まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
瀕死の月光、最後の跳躍!そしてシンデレラの魔法が解けてしまう時間が来てしまったね・・・「月光条例」 第262話
月光条例 第262話 01

         ____
       /      \<みなさんこんにちわ。秋アニメ「インフィニット・ストラトス」2期 
      / ─    ─ \   第1話を見ました。なんか一夏さんとシャルのしゃべり方、
    /   (●)  (●)  \ シャルに限っては性格まで変わってしまったようでなんか
    .|       (__人__)     |    __ 違和感が、、、あと百合展開とかあったっけ?
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /  ともあれ一夏さんの朴念仁っぷりは清々しいですなw
    (⌒\     / 少年 /     /  本編に関わるストーリー的な展開がラスト3分くらい
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)   しかなかったのワロタww
    .|  \    y(つ___/,__⊆)    それでは早速見てみましょう。

月光条例 第24条[かぐや姫]66 ミッドナイトベルズ 読了~
わらしべの活躍で防御鎧や戦艦を手に入れ、オオイミ王へいざ反撃!というところで狙撃手の伸剣のキョスイの一撃によって脳天を<魔法のぼうし>ごと貫かれてしまった月光、、、(;゙゚'ω゚'):

その射線上にはわらしべもいて、同時に貫かれてしまい<消滅>、、

鉢かづき姫「貴方様はお父様、お母様と約束されたではありませぬか!娘『カグヤ』を<月の客>に渡しはせぬと!カグヤ様を!!」

鉢かづき姫の呼びかけに応える月光。やはりわらしべが射線上にいたお陰でヘッドショットは免れた模様、、だけど重傷には違いないな・・

月光条例 第262話 02

おとぎばなし『かぐや姫』まるで自分のことだという月光。

天上人が地上のお年寄りに勝手におしつけ、勝手に迎えにくる、、、それまでの間のじいさん、ばあさんとの心の結びつきなんざ全部ムシして連れて行く・・・

月光条例 第262話 03

月光「どれだけカグヤの奴…悲しかったろうなぁ…。」

まさに月光は、岩崎のじいちゃんとの別れのときに大粒の涙を流していた、、、カグヤの心情が痛いほどわかってるんですよな(´;ω;`)ウッ…

月光の重傷の体を突き動かすのは、エンゲキブにオオイミ王たちが勝手に押し付けた理由で連れ戻そうとしていることへ怒りのみ!
ここできびだんごを食べれば体力全快でまだ戦えるはず!!しかし、、!?

月光条例 第262話 04

月光「今も昔も、、、あいつはエンゲキブだぜ、、、『かぐや姫』になんざさせるかぁ!!」

やっぱりエンゲキブは『月光条例』という<物語>のエンゲキブですよな!( ゚∀゚)o彡゚

         ____
       /      \ <てかあんだけおしゃべりなきびだんごを 
     /  _ノ  ヽ、_  \  食べるのってちょっと躊躇しちゃうだろ・・
    /  (●)  (●)   \  食べたら食べたできびだんごの断末魔
    |     (__人__)    |  とか聞こえてきちゃいそうでイヤだぜ・・・
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」

きびだんごを食べる暇はない模様、、、その理由はすでに無数の戦艦が月光たちの戦艦に向けて照準を合わせてまさに集中砲火を浴びせようとしていたから!

月光条例 第262話 05

キョスイによって撃ちぬかれたはずの<魔法のぼうし>はかろうじてあと1回くらいは回せそう!

一斉砲火の前に最期の跳躍に挑む月光!!テレポートとともに<魔法のぼうし>の宝石は砕け散り、、、

月光条例 第262話 06

間一髪で瞬間移動して集中砲火を回避!!( ゚∀゚)o彡゚
キョスイは手応えで破壊したと思い込んでいたけど、頑丈だった<魔法のぼうし>が誤算となって月光を取り逃してしまう、、、こりゃまたオオイミ王による<止>のバーゲンセールの犠牲者になるなw

一方、エンゲキブのために血路を開いて戦っているシンデレラは、、、

月光条例 第262話 07

          , 、、  ,,   
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;<やばいやばい、、何この血まみれシンデレラ、、
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ; もう死亡フラグ回避できないの!?
        |  u   |r┬-|  u  | ;  
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;   
    _   /    (___   | ',
  ,、'  /              |  ;   
 、 ( ̄                |  ;
     ̄ ̄ ̄|               | ;

大事な武器でもあるガラスの靴が片方壊れてしまい戦力大幅ダウン、、、しかしそんな時思い出されるのは初めて自分のガラスの靴を壊した月光のコト。

シンデレラ「イイ男・・・だったわねぇ・・・。」

気づけば<月の客>たちを引き連れて『シンデレラ』の祖国・イギリスまで来ていた・・・(?アメリカに時計台はない、、よね?)

