FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
『GUNSLINGER GIRL』9巻 プチレビュー
[相田裕] ガンスリンガーガール  9巻

むかしむかし、パスタの好きな女の子がいました。

CLANNADをみた後だったからか、やたらと堪えたガンスリ9巻。

ココ2巻くらいは義体の第2期生ペトリューシカとアレッサンドロの話が中心だったけど、今回はひさしぶりに1期生、さらには最初の義体アンジェリカのお話。

※ネタバレ含みます
様々な状況で死にかけた少女たちに最新の技術を施し、肉体を改造して生き延びさせ「義体」として国の秘密組織「公社」として利用するというかなり黒い作品。
生前の記憶をなくさせ、薬物の投与によって「条件付け」と言われる記憶操作を行い、それら義体に一人の担当官をつけて二人一組「兄弟(フラテッロ)」と呼ばれるチームで行動をするけども、その中で一番つながりの薄いアンジェリカとマルコー。

度重なる体の損傷と条件付けによりいよいよ体が持ちこたえ切れなくなったときに、アンジェリカに異変が起こるが、、
ガンスリ9巻001

記憶障害を起こして、最近のことを忘れ、昔のことを思い出すアンジェリカが最後に思い出したのは、これまで皆が可愛がって聞かせてきた「パスタの国」のお話。彼女によって皆つながりをもてたことを思い知らされそして、、

(´;ω;`)ブワワッ

もうね、ペロが出てきたあたりからすすり泣きでした。

公社が「義体」の開発で暗殺などを主としている一方、そのデータを下に一般市民への義体の提供していることによって確実にアンジェリカたちのやっていることに意味があるとわかって救われましたね。

そしてその後の1期生たちの反応、担当官の反応が様々。特に1期生の中でも感情が人に近いトリエラにも、条件付けの副作用が迫りつつあるのを自覚しているところはこれからの過酷な道を思い起こさせて読んでいてつらくなってきた、、。

独特の世界観と、常に付きまとう重苦しい空気、悲壮なまでの少女達の担当官たちへの想い、なかなかほかに無いと思います。で、またその少女達が一人一人に魅力があって全員なんとか長生きしてほしいと願いたくなりますね。
大人になりたいヘンリエッタ、無垢な子どものようなリコ、お姉さんっぽいトリエラ、傍観者クラエス、強い心を持つペトリューシカ一人一人にその短い人生にドラマがあり、特にトリエラの義体になる前のエピソードから形成される人格はかなりぐっと来ます。

彼女たちの戦いに終わりはくるのか?そして安らかに過ごせる日は来るのか?アニメ第2期もあるとのことなのでこれからも注目の作品です^^

>>関連
◇最期に、彼女は救われていただろうか - GUNSLINGER GIRL(9)(記事元;真業魔殿書庫様)

◇一つの曲がり角を迎えたこの物語、『GUNSLINGER GIRL』9巻(記事元;DAIさん帝国様)



ランキングに参加してます~。たぎった人はクリックしてモルスァ
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ
関連記事
別窓 | [漫画]新刊とか | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<(σ・Д・)σポチッとな! | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | CLANNAD -クラナド- 第09話 「夢の最後まで」観賞~。・゚・(ノД`)・゚・。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |