FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
071225お買い物品
予想通りののっぴきならない量の新刊にもうちょっと別の日に分けて購入すべきだったと後悔^^;腕しびれた。
■DVD
071225購入物001

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第6巻
天元突破グレンラガン 第6巻


■漫画
071225購入物002

「まとちゃん」(結城心一)
「ちろちゃん」(結城心一)1巻

071225購入物003

「楽園の条件」(森島明子)
「デイドリームネイション」(Kashmir)1巻

071225購入物004

「ガールズザウルスDX」(楠桂)8巻
「新吼えろペン」(島本和彦)9巻
「REC」(花見沢Q太郎)8巻

071225購入物005

「EDEN」(遠藤浩輝)17巻
「烏丸響子の事件簿」(広井王子×コザキユースケ)6巻
「CLOTH ROAD」(okama)5巻

071225購入物006

「学園創生猫天!」(岩原裕二)3巻
「放浪息子」(志村貴子)7巻
「ツレビト」(吉富昭仁)2巻

071225購入物007

「恋愛ジャンキー」(葉月京)23巻
「デッドマンワンダーランド」(片岡人生×近藤一馬)2巻
「探偵奇譚」(石黒正数)


これ、、一体いつ読み終わるんだ、、(^ω^;)
とりあえず読んだのは「新吼えろペン」「放浪息子」だけ。

「新吼えろペン」は相変わらずのぶっちゃっけっぷり。TV出演の回はまさにTBSへの挑戦ではなかろうか!?w迂闊なことをいったらそこだけ編集でつなげられて笑われて終わり。TVコエー:(;゙゚'ω゚'):
最後の描く闘技編は面白い!持ち時間でダメージカットやら反撃カットを描いてより客の反応がいいほうが話を進めていく、こうやって勝敗を決するとは思わなかった。ローゼン閣下も次の巻にでるとか楽しみすぎるw

「放浪息子」、まさかのあんなルート!シュウちゃん可愛い顔してやりよる!wこりゃ千葉さんが病んでしまうわけだ( ´Д⊂
千葉さんが顔を見るのも嫌いだった高槻さんにデレる瞬間が可愛すぎて悶絶。やっぱ千葉さん最高でヽ(´ー`)ノ

なのはは全部見てしまった。明日にでも別エントリで修正分も含め感想書くつもり。
グレンラガンはまだ見てない。

「まとちゃん」「ちろちゃん」M:NBGさんの記事(12/22)を読んでティン!と来たので旧作の「まとちゃん」と一緒に買ってみた。ほのぼの4コマ?虫!?

「楽園の条件」は百合漫画としてはめずらしい「大人」の百合を描いたもの。だいたい思春期の女の子ってのが百合漫画では多いんですが、これはまた違った視点を得られそうで楽しみ^^

「デイドリームネイション」は最近やたら買っている気がしないでもないKashmir先生のこれまた日常漫画。舞台は高校の漫研の二人の女の子と山の神様(全裸銀髪)の出会いからはじまり、非常に狭い舞台ながらもいろんな登場人物が出てきて面白い。先生の描く漫画に必ずいる暴走キャラは今回も健在。まだ序盤だけしか読んでないのでくわしくは感想かけない^^;

「ガールズザウルスDX」は中身皆無な(褒め言葉)頭を空っぽにして楽しめるお色気(?)ドタバタコメディ。ホント、帯にも書いてあるけどカバーしてる女の子属性の守備範囲が広すぎるだろw

「REC」も意外と長いな。もう8巻。ほかの花見沢先生の作品と比べてストーリーはよく練られていると思う。作中の監督とか映画のタイトルは寒いけどw

「EDEN」、、どんな重要な人物でも容赦なく1ページくらいで殺してしまう展開がありすぎて、ストーリーが全然進まない感じでしたがwここ数巻でお話の着地点が見えてきた感じ。いつも新刊読む前に前の巻読まないと話が理解できないw

「烏丸響子の事件簿」、、表紙がかっこよすぎる!!もちろん作中の響子もかっこいいんですがねっ!ちょっとお話忘れかけてるからこれも前の巻読まないと^^;

「CLOTH ROAD」はムダに熱い展開が多くてそれがいいんですよね。かわいい女の子だろうが大コマつかって顔を歪ませて叫んだり、語ったり。トップ2のイメージイラストをokama先生が書いていたせいかちょっと「トップ2」的なデザインを感じたりもする。

「学園創生猫天!」パートナーの猫が能力持っているような学園バトルもの。猫が人間的すぎてあまり萌えれませんwこれも一時出てなかったから話の内容忘れた。前の巻から読み返し。

「ツレビト」は「BLUEDROP」でおなじみの吉富先生の作品。毎回そのダイナミックな空間描写と人物の躍動感にはゾクゾクきます。設定も一風変わったものが多くて好み。

「恋愛ジャンキー」はそろそろ終って欲しいわ。ここまで買っちゃってるからやめるに止めれない。面白くないわけではないけど惰性でやっている感じがしないでもない。

「デッドマンワンダーランド」、、大量殺人事件の犯人として中学生の主人公が送られたのはデッドマンワンダーランドという民営化された刑務所だった。そこで出会った一人の少女シロと大量殺戮をした真犯人「赤い男」、生き延びるため、無実を証明するために主人公はある力に目覚めた。ってところで1巻は終ったはず。画力が高いので戦闘シーンとか非常に迫力あるし、人と人の騙しあいもあったり謎展開も多めで楽しみ。

「探偵奇譚」は「それでも町は回っている」の歩鳥が主人公(時代設定は前?別人?)の短編集。石黒先生の独特のノリは好きだな。でも「アガペ」は電波すぎてダメだったけどw

とまぁこんな感じで年末にかけては読むのに困らなさそうです。といってもまだ新刊出るんだけどねっ

そういえば「なるたる」再販分は本屋さんにはでてないのか!?


ランキングに参加してます~。お前買いすぎだろ!ってオモタ人はモルスァとクリックをお願いします^^
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村 アニメブログ
関連記事
別窓 | [日記]日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<なのはStrikerS DVD 6巻 作画修正ピックうp! | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | あれ?オレ、、なのはStSのDVD6巻買ってきたはずなんだけど、、>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |