じーさんの奥さん、、、それが引き金となって記憶混濁を起こし、兄のことまで忘れて元の小毬に戻る。

小毬=にわとりを暗示させていたのね。

小次郎じーさんは自分の死を見せたくなかったんですな、、、理樹は拓也の眠っている場所へ行き何か手がないかと模索すると、、、思い出した拓也が小毬のために描いた絵本のこと。

小毬のためにリトルバスターズの面々が自分にできることをやり始めた!

今は理樹が小毬を救う唯一の存在、ならばと理樹の絵本の続きを描くための材料を人見知りな鈴がいろんな人に頼んで集め、唯湖も自分で用意し、元気が出る食べ物を真人と謙吾が、惜しみなく力を貸してくれる!なんか泣けてくるな、、(´;ω;`)ブワッ

そしてそのきっかけを作った男こそ恭介!存在感薄くなってたけどwやっぱいろんな意味でキーパーソンなんですな!(^ω^)


               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \ <いい流れに水を差すな! 
             |  (●)(●) |
                | u.(__人__) .|  
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ  スパァン
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r' \、从人,/
          、 、 `ヽ、   /ゝ ゙ ; '; て
            \丶、 `'ー'´ /'⌒Y ̄`\   
               丶、ー  /─    ─  \<しかし肝心の理樹の画力が  
               ̄/ (●)  (●)   \  壊滅的にヤバイってのがなぁ、、
.___________ |    (__人__)   U |  こりゃさらに小毬にトラウマを
|             | | \    ` ⌒´     ,/ 与えかねないな・・
|             | | /           \___
|             | |            、  ヽ  | |
|             | |            ヽ  ヽ l |
|___________|_|         nnnー ⌒ | | |
    _|__|_|_  二二l二二l ̄ ̄ ̄(二¨),__/

理樹、絵下手すぎワロタ

リトバス6-003

そして出来上がった絵本、、、いつもの屋上で小毬に自分は兄ではなく、理樹であり小毬の兄・拓也は死んでしまったことを伝えると案の定また泣き出してしまう、、、そこで理樹は絵本を見せる。

拓也が描いた最後のページ「にわとりはおもいだしました じぶんがたまごだったことを」

にわとりは現実に気がついた、だから小毬も夢から覚めるべきというメッセージだったのかな?
そしてその続きを理樹が描いて、、

リトルバスターズを思わせるひよこたちが小毬ひよこを囲んで笑っている、、

「ひよこはあたりをみまわしました そしてきがついたのです まわりにたくさんのなかまがいることに みんなはかなしいときもうれしいときもいっしょでした

そういえば理樹も小毬と同じく大切な人、両親を失っていたんだったな、、そして塞ぎ込んでいた理樹を連れ出してくれたのが恭介たちリトルバスターズ。

前に進み走り出せたのは仲間のおかげ、そして小毬にはその仲間・リトルバスターズがいる!

理樹「笑って!ツライときも悲しいときも僕たちが、リトルバスターズが一緒だから笑って!ひだまりみたいに!そしたら小毬さんの物語が始まる!新しい物語が!

絵本の続きは白紙、、ここから始まる小毬の物語!小毬ちゃんループ脱出キタ――(゚∀゚)――!!

鈴も駆けつけ「小毬ちゃん、がんばれ!」と連呼しまくり!!猫語だったのが一気に進化!ww

兄を失くしたことを受け入れ、これからすてきなものをいっぱい見つけにいけるようになった小毬ちゃん。
小次郎じーさんとも会えるようになった!

わたしのものがたりはこれからです!

糸売


小毬ルートはループものだったかー

いやしかしわかりやすくコンパクトにまとめられた感じでよかったかなと(小並感

いろいろと伏線というか暗示させるものが散りばめられていたんですな。
絵本自体が小毬とリンクしてるのは巧いですな。

あと鈴が猫語からヒト語で小毬と接することができるようになった進歩が地味にグッときましたわw

さらに理樹の悲しい思い出(両親を失う)を引き合いに出して小毬にリトルバスターズのおかげで今の立ち直れた自分があることを主張するところとか「おおっ!」って唸らされました。

細かいところからメインテーマとなるところまで隙なく作りこまれてある感じがしてこれからの展開も楽しみですな。普遍的に「青春」とかいうテーマになると熱い展開が増えそうだしw
恭介の存在がデカすぎる、、だからこそ失ったりしたら、、、なんか考えたりするとものすごい欝展開もありえたりするのかな?(^ω^;)

関連記事
別窓 | [アニメ]リトルバスターズ!(12年秋アニメ) | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<『ソードアートオンライン』 第19話 キリトさんの体験談が身にしみる、、やっぱネトゲ廃人のいうことには重みがあるなw | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 月光の行動に<おとぎばなし>のキャラクター達が様々なアクションを見せ始める。「月光条例」 第221話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
リトルバスターズ!「第6話 みつけよう すてきなこと」に関するブログのエントリページです。 …
2012-11-15 Thu 12:50 anilog
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。