まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
オオイミ王のカグヤ奪還作戦発動!、、ダメだコイツ、、はやく何とかし(ry 「月光条例」 第274話
月光条例 第274話 01

         ____
       /      \  <みなさんこんにちわ。
      / ─    ─ \   子どもがドラムを始めました。自分のお年玉で
    /   (●)  (●)  \ 買うほどの気合の入りように、元バンドマンの自分も
    .|       (__人__)     |    __ 胸が熱くなりました。
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /  とりあえずいつでも「カレーのちライス」を
    (⌒\     / 少年 /     /  セッションできるようにキーボード練習しとかなきゃ
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)   な!、、、、もう2年半くらいシンセの電源入れてない
    .|  \    y(つ___/,__⊆)   けど(小声) それでは早速読んでみましょう。

月光条例 第24条[かぐや姫] 78 『おとぎばなし』からの贈り物 読了~

※本誌より1週遅れの記事です。

オオイミ王の元へ肉薄する月光に、目の輝きが増すオオイミ王。
そしてカグヤことエンゲキブもまた自らの元を目指して向かっているという情報を聞き、

月光条例 第274話 02

オオイミ王「つまりカグヤは余に、生まれ故郷に連れ帰って欲しいと望んでおるのだ!」
         ____
       /      \ <えっ!?、、、ええっ!?(二度見)
      / ─    ─ \   
    /   (○)  (○)  \
    .|  U    (__人__)     |    __
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒\     / 少年 /     /
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)
    .|  \    y(つ___/,__⊆)

馬鹿だとは思ってたけど、仮にもラスボスの位置に居るキャラなんだからそれなりの動機付けみたいなものがあると思ってけど、これを見ただけでもうコイツへの評価は地の底を突き破って奈落まで落ちたわww

自分が直接迎えに行かないからエンゲキブが拗ねているとか、罪を悔いて自ら太陽として身を差し出したがっているとか、女心を何もわかってないただの童貞の妄想じゃねーか、、

月光条例 第274話 04

ナナツルギのオオイミ王への視線が完全にオレと一緒すぎワロタwww

やっぱナナツルギたちも月光とかと接触して何かしら感じるものがあったということかな?

月光条例 第274話 05

そんなエンゲキブ(カグヤ)の気持ちも知らずにわざわざ無駄骨折ってまでくる月光を不憫に思い、自ら相手にしてやろうとするオオイミ王。

素直にタイマン張ればいいのに、ここでもいろいろ小細工して辿り着くまでに自分のために保険みたいなものをかけるオオイミ王器小さすぎだろ、、、

オオイミ王の旗艦『メイフ』を取り囲む衛兵の一部を明けて誘い込む作戦に月光は、ミチルの届けてくれた「おとぎばなし」のキャラクターが託してくれた道具の入った袋を手に、、、

月光条例 第274話 07

月光「ミチル…待っててくれ…兄ちゃんは、ゼッテェオオイミのヤロウを、ぶっ飛ばす!!

オオイミ王フルボッコ待ったなし!!ww

わんさかと押し寄せてくる衛兵に月光は次々とキャラクターたちの道具を取り出し応戦!

月光条例 第274話 08

ギリシャ神話のヘルメス神の翼付きサンダルで空を飛び、「孫悟空」の芭蕉扇の大嵐で衛兵たちを吹き飛ばし、さらに金閣の紅ひょうたんで<月の客>を吸い尽くす!

月光条例 第274話 09

そして一寸法師の鬼の金棒(月打済)と鉢っちゃんを手に、月光無双!!( ゚∀゚)o彡°


しかしそんな月光の快進撃にオオイミ王は、、、

月光条例 第274話 10

オオイミ王「月光、よくやった。」

    /⌒)⌒)
  /⌒) / ./
 | ::::::::::(⌒))
      ノ
      |
 |!  | ;  ____
.|| |  |ii  /       ノ L <いちいち顔がキメぇんだよ!!!
 |!:;|;|!i | | !/   \  /⌒
 ;!i l| !|!||   u(○) (○) \
 : |l|||||゙!{ }    (__人__) u |
 ||!|| | |   ||!|!|   /
 |l||| ||゙!l|||i:| |  `-'  ┃ ┃┛┛  ━ ┏┛       ★  ┃ ┃
  i 从人 l||l\//// ┃ .┃    ━ ┏┛━━━━┛   ┃ .┛
    l|||||゙!!il|!|!~``'-、て┛ ┛┻┛┃━┛        ━━┛  ┛
ヽ◇ `\(⌒)(⌒)⌒) )そ     ━┛)⌒)⌒))
   Y⌒┏┳┬┐┌┓┏┳┐┏┳┳┬┐┏┬┬┬┓))
  ,. - ''"!|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ`l||
= =-/!|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 川
  ☆

