FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
こどものじかん 第06話 「おもいで」観賞~(´;ω;`)
こじか6-0

( ´Д⊂

第6話を観賞しまんた、、
こじか6-1-9

レイジは幼いころに父親に虐待され、母親には自身の保身の為に利用され、心を閉ざしてしまっていた。
そして望みどおり(?)に両親は事故でなくなって方は居場所を失い、東京にいるという親戚の秋姉さんのところへ厄介払いされてしまう。

そこで出会った幼きりんと1人で子育てをしていた秋。一見明るい家庭を目の前に、思わずレイジは「子どもをダシに結婚できると思ったわけ?」とそういう親が自分みたいな不幸な子どもをつくると思い込み嫌味をいってしまうが

秋「りんを堕ろせって言われたからよ、、。」

自分の母親が秋さんみたいに連れて逃げてくれれば、憎まずに、ふたりでやっていけたのにとその夜に部屋で1人泣いているところをりんに見られ、慰められてしまう。

その日からレイジはこの秋とりんに外の世界へ連れ出されて明るく生きていけるようになった。

りんをお風呂にいれてやっているときに
レイジ「りんちゃん!そんなところ握っちゃらめぇぇっ!」
ワロスwwそんな日常を送れるようになってました^^

こじか6-10-18

秋さんに養子にならない?と聞かれ断るレイジ。

レイジ「秋さんと結婚できなくなるから、、。」

まだ未成年なことに引け目を感じているからか、早く大人になって秋さんを楽させてやりたいと一生懸命になって仕事の内定をとったレイジ。最近体の調子を悪くしている秋さんに仕事を減らして休むようにいうレイジ。

レイジ「秋さん、1人でがんばってきたけどこれからもっとオレのこと頼っていいからね。」

レイジはやっと自分の気持ちを秋さんに伝え、それを秋さんも受け入れた。

幸せな日々が始まったかに見えたとき、秋さんを襲ったものは

肺がん

だった。すでに肺全体に転移した状態で、完治は無理、延命するしかないという絶望的な状況、、それをレイジたちにつたえることができないなか、海へ出かける3人。レイジになつくりんをみて自分がいなくなってからも大丈夫と思った秋さん。

秋「レイジ、、りんを守ってあげて、、。お願い。」

レイジ「嫌だ。りんだけじゃなく秋さんも守る!」

こじか6-19-27

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ここで規制入れるのかよw見せ方次第でどうにでもなるシーンなのになー。

その後、ついに秋さんはレイジに肺がんのことを告げる。自分の延命できる半年のお金でりんを3年育てられると治療を拒んできた秋さんの体はすでにボロボロになっていて肝臓にまで及んでいたみたい。オレも秋さんの母としての強さに(´;ω;`)ボロボロ

治療をしていくうちに蝕んでいくガン、副作用(脱毛)、体調の悪化、、ただ見ることしかできないレイジ。そして母の様子の変化に気づくりん。

りん「レイジ、、お母さん、、死んじゃうの?」

まだ6歳にも満たない子どもに突きつけられた現実にただしく答えることが出来るはずもなく、、。

すでに体力の限界を感じた秋さんは家に帰ることを選ぶ。その日から千羽鶴を折り始めたりん。母の病気が治ることを思って折り続けるも、、、

。・゚・(ノД`)・゚・。

ただ一言

「ごめんね」

という書置きを残して秋さんは亡くなっていた、、。
こじか6-28-30

幼いころに家族3人でいった海にまた遊びにきていたレイジとりん。

りん「夕日を見ていると、、おうちに帰りたくなっちゃうな、、。」

ここで涙腺を刺激する曲が入ってきてやばかった!!(´;ω;`)グッ

これを聞いて「りんを傷つけるものは許さない、、だれもりんを触れさせない!」と決意を新たにするレイジでした。

糸売

この「おもいで」こそが「こどものじかん」を紐解く上での最重要エピソードなんですが、きっちり1話使って描写してくれましたね^^

これこそが「こじか」のもう一つの魅力、登場人物の人生の深い部分にまで話が及んでいるっていうこと。表面だけのキャラではなく、こうした人物の背景を知ることにより、りんのひとつひとつの行動に意味をもたせることができているんじゃないんでしょうか?

今後もりんははっちゃける裏側にこういった重い経験に潰されそうになっていくんだけど、それを青木先生が助けてくれる(本人の意識に関わらず)ことによって、明るいりんとして生活していけるんでしょうな。

レイジはまるで小熊を守る母熊のごとく周りに対しての警戒心が強いね。でも原作での4巻からの黒っぷりを考えると、、、素直に彼のりんを大事にするという気持ちが逆に今後のりんに重荷になりそうで怖いな。

あと半分でアニメのほうは終るけど、公式での私屋カヲル先生とシリーズ構成さんの対談を見る限りでは、ちゃんと私屋先生が脚本などにも目を通していて、最後も「ガーっといっちゃってください!」といった割りにちゃんと構成さんのほうが「こじか」に対する理解がある方で納得の出来らしい(原作の今後に近い展開?)ので最後まで見なきゃいかんですな。

次回はいつものテンションにもどってエロリアニメになってるみたいでそのギャップがまた(゚∀゚)イイッ!ww



ランキングに参加してます~。たぎった人はクリックしてモルスァ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ
関連記事
別窓 | [放映終了アニメ]こどものじかん(07’10月期) | コメント:0 | トラックバック:11 |
<<CLANNAD -クラナド- 第07話 「星形の気持ち」観賞~(´;ω;`) | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | エースコンバット プレイングメモモ その5>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
こどものじかん   お勧め度:お勧めしない   [エロ]   KBS京都 : 10/11 25:30~   チバテレビ : 10/12 26:55~   テレ玉:放送中止   三重テレビ : 放送中止   原作 : 私屋カヲル   監督 : 菅沼栄治   シリーズ構成 : 岡田麿里   キャラ …
今回はレイジの回想シーンから 原作でもこの回を境に物語に深みが増してきたと思う りんに対するいびつな愛への原因が明らかなになりましたね 波打ち際でほら貝耳につけてもわからんだろww 規制がないなぁ~これは規制ゼロか!と思っていたら セクロス規制キタ━... …
今回はレイジと秋の過去のお話。 ほぼ全編レイジ視点の回想は、今までと全然雰囲気が違いました。 今2人で生活しているレイジとりんは、あんな過去を経てきたんですねぇ。 レイジの両親は事故死も、どうしようもない両親なら流す涙も惜しいというところなんですかね... …
2007-11-16 Fri 21:21 パズライズ日記
第6話『おもいで』。 今週は、これまでの規制だらけの高いテンションを完全に沈黙させ、 レイジの過去、りんの母親の話が、レイジの視点で重く深く語られました。 今回の話でこじ... …
2007-11-17 Sat 00:04 さすらい旅日記
こどものじかん 1科目 りんの唯一の保護者であるレイジ。彼にとってりんは、従姉妹である九重秋の娘という関係でしかなかったが、しかし、最愛の女性だった秋が亡き今、彼が全ての愛情を注ぐ存在となっていた。そんなレイジが、りんと住むようになったのは、彼がまだ、... …
歪からの解放、しかし・・・ 自分が求めていた幸せとはそこまで贅沢なのですか? ではこどものじかん感想です。 こどものじかん 1科目(2007/12/21)喜多村英梨.真堂圭.門脇舞以.間島淳... …
2007-11-17 Sat 00:45 ラピスラズリに願いを
今週もバカやるんだろうなぁと、踏ん反り返って適当に斜めから見ていたら… 気が付いたら、正座視聴してました!!!!((((;゚Д゚)))) 不覚にも泣いてしまいました!!!(つД`) てい... …
2007-11-17 Sat 04:29 垂れっ流しジャーマン
りんの保護者レイジも、家族の縁のない少年だった…。 両親を亡くしたレイジをひきとったのが、りんの母・従姉妹の秋。 りんと秋との出会いでレイジはようやく帰る家を得た…しかし――。 サブタイ通りの過去編。これは卑怯 …
2007-11-17 Sat 11:24 SERA@らくblog
大切な人、愛する人 …
2007-11-17 Sat 22:13 Hiroy\'s Blog
[レイジの母は、父の暴力に耐えていた。だが、それはレイジのためではなく、自分のため、ということを知りレイジは絶望する。交通事故でその両親が死に、従姉の秋の元へやってきたレイジ。結婚せずにりんを生んだ秋の気持 …
2007-11-18 Sun 12:21 ルナティック・ムーン
レイジの暗い過去。 結構切ないいいお話でした。 母親への憎しみから引きこもりにな …
2007-11-18 Sun 16:48 アニメ-スキ日記
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |