FC2ブログ
まごプログレッシブな日常や、DreamTheaterを中心に様々な音楽、X-BOX360、マリみて、アニメ、漫画、雑記などホヒンホヒンに書き殴りつつすやり~ぬ、、
はてなブックマークに追加
やっと落ち着いた(;´Д`)
■雑記
年度末ということで仕事がえらいこっちゃな量で、なおかつ23日はプロボウラーチャレンジマッチのイベントを入れていたのでそれに神経をすり減らしてました。
で、無事にそのプロチャレンジも終了。久々に女子プロを呼んだのでお客さんの集まりもいつにもまして多かったなw 川口プロは美人さんだけど天然入ってて癒されたわヽ(´ー`)ノ
Newボールを持ってこられたので自分がドリル(穴をあける)して、チャレンジマッチではそれ1個で投げて279・251・235・235の4G1000ピンというものすごいスコアを残して全勝されましたw連れてきてくれた日置プロも1・2G目振るわなかったけど、3・4G目は26球中24回ストライクという追い込み(280・269)4G合計969ピンとこっちもえらいこっちゃなスコアで全勝!お店的には勝利者賞を出さなくて助かりましたw

で、昨日はお休みでそんな疲れを抜こうと家でずっとごろごろしてました。布団さいこー!

箱○の「CALL OF DUTY 4」もぼちぼち進めたり。
やっぱ、神ゲーだわ。MGS4にこれ以上の戦場での緊張感とかを作り出せているのか、笑いものにならないか心配になってくるくらい。まぁMGSシリーズはストーリーやキャラが好きだからなぁ、、リアリティを求めてはいけないのかも。MGS4は厨二病炸裂な新キャラいっぱいいるし、もはやどうでもいいから買わないけど。

ストーリーの進め方は自分がいろんな人物になってその戦場を体験していくある意味マルチな視点で進むから、ゲームに対するプレイヤーとして世界への没入感、なりきり度が非常に高いですな。
さらには過去のストーリーも自分で体験したりするところとかしびれっぱなし。上官と二人で敵基地へ暗殺任務で乗り込み、人目を避け、目標をスナイプ。まさに本当のステルススニーキングアクションってな感じで常に心臓なりまくりでした。

お話的には7割くらい終わったのかな?こりゃ難易度上げて何回もプレイするのもわかるわ。実績1000点狙いたいなー。

しかしそんな箱○に影を指す(まぁもとから陽もあたってないけど?w)事件が。

◇“動機不明”の通り魔殺傷 「ゲームのせい」と番組コメンテーターら(記事元:痛いニュース様)
これでNINJA GAIDEN 2の表現がぬるくなったら泣くわ( ´Д⊂ 箱○的にはこれ系なゲーム多いから槍玉に挙げられそうでユーザーとしては残念ですね。
それにしても最近は表現の規制がさまざまなところで取り上げられてますが、見当違いなものが多いですよな。ならこんなの(残酷描写、ロリetc)がなかった昔に事件がなかったわけでもあるまい?と思いますわ。

■最近買ったものメモ
先週の土曜日に買っていたもの。
080322購入物02

「青い花」(志村貴子)3巻
「BLUE DROP~天使の僕ら~」(吉冨昭仁)2巻(完)

080322購入物01

「月光のカルネヴァーレ」(ニトロプラス×隅田かずあさ)2巻(完)
「ミスミソウ」(押切蓮助)1巻
「ノノノノ」(岡本倫)1巻


今回はレビューしたくなるような面白い漫画ばかりで時間がなく困ってます!w
レビューしていきたい順番
「青い花」3巻→「ミスミソウ」1巻→「BLUE DROP」3巻
といった感じで順次記事にしていきます。ちょうど冬のアニメが終わって時間がとれそうなところで。

「青い花」はふみちゃんが可愛すぎるし、「ミスミソウ」の人間の狂気には絶句するほどの恐怖感があるし、「BLUE DROP」はやっぱりおつかれちんちんだったし、、(えー

