fc2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
【漫画】【新刊】『とめはねっ!』(河合克敏)2巻 レビュー
[河合克敏] とめはねっ!2巻

常にマイナーな題材(柔道・競艇・ラジコンetc)を元に深く、そして面白く漫画にしてきた河合先生の新作はなんと書道

1巻目にしてその綿密な取材をもとにかかれた説得力のある内容に書道歴24年(現在進行形)の管理人も脱帽しましたが、その気になる2巻目が先日発売。その中身は、、?

今回は割と自由な書を中心とした、それでいて前巻までの書の基礎をしっかり踏まえた内容で納得。
そしてそれ以上にキャラの魅力がどんどんあふれ出来ていますね!\(^O^)/


文科系の部活でここまでアクティブに活動しているのをみると帯にあるとおりに「きっとこんな部活、したくなる!!!!」と思えます。上手いキャッチコピーだなぁ。

中でもヒロインの「望月結希」の体育会系の直情バカっぷりがどんどん前面に押し出されてきて魅力あふれるキャラになってきてますね~。
とめはね2-0012

一つの文字を5人で書くという書道ではありえない団体戦の様相を呈してきた瞬間から、柔道でならされた闘争心がつき、、

とめはね2-0011

先輩を差し置いてのこの仕切りっぷり

とめはね2-0010

そして作戦会議を経て、柔道でいうならば重要な位置「先鋒」を任されて挑む、「母」の文字の一画目!!

結希「母の字の1画目は・・・私が自信をもって書ける、一番練習した字だから!!!

おい!ちょっと待て!たしかあなたが散々練習してきた字って、、(;゚д゚)

やっぱりかよーーっ!!
  ヽ(・ω・)/   ズコー
  \(.\ ノ
ひっくり返ったわww(※ネタバレは伏せておきます。といっても↑のセリフでわかると思いますが^^;)

とめはね2-007

ライバル(?)となる鵠沼高校の面々が駅前でのパフォーマンスをしたことにより勃発する駅前対決でも

結希「闘い!(゚∀゚)」

といち早く反応したかと思ったら

とめはね2-006

対決が決まった後に自分の字のことを思い出して公開する、暴走バカっっぷりには、容姿とのギャップが大きくたまりませんな!(´д`)ハァハァ

とめはね2-004

さらに
結希「ハッ!いけない、私、大江君に出来ないことがあると嬉しくなっている。これってちょっと歪んでる!?」

さらにツンデレの要素までもってこられちゃぁほかに対抗できるキャラいないだろ、、常考、、(゚д゚)
しかしこりゃ本人に恋愛の自覚がないうちにはツンデレとは言わないか^^;バカデレ?
体育会系の競争心から生まれた優越感を感じているに過ぎないのか?これからどうガチャピン、もとい大江くんとの距離が縮まるのかに期待ですね。

とめはね2-002

今回の結希さんの私服。前回は目一杯おしゃれしてジャージという読者の予測を130度くらい裏切った斬新なファッションで驚かせてくれましたが、今回はそれを踏まえていたからか非常に健康的で魅力的な一枚となっております。女子高生でサイクリング用の服とか持っている子ってどれくらいいるのかは甚だ疑問だけどw

もはやこれくらいの健康的なファッションスタイルが常識になってきたところで、いきなり可愛らしい女の子した服を着せてくるかが、河合先生のこの作品での次のターニングポイントになるであろう!(えー
そういう意味でも恋愛面もそろそろ動いて欲しいですな^^

とめはね2-009

さて、今回はメインヒロインの結希さんばかり取り上げてしまいましたが、もちろん河合先生ならではの魅力的なサブキャラクターたちの活躍も見逃せません。
特にやはり前巻からその仕切りキャラとしての圧倒的な存在感を見せていた「加茂杏子」が、今回も大暴れw
書道大会が終ったとたんに、いつもの飄々としただらだらな部活動に逆戻りw
バランスボールに乗りつつ音楽を聴いて、次の作品のイメージを、、と言いながら↑だからワロスw

とめはね2-008

この人もノリ的には体育会系だよなーwしかもかなり偏ってしまっているし(女子プロレスってw)

とめはね2-005

駅前パフォーマンスについてのミーティングにて。

ついに言ってしまったぁっ!w
大江くんの半眼はたしかにガチャピンを想起させるけどwここまでストレートに言っちゃっていいですかね?w

三輪さんとのコンビっぷりは周りを差し置く暴走っぷりw

とめはね2-003

なんかこの漫画のサブタイトルの扉絵は( ´,_ゝ`)プッてなる小技が効いているなぁw
2巻の最初の扉絵の「ザ・タッチ」ネタは、単行本折り返しの著者近影漫画ネタに通じるものがあるのかな?w(あだち充先生の犬をネタにしてある)

とめはね2-001

このお坊さんは3巻でしばかれるに違いない(えー
河合先生の書く漫画で必要不可欠な黒目の大きい(糸目?)キャラはもうこの加茂ちゃんだけで十分すぎるほど満たされていますねw

とまぁ2巻になってキャラクターの魅力がよりはっきりしてきたことが印象的でした。
話の展開的にも、大江君の親父やおばあさんが出てきたり、あの書道の偉いじいさんとのつながり、勅使河原くんが割と黒いキャラかも?とか、結希のラブレターの相手は?とかいろいろあって濃い内容でした。

さらに書道的な知識の面でも、筆の選び方などは非常に役にたつ、丁寧な説明で感心しました。自分は大きな紙に書くときはやはり羊毛の1万8千円くらいするのを、半紙では7000円くらいのを使ってました。中字やかななどの細かい文字は3000円くらいで、やはり使い込むほどになじんでくる羊毛か馬のしっぽやたてがみとの混毛を使ってます。
高い筆ってのは買ったばかりの時はなかなか墨がなじまなくてにじみやすいんですが、洗わないで直したりしているうちに、その人の筆のおろし方などの癖がついてきて、どんどんその人だけの筆になっていく感じが凄くよくわかりますよ。(自分はかなり筆は下ろす方、いわゆる上まで使うので人によって非常に書きにくいといわれたなw)

あとは墨すりの苦労に一話くらい使って欲しかったなw

高校部活ものの定番といっていい合宿編がスタートしましたが、これからもこの「とめはねっ!」を管理人は応援していきたいと思います^^

結希ラブ\(^O^)/

>>関連
◇【漫画】【新刊】『とめはねっ!』(河合克敏)1巻 レビュー



ランキングに参加してます~。書道は日本人のこころだよっとオモタ方はモルスァとクリックをお願いします^^
FC2 Blog Ranking
関連記事
別窓 | [漫画]新刊とか | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<071009購入物(雑記etc) | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | Halo3 プレイングメモモ その1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |