まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
オオイミ王と一騎打ち!?月光にのしかかる負担がピンチを招く!「月光条例」 第239話
月光条例 第239話 01

てめー、ここは男らしくタイマンはれや、コルァ!(昭和)
         ____
       /      \<みなさんこんにちわ。 
      / ─    ─ \   
    /   (●)  (●)  \
    .|       (__人__)     |    __
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒\     / 少年 /     /
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)
    .|  \    y(つ___/,__⊆)

月光条例 第24条[かぐや姫] 40 読了~
<月の客>どものすべての視線を一身に受け、集中攻撃がかかった時を見計らって<魔法のぼうし>でオオイミ王の目の前に飛び、奇襲に成功した月光!

1対1の対決となれば勝機も出てくるはず!?そして他の<月の客>に邪魔されない場所といえば、、

月光条例 第239話 02

誰もいなくなった<おとぎばなし>の本の中!!

これでは<おとぎばなし>を消す=本が消える=オオイミ王も一緒に<消滅>させてしまうことになるから、手出しができないわけか!このまま月が没するのを待って時間稼ぎにもいいし、いい具合にタイマンはれる場所もできたな!

しかしオオイミ王は不気味な笑いを浮かべて月光の策に感心した後、、、

月光条例 第239話 03

アンセイ「オオイミ王親衛隊ナナツルギ。隠形のアンセイだ。」

月光が奇襲して連れてきたのは何者にも姿を変えられる影武者だったか、、っ!
じゃぁ本人はどこにいたのよ、、、もしかして独自の行動をとってすでにカグヤ(エンゲキブ)の元を目指しているかも?

とりあえずそんなことよりも目の前の親衛隊(笑)の一人を倒さなければ戻ろうにも戻れない。
チャチャッとやっつけてしまう他ないわけだったけど、、、

月光条例 第239話 04

アンセイのスピードについていけず、攻撃を防ぎきれない!?

思うように動かない体、、、何が影響しているのか?(すっとぼけ)

一方、月光が<魔法のぼうし>でマリク・サイフ号への集中攻撃から脱出したことに気づいていない、他の<おとぎばなし>のキャラクターたちは、継母の<魔法の鏡>で戦況を確認。

一様に頭に思い浮かべていることは、、

月光条例 第239話 05

継母「こんなことになるなら・・・」

あっ・・・(察し)

自分たちが課した戒めのこと、、

月光条例 第239話 06

<月の客>によって斬りつけられた月光もまた<おとぎばなし>のキャラクターであって、いくらカグヤの加護を受けていても深手を負っては<消滅>してしまう!?

月光を心配するきびだんごわらしべをアンセイが<消滅>させようとすると、、

月光条例 第239話 07

月光はすぐさま立ち上がって反撃!!

意外と傷は深くなかった?
手応えを感じていたアンセイは焦って次々と月光に斬りかかるも致命傷を負わすことができない!?

月光条例 第239話 08

頭の悪いイデヤも月光に負担をかけているアレの存在を思い出した。

罪人として長老会によって課せられた、どこまでも伸びていき、巻きつき、240kgという重量によって動きを制限するアレ

月光条例 第239話 09

透明の鎖

何者によっても壊すことができない罪人の証である<透明の鎖>が月光の動きを重くして力を発揮させないでいたけど、実はこの鎖が鎧の役割を果たしてアンセイの攻撃を防いでいたというw

しかしあくまでこの<透明の鎖>は罪を負う証であり、月光の本来の力を著しく損なうもの

もし月光にこの鎖がなかったら?
<アラビアンナイト事件>の時、<おとぎばなし>のキャラクターたちはチルチルの圧倒的な魔法にどれほど振り回されたか?

月光条例 第239話 10

はだかの王様「(もし、透明の鎖がなければ)月光は<読み手>界では最強!!」
         ____
       /      \<ったく、、おまいらこのオオイミ王の件が  
     /  _ノ  ヽ、_  \  片付いたら月光にジャンピング土下座な?
    /  (●)  (●)   \    
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」

アンセイは<透明の鎖>ごと貫こう渾身の斬撃を月光に見舞う!!

月光条例 第239話 11

アンセイ「ケガウリウ!!」

           ____     
        /      \<<月の客>語考えるのめんどいなぁ   
      /  ─    ─\   適当にキーボード打って響きがらしいのを
     /    (●)  (●) \ 使っていくか・・
     |       (__人__)    |
     \      ` ⌒´   /
     ノ           \
   /´              ヽ                 カ
  |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ    タ
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄

              ____
            /      \ 「ケガウリウ!」っと。
           /  ─    ─\
         /    (●)  (●) \    /     }ー┐           r┐   \
         |       (__人__)    |.    {     ノヽ / __  ヽ  /  |/    }
         \      ` ⌒´   ,/.    \ ツ   /         、_/   O    /
     , -‐  ´   !      ー   ! ` ー-、
    /  __   ∧       |    ∧
.    〃 ,. --ミヽ /∧         i   |/ハ
   ji/    ̄`//, ..__、〃    ,   ___!__j_______
.   {{      '/   // '‐-、  ′ | i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `i
   レ, /        ,        ∨   | |                 |
   //7//―ァ/‐/7/ ̄{     iっ  | |   ┌―――┐    |
      /!   〃  //  (' //} i |   | |   |┌―― 、|    |
.      |     〃      ̄ jノイ   | |   |::l::i::::::::::::::|    |
.       |      、__ノ{__,.イ   ,  | |   |_j::l::::::::::::::|    |
     |        )     レ/____ー‐――┤:::::::::: |――┘
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〔丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄
             ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{二二二二l____|二二}

正直こういうレベルのネーミングにしか見えないから覚えきれないw

月光条例 第239話 12

絶対に壊されないはずの<透明の鎖>がアンセイの攻撃によって<消滅>!?
これによって月光は本来の力を取り戻せたか!?


糸売


あー、親衛隊の連中のことすっかり忘れてたわーw

いやね、名前だけ名乗られても顔がみんな同じ(鎧みたいなのを着込んでいるんだっけか?)だから印象薄かったんですよなぁw
ってことは、これから月光VS親衛隊でオオイミ王との対決はお預けってことですかいな、、、7人(?)は多すぎだから王道の四天王くらいにして欲しかったなw

これまでの藤田作品の最終決戦と違って、各地で様々なキャラと一騎打ちじゃなくて、月光一人でやっつけていくような流れだから、順番待ち的な状態で勢いがついた展開が失速しそうになりそうで怖い、、、
まぁここらへんは単行本で読めばいいってレベルの不満でしょうが。

とりあえずそういう流れをちょっとでも盛り上げてくれるべく、工藤さんたちの出番をはよ!


        / ̄ ̄\  <それで工藤さん勝ったら月光形無しだな、、 
      /       \      ____
      |:::::        |   /      \ <むしろカグヤ回収に現れたオオイミ王
     . |:::::::::::     |  / ::::\:::::/::::: \  に対して工藤さんが
       |:::::::::::::: u  |/   <●>::::::<●>  \  戦いを挑む展開とかどうですか?
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)    |   
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´   _/    
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

その工藤さんたちのピンチに月光がギリギリ駆けつけるとかどうですか?(提案)

あ、そういえばふと思い出したけど<願いキャノン>とか今回の月打で何発分もパワーをチャージしてそうだからこれなにかに使えませんかね?(真顔)
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<<月>の極印に<太陽>の力を込めて、“月光条例”執行!!「月光条例」 第240話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『とある科学の超電磁砲S』 第2話 布束さんにジト目で見つめられつつ脅されたい、、、“妹達”編、開幕!(*°∀°)=3>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。