「月光のカルネヴァーレ」は、、うーむ、エロいローゼンメイデン?(違います
カルネ2

なんかエロい女の子人形が入れたり出したりしてよくわかんなかったよ(えー
さらっとしか見てないんで、も一回みてよくわからなかったら売ろうっと。

「ノノノノ」は文句なしに面白い!男性しか出来ないというスキーのジャンプというスポーツを題材に、女の子の主人公が男性に成りすまして高校生活(部活はもちろんスキージャンプ部)をしていくというもの。「エルフェンリート」のような首が飛んだり、美少女おもらしは今のところないようです(えー
ノノノノ1-1

いきなりフィギュア世界選手権金メダルの女の子にばれて「変態」として奴隷になることになったりw
なんともいえないシュールな笑いが岡本先生の特徴のひとつだと思いますが今作も健在ですなw

ジャンプ競技中の描写もかなり迫力があり、結構取材されたのかなーとも思ったり。基本はスポコンものなんでしょうか?
ノノノノ1-2

もう一人の野々宮悠太!?こういった後に続く謎も残したりしてストーリーも単純に金メダルを目指すわけではなさそうですね。楽しみ!

マリンブルー

少女漫画の造詣が深いりせっとさんに借りた、「NANA」で今をときめく漫画家となった矢沢あい先生の昔の作品から「マリンブルーの風に抱かれて」を読了。

たった4巻の中で次々と展開するストーリー、先が読めてしまうんだけど切ない恋愛模様昭和テイスト溢れる不良&いい男像、一気に読めました^^
特にストーリーの展開は中だるみもなく、一平の手術シーンのところとかよかったなぁ。
山田理加のロングスカートを見た時点で族が出てくる予感はしたけど、まさに予想通りの展開で吹いたw
過去と今を上手くつなげてあってそこらへんもよかったな。ともよカワイソス。

で、一番感動したのは一平お母さんのエピソード。本編終了後だったからか余計に泣けた(´;ω;`)ブワッ
ドラマ化してもおかしくないほどコンパクトにまとまって良作でした!85点!!

他にも「天使なんかじゃない!」とか借りてるので楽しみですよ^^
少女漫画というジャンルはあまり強くないのでとりあえずはオヌヌメされるのを読んでいきたいと思いますよ^^

さて、今日はなのはStSとグレンラガン最終巻などをフラゲしてきます。 true tearsは最終回次第で良作になるか駄作になるかを見極めたいのでDVD購入は見送ってます^^;

※メッセージをいただいた方へ
うちの弐寺の鍵盤、マイクロスイッチはコンマイ純正ですよ^^
関連記事
別窓 | [日記]日記 | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<キミキス pure rouge についていろいろとまとめてみた | まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ | キミキス pure rouge 第24話(終) 「……and meet again」 観賞(゚д゚)・・・>>
この記事のコメント
こんにちは。
「マリンブルーの風に抱かれて」
懐かしいですね~
矢沢あい大先生のブレイクの出発点ともいえる作品です。
この作品が好評で次の「天ない」につながり、りぼん黄金時代を支えた作家陣の仲間入りを果たします。
初期の矢沢大先生の作品ではほかに
「風になれ!」と「バラードまでそばにいて」が好きですね。
少女マンガ、私は偏りまくりでほとんど「りぼん」または集英社系の作品ばかりですが、逢坂みえこ嬢、谷川史子姉、一条ゆかり大先生の作品は男女問わず楽しめると思います。
他の出版社でいまだに手に取るのは
川原由美子「前略ミルクハウス」
なかじ 有紀「小山荘の嫌われ者」
渡瀬悠宇「ふしぎ遊戯」
榛野なな恵「papa told me」
といったところです。
機会がありましたら読んでみてください~
2008-03-25 Tue 20:56 | URL | のらりんはうす #F7ke9jP6[ 内容変更]
[]
>のらりんはうすさん
 おお~!いろいろと教えてくれましてありがたいです^^

今度りせっとさんにでも聞いてみよう(ぉ
2008-03-26 Wed 05:02 | URL | SIZ #4LNop03k[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
?????????顣???ĤΤ???Υ?Ĥ???ä?ä?Ť?? …
2008-03-28 Fri 19:51 ?? ???
| まごプログレッシブ:Part2~Scenes From A Memory~ |