FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
もっけ 第01話 「ミコシ」観賞~^^
もっけ1-0

どこか懐かしさを残す田舎の町で静流と瑞生は祖父母や町の人達から自然や妖怪と共存することの意味を学び、昔の人達がごく自然に行ってきた神仏への尊びや自然への畏敬の念、その土地に根付く風習等を通じて現代の日本人が忘れかけている「大切なもの」を学んでいきます。(公式より)

アフタヌーン連載中の妖怪漫画「もっけ」。風景に妖怪との関わりを絡めて、実に日本でしか作りえない管理人的に非常にツボな懐かしさを感じさせる作品です。

07'年10月期2本目、「もっけ」の第1話を観賞しました~^^
簡単に人物紹介。
もっけ1-4-5

檜原瑞生。妖怪に取り付かれやすい「憑巫(よりまし)」という体質を持つ。感情の起伏が激しい活発な女の子。

ていうか漫画版よりも激しく女の子らしくて可愛いんですが(´д`)ハァハァ

中の人が水樹奈々さんのは「瑞生」つながりか!?w

もっけ1-6-7

檜原静流。お姉さん。妖怪を見ることができる「見鬼(けんき)」という体質を持つ。それゆえにいろんなことに巻き込まれることに。

文学少女ど真ん中ストライーック!!( ゚∀゚)o彡゚ 今期は日本風な女の子がいっぱいでていいなぁ^^

瑞生と静流で妖怪作家「水木しげる」をもじっているのは、作者が尊敬しているからとか。

そんな二人が主人公です。
もっけ1-4

おばあちゃん。この人のエピソードが最後にくるんじゃないでしょうか?漫画でもそれで終ってもいいくらいだったし。(それは困るけどw)

もっけ1-8-9

じいちゃん。最強。郷土史家で拝み屋としての能力も高く、また妖怪に関する知識が物凄い。特異な体質をもつ孫を引き取り、見守り、いかにそういった類のものと付き合っていくかを静流たちに教える。

もっけ1-10-18

で、今回のお話はおばあちゃんの為に秋の十五夜にかざる七草を瑞生が探すといったもの。
のこり二つまで来て「ナデシコ」を探索中に瑞生は何か後ろに迫る影を感じるけど、、。

次の日に静流と一緒に最後の一つ「オミナエシ」を探している途中に、瑞生が「何か」に触られてしまう。気絶してしまう瑞生を雨に濡れながら背負って帰る静流。

じいちゃんは軽く驚いただけだというけど、そういう体質(つかれやすい)とわかっていながら守れなかったことを悔やむ静流( ´Д⊂

じいちゃん「たぶんそいつはミコシだな。見上げ続ければ死ぬこともある。ただし対処さえしっておけば除けられる。大事なことは厄災に対して備えを知っておくことだ。」
「そんなにビクビクしていると自分も守れないぞ。何におびえているのか、何が不安にさせるのか、よく考えてみろ。」

気づいた瑞生と手をつないで寝る静流。なんかやたら甘えん坊だな、、瑞生はw

もっけ1-19-24

次の日、雨に濡れたからか熱っぽい瑞生。学校を休んで大人しく、、してるはずもなく、最後の七草「オミナエシ」を探しに行くことに。

三毛さんキターw三毛さんのエピソードもやってほしいな。猫の国。

帰りに瑞生の代わりに「オミナエシ」を探そうとしていた静流は、じいちゃんに近づくなといわれた山へ入っていく瑞生を見つけて、不安になり追いかけるが、、

もっけ1-25-33

見事に不安的中/(^O^)\

ミコシに魅入られた瑞生は気を失ってしまい、どうしようかと迷ったときに昨晩におじいちゃんに言われたことを思い出す静流。

静流「下から見上げるのではなく、頭から足元へ、、見下ろす!、、、、見越した!!!

見事に対処した静流。なきつく瑞生をなだめていると目の前に「オミナエシ」が!「オミナエシ」の花言葉は「約束を守る」。おばあちゃんとの約束を守った瑞生。だけどおじいちゃんとは行くなといわれた山にいって約束を破ったことになって(´・ω・`)

もっけ1-36

無事に十五夜お月様を七草と団子で飾って見ることができました^^

糸売

原作の雰囲気を壊すことなく、素晴らしい空気アニメですね!\(^O^)/

今回はおそらくまだ本編よりもちょっと前のお話だったかな、たしか。瑞生もまだ幼いころだからか女の子してるしw
というか原作自体が5巻くらいまで時間軸がバラバラだからアニメはそれを時間軸どおりにやっていくのかも?

