まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
イデヤ無双キタ━━(゚∀゚)━━!!長年の確執を乗り越え、素直な想いを伝えるため月光の元へ!!「月光条例」 第270話
月光条例 第270話01

         ____
       /      \<みなさんこんにちわ。今後Blogで何をやろうか 
      / ─    ─ \   と考えるうちにまたも更新のタイミングが
    /   (●)  (●)  \ 合わず周回遅れ、、まぁ「パズドラZ」は
    .|       (__人__)     |    __ 昨日しっかり本体ごと(2台目)買って
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /  来ましたがね!(←は?) ソフトは子どものと2本!
    (⌒\     / 少年 /     /  よーし、お父さん、がんばってホルス育てちゃう 
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)   ぞー!
    .|  \    y(つ___/,__⊆)    それでは早速見てみましょう。

月光条例 第24条[かぐや姫] 74 イデヤ猛進 読了~

※先週号分です(1週遅れ)
デカイこといいことに小さき物をいたぶる、数に任せて少人数をいじめる、、<月の客>の腐った性根に一寸法師の怒り爆発!!

投げつけるものが<月の客>よりもさらにデカイもの(『ガリバー旅行記』の巨人国の島)ってのがなんとも痛快ですな!w

月光条例 第270話02

想定外のおとぎばなしの反撃に回転のメイジ、顔面ブルーレイww

           <なんか能力のネタ切れ感ハンパないな・・・
        / ̄ ̄\ 
      /       \      .____
      |::::::      |    ./      \<目を回すのが得意な回転のメイジですかねぇ?
     . |:::::::::::    |   / ⌒   ⌒  \ ナナツルギ(笑)
       |::::::::::::::   | / (●)  (●)   \
     .  |::::::::::::::    }  |    (__人__)      |
     .  ヽ::::::::::::::   }  \   ` ⌒´      _/
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    |  |        |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―(___ノ―――――(___ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)

月の客の遊び半分でおとぎばなしを蹂躙しようという驕り・慢心がこの想定外の自体に対処できなくなって冷静さを失わせ、<月打>によって力を得たおとぎばなしのキャタクターたちへの対処も遅れ、後手後手に回ることになった。

その混乱の中を駆け巡るのは、、
月光条例 第270話03

地上人・工藤伽耶と部分合体融合<マペティカ>した『長靴をはいた猫』のイデヤ・ペロー!( ゚∀゚)o彡°

立て直しつつある<月の客>の兵士たちを次々と撃退!
しかしあまりにも敵の数が多すぎて、そう長くは持たない、、、と思いきやイデヤが取り出したるは!?

月光条例 第270話04

あおげば鼻が伸びる<天狗の羽うちわ>!!

しかし伸ばすのは鼻じゃなくて、、、

月光条例 第270話05

イデヤの剣!!伸ばした剣で月の客をまとめて一刀両断!!( ・`ω・´)

イデヤと一寸法師の活躍で形勢は一気に逆転!?
事情は察している一寸たちははやく月光の元へ!と天道たちを急がせる!
しかし竜宮丸は工藤さんの指示に動いていたから今はもうだれも動かせない、、、

月光条例 第270話06

エンゲキブ「竜宮丸・・・おね・・がい・・・あたしを・・・月光の・・・ところへ・・・」

         ___
       /     \ <おい!竜宮丸!
      /   \ , , /\  おまえ女ならだれでもいいのかよ!?
    /    (●)  (●) \  月光の危機に駆けつけるためには
     |       (__人__)   |   指示は天道でもいいだろ!
      \      ` ⌒ ´  ,/   
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

        / ̄ ̄\ <下衆がぁ・・
      /       \      ____
      |::::::        |   /      \<まぁ僕も天道に乗せてって
     . |:::::::::::     |  / ⌒   ⌒  \    とか言われたら
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   \   即断りますけどね。
     .  |::::::::::::::    } |    (__人__)    | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \   ` ⌒´     _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――

竜宮丸の中の人の種明かしあるのかな?

工藤さんへの助太刀に遅れたことを詫びるイデヤ。しかしまぁ工藤さんはエンゲキブのことを月光に任されてたから知らぬところじゃあったんだけどね。
げぇむやマンガの世界で戦った後、白雪姫の継母の鏡で事情を知っていたイデヤはいてもたってもいられず、読み手の世界への門に来ていた。

そこで同じ考えになっていた一寸法師でばったり。

一寸法師「天道の助っ人じゃ。月光はハチカヅキが行ったからなんとかなろうが、あ奴は<読み手>じゃからの。おヌシも工藤さんが心配なのじゃろ?一緒に助けにいくか?」
イデヤ「オレは<月光条例>の<使者>だから、工藤サンを守って当たり前なんだ、、。」


しかしなにかモノがはさまったような表情で答えるイデヤ、、その原因は、、

月光条例 第270話07

イデヤ「ゴメン、工藤サン。俺は、、本当はさ、、俺は月光に、あやまらなきゃなァ…」

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ <ただのキチガイじゃねーか。
 |    ( ●)(●) 許せよ。
. | U   (__人__)  
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }  ミ  ピコッ!      
.  ヽ        } ミ  /\      ___
   ヽ     ノ    \  \ ;;/   ノ( \; <許さない許さない許さない
   /    く  \.  /\/;/  _ノ 三ヽ、_ \;  絶許絶許絶許絶許絶許絶許
   |     `ー一⌒)   ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪ \; 絶許絶許絶許絶許絶許
    |    i´ ̄ ̄ ̄ \ ;.| ⌒  (__人__) ノ(   |.; ぃぃぃいl!!
                 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;

思いも返せばイデヤは常に月光を目の敵にしてきた、『アラビアンナイト』の一件じゃ疑いもなしに罪人呼ばわりし、<月の客>の件にしても聞く耳を持たずに逮捕に踏み切った、、

月光条例 第270話08

月光はイデヤのために血まみれになって助けてくれたというのに!!

しかしこのことを覚えているってのはなんとも不思議な、、、もうすでに『桃太郎』はこの世界から<消滅>してしまっているというのに?

月光に謝りたくて、でも自分が今までやってきた月光への仕打ちに後ろめたくもあり、、、それでもやっぱり今は工藤さんたちを月光の元へ!

月光がしたことは決して無駄ではなかった。こうしてイデヤもまた、他人のために自分がされたことをやろうとしている。

月光条例 第270話09

工藤さん「岩崎君があやまってるヒトを赦さないと思う?」
イデヤ「そ、、そうかな、、、ははは、ようし!」


初めて素直になれたイデヤ、、しかしそれは死亡フラグにも見えて、、:(;゙゚'ω゚'):

月光条例 第270話10

あっ・・・(察し)

イデヤの見せ場はもう決まったみたいだね、、、(´;ω;`)ウッ…
しかしそんな流れをぶった切るべく現れたのは、、、!?

月光条例 第270話11

メイジ「俺はナナツルギが一人、回転のメイジ!そこをどけ下郎!俺がじきじきにカグヤを回収してくれるわ!!」
         ____
       /      \<はいはい、回転のメイジさんね。  
     /  _ノ  ヽ、_  \  何を回転させるんですかねぇ、、
    /  (●)  (●)   \    
    |     (__人__)    | とりあえず僕はコロコロで
    \     ` ⌒´     /   部屋の掃除でもしようかと思います。
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」

糸売


今回のまとめ。

イデヤ、許した。

素直になるまで長かったですなぁ、、、ちゃんとこうやって見せ場を計算しての嫌な役回りだったんでしょうな。
そして心の底からの申し訳無さそうな顔に思わずグッと来ましたよ(´;ω;`)ウッ…
そしてこれは死亡フラグでもあり、このままじゃ月光に謝ったところが死に場所になってしまう予感、、、

ところですでに次回分もちゃんと発売日に読んでるんですが(←おい

回転のメイジワロタwww
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<小さいけどスケールのデカイ男・一寸法師!工藤さんの作戦に全てをかける!「月光条例」 271話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 竜宮丸の危機に駆けつけたのは、、!?もう一つの月光条例コンビ復活! 「月光条例」 第269話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。