そして<月の客>との生死をかけた熾烈な追いかけっこをしながら思い出すのは月光の側にいたアノ娘・・・エンゲキブ

シンデレラの代役をこなすことによってわかってくれたシンデレラの本音、、それを一発で見抜いてくれたかけがいのない友達・・・

月光条例 第262話 08

シンデレラ「あのコとの駆けっこ…楽しかったなァ…。」

<月の客>の凶刃がシンデレラの体を無数に貫く!!・゚・(つД`)・゚・

月光条例 第262話 09

シンデレラ「痛ったいなぁ、もう!姫に無礼であろう!!」

最期の反撃でもう片方のガラスの靴も壊れて万事休す、、、。
踊り続けたシンデレラ姫、、、楽しい時間は終わり、かぼちゃの馬車にのって帰る時が来た、、、

しかし馬車のドライバー・「ちゅう」はすでに息絶えていた、、、

月光条例 第262話 10

シンデレラ「どうりでね、、魔法もとけるはずだわ、、、12時だもん。」
         ____
        /ノ   ヽ、_\    r ⌒j
      /( ○)}liil{(○)\  /   /
     /    (__人__)   \/   /   /  )<まだだ!シンデレラ!   
    |     |i|||||||i|     /  /  /  / 君は最後まで生き延びなきゃいけない
    \     |ェェェェ|     /   '` ´  /     キャラクターだろ!!
      r´  (⌒'ー―- イ′     ´廴      逃げてぇぇぇ!!
     /    > 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
    /        -、      }        (  ̄¨´
   /           ヽ._       __  \
               `   --‐'´ `゙' 、_.)

シンデレラ「私の帰る所…だんろの横…で…待ってますから。ちゃあんとご自分で…見つけてください…ね。」

月光条例 第262話 11

シンデレラ「私の…王子様…。」

魔法がとけ、灰かぶりの娘にもどっていたシンデレラ、、、ついに逝く!(´;ω;`)ブワッ

糸売


うわぁぁぁシンデレラが死んでしまったぁぁぁ(´;ω;`)ピニャァァッ!!

最期に月光とエンゲキブとの思い出を走馬灯のように流して死ぬっていう最期は「うしおととら」の驃を連想させますなぁ、、、

そしてまた「追いかけっこ」ってのを最後にもってくるあたり上手いなあと感心するばかり。ゴールが祖国・イギリスの時計台(たぶん)で、しかも0時とか、演出面でも泣かせるし、この戦いの終わりを告げる夜明けまであと5時間を切っているということを知らせるという意味での見せ方も計算され尽くしているなぁと。

月光が自らエンゲキブの「かぐや姫」での体験を身をもって知っていたことによって、エンゲキブへの感情移入が強くなりさらに戦う力となった流れも素晴らしかった。

<魔法のぼうし>はまだたしか『青い鳥』の中にあったはずだからミチルの再登場もありうるかな?

月光がどこまで跳躍できるかがポイントになりますな。オオイミ王じゃなくてキョスイのところに現れて、わらしべの仇を討つと予想(キリッ

   / ̄ ̄\  <まぁ十中八九間違うけどな!
 /   ⌒ ⌒\ 
 |    ( ●)(●)                ____
. |   ⌒(__人__)            /      \<ヘタな予想も
  |      |r┬-|               //   \   \ 数撃ちゃ当たるだよ!
.  |     `ー'´}  \      /(;゜.;.)lll;(;..゜;) u  \ うるせー!!
.  ヽ         }     \     | ⌒(__人__)⌒ .ノ(  | ブチ殺すぞ!!
   ヽ      ノ       \   \   | r┬-|   ⌒_/
   /    く. \      \  ノ  | |, | ,|     \
   |     \  \    (⌒二     `―‐"        |
    |    |ヽ、二⌒)、      \          |  |

しかしこの1話1殺の流れになってしまってると次回は赤ずきんが死んじゃうの・・・?(動揺)
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『キルラキル』 第2話 マコちゃん不死身すぎぃぃ!ww常に全力!息切れ知らず!( ゚∀゚)o彡゚ エロもバトルもギャグも濃すぎだろ・・・ | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 『キルラキル』 第1話 考える暇を与えない勢い!アバンギャルドな演出!そして圧倒的な作画力!ガイナ魂にオレのハートは震えっぱなしだったわ・・・(放心)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。