不気味な笑顔の理由は、冒頭にあったオオイミ王の幼いころのモノローグにあった。

誰とも触れることなく退屈しのぎにみていた地上の世界、そこで見ていたアレとは、、、

月光条例 第274話 11

         ____
       /      \<あれ?オオイミ王、オレらが好きな
      / ─    ─ \   アニメや漫画のヲタだった、、だと!?
    /  (●)  (●)  .\
    |  U  (__人__)     |  ________ 
     \    ` ⌒´    ,/  ..| |          |
    ノ           \  .| |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    | |________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ-   ̄  | |  |

オオイミ王がただの漫画、アニオタだった件www


そう、今、この状況を自分が好んで見てきたアニメや漫画などの物語と同じ展開に置き換えてオオイミ王は楽しんでいるのだ!!

月光条例 第274話 12

オオイミ王「月光は我が世界の人々のために戦う余から、大切なカグヤ姫を奪おうとする強力な悪者なのだ!」

月光条例 第274話 13

オオイミ王「そして、正義の名の下に勇敢で強い、余に倒されるのだ!(確信)」

糸売



     /.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /: : :             \<こんな万年中二病みたいなやつのために
  /: : : :            \   イデヤはじめおとぎばなしのキャラクターたちが
/: : : : : :                   \  <消滅>していったと思うと、、怒りで
: :  ___              /   \  サンデー真っ二つにしたくなるな、、(憤怒9
: : : : : :\_____,ノノ ソ ((,,,/_ _     l 
: : : :;;((_(|)_))ノ::::ノヽ:::( (_(|)_) );;:::   |
: : : : :   ⌒ _ノ "''"´     ゙゙     l
: : : : : : . . (    j    )       _人_人_
\: : : : : : :. {ー-‐'´`ー-‐/'′   /| ギ |
  ヽ: : : : : :{ソヘノ' ―ー_( : : : :ーイ< リ  {
: ーイ : : : : : :  ̄ ̄ ̄”^       | ッ  ゝ
                    へwへイ

まさかのオオイミ王が中二病妄想野郎でもはやラスボスの威厳どころか、ナナツルギら身内のものに片付けられてしまう気がしてきたww
で、マユキメ妃がラスボスって展開がよっぽどいいわ。

しかし前回の流れから行くと、それぞれが何かになりたかったという動機があるのがポイントになりそうですよなぁ。
イデヤは月光みたいに、オオイミ王は地上の物語の主人公のように。
         ____
       /      \  
     /  _ノ  ヽ、_  \ <こりゃもうエンゲキブにはこっぴどくフラれるわ
    /  (●)  (●)   \   月光にはフルボッコにされるわで、オオイミ王涙目
    |     (__人__)    |  展開が手に取るようにわかる、、、。
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\   どう物語を〆るのか、、先生頼んますよ!
  /  /          l  l  
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」


                  / ̄ ̄\
                /   _ノ  \<おまえももうちょっと
                |    ( ●)(●) 本誌についていけるように
                   |     (__人__) 更新頼んますよ
                 |     ` ⌒´ノ
                    |        }
                 ヽ         }
             \ /⌒      /
              \   ゞ        /
               \丶          \
           \/  、\    ’、
           \ (  \ヾ 、′・”        ’、
            \\  , -─´⌒ヽ ’).    .;_ _ ”  ’、
       _ ,. -‐\ ./ ( _i _i_ト、__)’、 すいまs(ry\ ’、′”;
____/     ,/ .’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.ヘ /  ” ;  ’、′
| |   /   ,    /   、 ’、 ’・ 、´⌒,;y' ⌒ ;);;;;;ノ、./"'人      ヽ
| |  ,/   /    |:::..     、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;;  ,,)/⌒ ;; :) )、   ヽ
| |  | ⌒ nnn  \:::::::.....,.从人( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ
 ̄  \_、("二).W.V l二二l二二:::、  .,ノ  ...;:;_)|_..::ノ  ソ ...::ノ
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<女の命を捧げた工藤さんの決断!気高きカグヤ姫が月の客に立ち向かう! 「月光条例」 第275話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 俺、この戦いに勝ったら、月光にあやまりに行くんだ・・・by.イデヤ・ペロー 「月光条例」 第273話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。