まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
はてなブックマークに追加
月光の勝利っ、、、かとおもいきや一転!?それぞれの思惑が交錯する残り30分の攻防! 「月光条例」 第284話
月光条例 第284話 02

         ____
       /      \<みなさんこんにちわ。「キルラキル」最終話を見ました。
      / ─    ─ \   いやー、熱かった!こんなに熱いギャグアニメは
    /   (●)  (●)  \ 歴代トップ3に入る面白さでした!一番泣けそうになる
    .|       (__人__)     |    __ イラ×まこのところでのまこの泣き方で
     \    ` ⌒´ / ̄ ̄⌒/⌒   /   食べたボロネーゼぶちまけましたwww
    (⌒\     / 少年 /     / バトルも演出ももうわけがわからない勢いでしたが
    i\  \   ,(つサンデー/   ⊂)  鮮血の最期のセリフには涙が出ましたね、、、
    .|  \    y(つ___/,__⊆)   BD版の卒業編新アニメが今から待ち遠しいです!
                      しかし4月から何を見ていけばいいのかわからない
                      この喪失感、、、久しぶりです、、、それでは(ry

「月光条例」第24条[かぐや姫] 88 最後の雨 読了~

※先週号の記事です。遅れてます、、ごめんなさい、、(´・ω:;.:...
地上で1000年もの間、太陽のエネルギーを体に溜め込んだ<蜍威>となったエンゲキブの前では、<月の客>の攻撃など夏の夕立みたいなもの。

月光条例 第284話 01

月光と過ごして来た夏の雨の日

あたしは いつか 必ず 帰らないと いけない。

ならばこの夏を思いっきり生きよう、と思ったエンゲキブ、、

            / ̄ ̄\
           /   _ノ  \<エンゲキブの<ゴール>もすぐそこか、、・
             |    ( ●)(●)
            |     (__人__) 
          |     ` ⌒´ノ
          __|___       }
        /      \     }
       /  ─    ─\  ノ <うーん、なんか『AIR』の観鈴ちん  
     /    (●)  (●) \ヽ、  みたいなこと言ってるな、、。あれも1000年目の夏
     |       (__人__)    | _|_________   だったし。
     \     ∩ノ ⊃ / | |             |
___(  ` 、 _/ _ノ   \ | |             |
| |   \   “  / ___l  || |             |
| |   | \   / ____/| |             |
| |   |    ̄             |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

そう思った方は挙手な!(迫真)

力を取り戻しているエンゲキブの前に、領巾で包まれては通ってきた<月の向こうの世界>への門へ投げ入れられる<月の客>たちw
そして時間は午前3時35分。夜明けまで約30分と迫りエンゲキブは元の世界へ戻る門が閉じることを<月の客>たちに教える。

月光条例 第284話 03

エンゲキブ「故郷に帰りたいでしょう?このまま地上に取り残されたくはないでしょう!?あたしはおまえ達の王に放おって置かれて経験しているわ!言っておくけれど、甘くはないわよ!!(威圧)

その頃、月光とオオイミ王は互いの最後の力を振り絞った一撃を、己の信念とともに放つ!!

月光は消えていった<おとぎばなし>のために、エンゲキブを助けるために!
オオイミ王は、あこがれのヒーローであった月光への失望の一撃を!

月光条例 第284話 04

                                ____
                              /      \<よっしゃ!月光!!
                         _∩  /  _ノ     \ 食らわしたれぇぇ!
                        (ヨ |/  ((●)三(●)) \
                         |'''|     (__人__)     |
           +             | \__ `ー ,r'⌒ \/
   / ̄ ̄\                 ', ヽ__  ,'  /  へ  \
 /       \     +           ヽ   ''-/      |  \ \
 |    ⌒   ⌒          .       `/       |     ヽ、 _ )
. |     (r'´ ̄`'─ --―''゙ ̄ ̄  ゛'' ‐- ,,_/        |
  |     ヽ __                        |.
.. |     `ニニ´}    ̄  ̄゛'' ‐- ,,_           ,r'
.  ヽ        }              ゙゙'' ''─ -、   ノ
   ヽ     ノ        \                ,''  ノ
   /    く  \      \           !  (   ,ヘ
   |     \   \       \         \  \/'  \
    |    |ヽ、二⌒)、        \         \__ /⌒ \)

相討ちぃぃ!!!!?

オオイミ王はメイフを突き破って吹っ飛んでいったww
そして月光は、、、オオイミ王の鋭い爪が思いっきり体に突き刺さって、なおかつ腕と足がもげかけてるぅぅ!?∑(゚д゚lll)

ミチルにかけてもらった最後の魔法も切れかけ、いよいよ月光も<消滅>してしまうのかよ!?
と、もたれかけた扉が開くとそこには、、、!?

そしてメイフの外へふっ飛ばされたオオイミ王は、自分がヒーローだと思っていたのに負けてしまった、、、ていうか殴られたことに今更嫌悪感マキシマムになったオオイミ王ww

月光条例 第284話 06

オオイミ王「<ヒーロー>は敵を倒すものだ!余の見た地上の<ヒーロー>はそうだ!!それでは、、それでは、、負けた余は、、、<ヒーロー>ではないではないか!!」
         ____
       /      \ <何を今更、、、。 
     /  _ノ  ヽ、_  \  冗談はタラコ唇だけにしておけよ、と。
    /  (●)  (●)   \    
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ
     |
     |
     |__   コロ・・・・
    _____\    コロ・・・・
   ()__)」

てかどんだけの勢いで旗艦メイフ突き破ってんだよww
しかし、そのふっ飛ばされた先にいたのは、、!!?

月光条例 第284話 07

オオイミ王「余は勝ったぞ、月光!!(確信)」

   / ̄ ̄\
 /       \<おらぁぁ!!てめぇの視線はどこにあるんだぁ!?
 |         |  
. |         |  ___  
  |          | /     \
.  |         } 、,:' /,';;;}: ; , \<もちろんエンゲキブのスカートのなk 
.  ヽ        }` : ;ヽ ,.、_ノ ,; ' ‐ \
   ヽニニニニノ ,`冫<____〉イ'; 、  |
  /;:::::::::::::::::::: ̄`ー- ,/::::| //  (⌒)
/::/:::::::::::::::::::::/‐-//_::::::ノ //  /i ヽ
::::イ::::::::::::::::::::::/ //   ̄ /       ヽ___i

外で月光のために<月の客>を相手にしていたエンゲキブの元にオオイミ王が!!
一番会ってはいけなかった相手を前に、エンゲキブも意表をつかれ、、、

月光条例 第284話 08

エンゲキブ、捕獲されてしまう!!

この土壇場で目的を果たしたのはオオイミ王!
カグヤを<月の向こうの世界>へ連れて帰れば、、、どうみてもBADEND!!w

オオイミ王「目的をやり遂げたということはやはり月光!余が<主人公>!ヒーローなのだ!!」
        ____  
        /     \<何言ってんだ、コイツ。
     /  :::::/:::\:::\ はやく自分が悪役って気づけよ。
   /   ( ○)::::::(○) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ||||==(⌒)ー、| |             |
__/         ||||    \  〉| |             |
| | /    ,   | ̄ ̄ ̄|   r  ̄ . | |             |
| | /   /    |=====|   |   | |             |
| | | ⌒ ーnnn. |=====|   |   |_|___________|
 ̄ \__、("二)└---┘ ̄l二二l二二  _|_|__|_

そのエンゲキブ絶体絶命の時に、月光は、、、

月光条例 第284話 09

    ./ ̄ ̄\  <まさかのこの役どころか、、、
   _ノ  ヽ、  \
  (○)(○ )   |  .___ 
  (__人__)  u . |/ー  ー .\ .
   ヽ`⌒ ´    /(   ))(   )) \<どぇぇぇぇ!?マユキメ妃が
    {      /  (__人__)     \ シオシオにぃぃぃ!?
    ヽ     |     |r┬ |  .    |
       ン   \.    || .| |     /
     i´     .|  . || .| |     \
     |       | |.....|| .| |     |  |

オオホギ、マユアケという二人の子どもに泣きつかれた母・マユキメはすでに力のない目の光と表情、、口から出た言葉は、、

月光条例 第284話 10

マユキメ「我が…王の…乱暴を…お許しください…まし…」

懺悔の言葉

あの若く赤ん坊を抱いていたマユキメは「写し絵」だったのか、、、。
青き太陽が光を失い、<止>に至る病が蔓延する<月の向こうの世界>、、、。

オオイミ王はマユキメを思い、地上の光に照らされるようにマユキメを連れてきたみたいだけど、、、

月光条例 第284話 11

マユキメ「私は、、、王のなさろうとしている事は、、、正しいことではないと、、思うのです。無情な罪を与えて、幼き娘を親と離れ離れに遠き地へ流し、己の都合で今度は機械に組み込むためだけに取り戻すなど、、、どうしてそのような酷い事がゆるされ、、ましょう、、、?


なんでマユキメは月光に殴られているわけじゃないのに、こういう正常な判断、倫理観を持っているんだろうな、、青き光を浴びなくなったから?だとしたら長い間浴び続け、体内に青き太陽のエネルギーを貯めているオオイミ王はそういう考えになるには無理があるということかな?

しかしマユキメにも自分の世界を救いたい気持ちはあり、王を止めることはできないという。
ひたすら「申し訳ございません」とあやまるマユキメに月光は、、?

そしてオオイミ王とエンゲキブは、、!?

月光条例 第284話 12

オオイミ王「見よ!カグヤ!!余自ら目的を達したことを知って、我が軍が悠々と<月の門>から地上を去っていく!
さぁ我々も元の世界に還るぞ!!」

            ____
          /       \ <いやいや、そいつら、お前をおいて自分らだけで   
         / -‐''  `゙'ー \  帰ろうかしてるだけだから!
       /   (●)  (●)  \ 
  / ̄ ̄ |      (__人__)    | ._r、         _r、
_/     \   ´ヽ_/ `   /rト、ヽ\    rト、ヽ\ 
                 ー‐      ヽ ヽ ヽ \ 三 ヽ ヽ ヽ \ 
   y                   ヽ ヽ ヽ 〉   ヽ ヽ ヽ 〉
  /                    ├   / 三 ├   /
  |                       (    <     (    <
  |                      ゝ   ヽ    ゝ   ヽ

とわかりきったツッコミを入れたくなるくらいにオオイミ王の空気の読まなさは異常wいろいろと空回りすぎるラスボスだよ、、、(絶望)。

「必ずまた会おうね」と指きりげんまんをしたのにエンゲキブは月光から引き離され、<月の向こうの世界>へ連れ戻されようとしている!!
月光のために雨よけとなって奮戦したエンゲキブ、、、このまま終戦になってしまうのか!?

糸売


マユキメが干からびてた・・・(絶望)

結局このタラコがラスボスになってしまったわけか、、、なんか小物だったなぁ、、、w
もう月光のこと褒めてるんだかけなしてるんだかわけわかんなくなってきたしw

コメントで頂いていましたけど、<月の客>たちの名前の意味はラストあたりで明らかになりそうですね。
オオイミもそうですけど、わざわざ子どもの名前「オオホギ」「マユアケ」に何かオオイミの希望みたいなものが込められているかもしれませんな。

月光は最後<消滅>しちゃいそうですよなぁ、、、エンゲキブもこの夏を最期にみたいなこと言ってるし、、一緒にいなくなっちゃいそうで、、、(´;ω;`)ウッ…

残りあと2回!このBlogのレビュー更新もあと2回!!

     / ̄ ̄\
   /   ⌒ ⌒\ <まぁもう誰も見てないけどな!
   |    ( ●)(●)               ___
.   |   ⌒(__人__)            /      \
    |     |r┬-|           /─    ─  .\<うるせー、ぶち殺すぞ!
.    |     `ー'´}  \      / (●) (●)    \
.    ヽ        }     \    ...|   (__人__)       | 
     ヽ     ノ       \   \   ` ⌒´     _/
     /    く. \      \  ノ           \
     |     \  \    (⌒二              |
      |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |

これだけは最後までやり遂げるって決めてたからね!
最終回はすぐに更新できるように今週号はなるべく早く仕上げる!(願望)
関連記事
別窓 | [漫画]藤田和日郎 『月光条例』 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<<幸せ>を手にした月光とエンゲキブ、、あとはオオイミ王を月の向こうへ送るのみ!? 「月光条例」 第285話 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | 第2形態オオイミ王の説教タイム!デクノボーの底力を見せろ、月光!! 「月光条例」 第283話>>
この記事のコメント
[]
私は毎週あなたの感想を楽しみにしてますよ!!
もうラストスパートですね…応援してます(*´ω`*)
2014-04-03 Thu 20:29 | URL | 礼楽 #QD.fW7ts[ 内容変更]
[]
毎週楽しみにしていますよ! 最終回までよろしくお願いします(*^^*ゞ
2014-04-04 Fri 00:11 | URL | #-[ 内容変更]
[]
(*´∀`)ノ

なんかオオイミが太陽の代わりになるような?
そしたら本物のヒーローじゃん!
2014-04-05 Sat 00:55 | URL | #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。