あまりにも懐かしい日本の風景と妖怪の関係って切っても切れない縁だと思うんですよね。それを上手く日常生活に取り入れて、表現されるこの原作を見事に映像化してます。

もっけ1-1-3


特に風景の美しさは田舎への郷愁を思い出せます(´;ω;`)ホロリ・・

そして音楽もまた古きよきジ○リのような日本人の琴線に触れるかのような素朴ながらもどこか胸の奥を突くメロディで、場面の演出、今回は「見越す」シーンでしたがピッタリだった思います。(OPも良かった。でも小坂りゆはやっぱりコブシを聞かせると鼻につくような声になるから嫌いだがw)

これから様々な妖怪と接することにより、様々な人生への教訓を学んでいくことになると思う二人と一緒にマッタリ視聴していこうと思いますよ^^良作の期待大!

■公式サイト「もっけ」

ランキングに参加してます~。原作ファンも納得の出来!ってオモタ方はモルスァをクリックをお願いします^^
FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | [放映終了アニメ]もっけ(07’10月期) | コメント:0 | トラックバック:8 |
<<071003購入物 | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第01話 「Hydrangea(水のイレモノ)」観賞~^^>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
もっけ『もっけ』は、熊倉隆敏作の伝奇漫画、及びそれを原作としたアニメ|テレビアニメ。現在単行本は六巻まで刊行されている。2000年8月アフタヌーンシーズン増刊No.4 Summerで連載開始。アフタヌーンシーズン増刊がNo.14 初冬号(2002年10月)で休刊したため、2003年3月... …
2007-10-04 Thu 07:38 あかねの部屋
もっけ   お勧め度:普通   [妖怪]   メ~テレ : 10/02 26:43   東京MXテレビ : 10/07 23:30~   ABC朝日放送 : 10/10 26:51~   『アニフリ』 枠 /   原作 : 倉隆敏   監督 : 西田正義   シリーズ構成 : 長津晴子   キャラデザ:河口俊... …
スケッチブックと同じく雰囲気の好いアニメですねぇ。 こちらはアニオタの好みそうな要素はスケッチブックほど無いので 好みはかなり分かれそうですけど。 個人的には・・・良くも無く悪くも無く・・・。 てか、今期のアニメは何度も同じこのフレーズをつかっているよ... …
2007-10-04 Thu 17:15 よう来なさった!
姉の静流は、妖怪の見える見鬼を持ち。 妹の瑞生は、妖怪に取りつかれやすい「よりまし」体質。 そんな檜原姉妹は、妖怪に詳しい祖父の元に預けられる…。 田舎を舞台にした本格妖怪もの(?) 原作の絵とは違うけど …
2007-10-04 Thu 20:21 SERA@らくblog
我々はどれだけ川澄さんの声に燃えさせられるのだろうか。 なんだかここ最近休むことなく川澄さんの声が聞けてるので それだけで満足(笑原作未読で第1話を見ましたが とりあえず妖怪が見えてしまう姉・静流と妖怪にとりつかれやすい体質の 妹・瑞生が妖怪と対峙していく... …
2007-10-05 Fri 00:02 SOBUCCOLI
まっくろくろすけ、出ておいで~。 …
2007-10-06 Sat 18:24 空色☆きゃんでぃ
アニメ感想  もっけ 第1話「ミコシ」 <あらすじ> 妖怪を視ることが出来る目・見鬼(けんき)の能力を持つ檜原静流(ひばら・しずる)と妖怪に取り憑かれ易い体質・憑巫(よ... …
2007-10-08 Mon 13:21 刹那的虹色世界
間もなくお月見も近いある日、瑞生は祖母のため、秋の七草を集めていた。図鑑を見ながら歩いているとナデシコが!と思ったら別の花。がっかりして肩を落とす瑞生。その背後にざわざわと音を立て現れる黒い霧のようなもの。「ん?」と瑞生が振り返ると何もない。「何かいた... …
2007-10-12 Fri 16:40 からまつそう
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |